特集

大人でも着られる「甘めピンク&パステルブルー」コーデ

毎日を心地よく過ごすには、気分のアガる色を身につけるのが何よりも効果的。優しいブルーとピンク。そんな大人がときめくベイビーカラーをさりげなく取り入れるコツとは?ニュアンス配色の名手・スタイリスト乾千恵さんに、素材選び&配色ワザを教えてもらいました。

優しげなイメージで丁寧に色を重ねたワントーンスタイル

「優しい女らしさが理想」と語る乾さん。たとえば、淡いピンクのシャツにカーデを重ねたり、ブルーのシャツに古着のデニムを合わせたり…。ベイビーカラーの魅力を生かすならまずは同色ブレンドで。

ガーリーではなく、フェミニン。ピンクを大人っぽく纏いたい

  • 1枚のワンピースを纏うように、同じトーンのピンクを重ねるのが大人っぽくまとまるコツ。色の甘さと相反する端正な素材感のシャツや、ボーイッシュなコンバースを掛け合わせてバランスよく。シャツワンピース[共布ベルト付き]¥78,000(マディソンブルー/マディソンブルー)カーディガン¥29,000(アンフィル/シップス なんばパークス店)リング[右手]¥143,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)リング[左手]¥60,000(アズラボ)スニーカー¥9,000(コンバース インフォメーションセンター)バッグ¥236,000(トッズ/トッズ・ジャパン)

  • [上から]デニムと合わせてワントーンで着るのも素敵。ジャケット¥58,000(ジェーンスミス/UTS PR)ノスタルジックな淡いブルーの小花柄。スカート¥21,000(RHC/RHCロンハーマン)晴れた空のような澄んだブルーが特徴。プルオーバー¥29,000(ロンハーマン)

    [上から]デニムと合わせてワントーンで着るのも素敵。ジャケット¥58,000(ジェーンスミス/UTS PR)ノスタルジックな淡いブルーの小花柄。スカート¥21,000(RHC/RHCロンハーマン)晴れた空のような澄んだブルーが特徴。プルオーバー¥29,000(ロンハーマン)

  • [上から]可愛げのあるピンクをロゴとサイド刺繍がレトロに仕上げて。ニット[11月展開予定]¥73,000(ドゥロワー/ドゥロワー六本木店)極上のカシミヤが紡ぐニュアンスピンクは、幸せを感じさせてくれる逸品。ストール¥69,000(ベグ アンド コー/ボーダレス)色もシルエットもふんわり優しい。スカート¥115,000(マディソンブルー)大人っぽいくすみピンク。初心者はまず小物から。ハット¥10,000(メゾンドリリス)

    [上から]可愛げのあるピンクをロゴとサイド刺繍がレトロに仕上げて。ニット[11月展開予定]¥73,000(ドゥロワー/ドゥロワー六本木店)極上のカシミヤが紡ぐニュアンスピンクは、幸せを感じさせてくれる逸品。ストール¥69,000(ベグ アンド コー/ボーダレス)色もシルエットもふんわり優しい。スカート¥115,000(マディソンブルー)大人っぽいくすみピンク。初心者はまず小物から。ハット¥10,000(メゾンドリリス)

◆この記事を詳しくチェックする

優しげ美人に見える「大人のピンクコーデ」【アラサー女子】

「ベイビーカラー」コーデのポイントは?

“ベーシックカラーとの配色”パステルを上品なムードに落ち着けて

  • Pink×Beige
    ピンクの甘さを受け止める、クリーミーベージュの品のよさ
    重厚感のあるベロアの光沢から印象づく、クラシックな女らしさ。このムードあるピンクを優しく包み込んでくれる淡いベージュが、日常に溶け込む秘訣。カーディガン¥59,000 サテンブラウス¥24,000(ともにカオス/カオス表参道)スカート¥71,000(シーピーシェイズ フォーロンハーマン/ロンハーマン)コインネックレス¥6,800(チビ ジュエルズ/シップス エニィ渋谷店)ピアス¥50,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)リング¥2,500(JUICY ROCK)スニーカー¥77,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)バッグ¥9,000(シップス/シップス有楽町店)

  • Blue×White ベイビーブルー×白×グレー。3色で叶える爽やかなハンサムさ 淡いブルーのシルクパンツを寒色系カラーでまとめた洗練配色。Tシャツの白でフレッシュさをプラスして。カーディガン¥18,800(トリコ・ジャンマルク/シップス エニィ 渋谷店)Tシャツ¥4,900(N.O.R.C by the line/ノーク)パンツ¥38,000(THIRD MAGAZINE)ハット¥8,900(メゾン ドリリス)ピアス¥37,000(ルフェール/UTS PR)ネックレス[チェーン]¥43,000 リング¥200,000(ともにウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)シューズ¥17,000(オデット エ オディール/オデット エ オディール新宿店)バッグ¥28,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)

    Blue×White
    ベイビーブルー×白×グレー。3色で叶える爽やかなハンサムさ
    淡いブルーのシルクパンツを寒色系カラーでまとめた洗練配色。Tシャツの白でフレッシュさをプラスして。カーディガン¥18,800(トリコ・ジャンマルク/シップス エニィ 渋谷店)Tシャツ¥4,900(N.O.R.C by the line/ノーク)パンツ¥38,000(THIRD MAGAZINE)ハット¥8,900(メゾン ドリリス)ピアス¥37,000(ルフェール/UTS PR)ネックレス[チェーン]¥43,000 リング¥200,000(ともにウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)シューズ¥17,000(オデット エ オディール/オデット エ オディール新宿店)バッグ¥28,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)

◆この記事を詳しくチェックする

大人女子の「優しげカラー」コーデ4選【ピンク&ブルー】

カジュアル⇔エレガントな“素材感”使い分けてコーデに奥行きを

  • 冬に重宝するのはふんわり心地いいピンクニット [上]大人が投資すべきは「上質なカシミヤ100%ならではの、高級感のあるピンク」。ニット¥54,00(ヴィンス/ヴィンス表参道店)[下]ワンピースやふんわりスカートに重ねてゆるっと着るのが素敵。ニット¥17,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)

    冬に重宝するのはふんわり心地いいピンクニット
    [上]大人が投資すべきは「上質なカシミヤ100%ならではの、高級感のあるピンク」。ニット¥54,00(ヴィンス/ヴィンス表参道店)[下]ワンピースやふんわりスカートに重ねてゆるっと着るのが素敵。ニット¥17,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)

  • 淡いブルーのアウターで優しげエレガンスな表情に [右]カシミヤ100%の上品ベイビーブルー。グレーのストール代わりに。ショールジレ¥79,000(ロゥタス/ロゥタス カスタマーサービス)[左]ベーシックカラーに1枚羽織るだけで、気分がアガりそう。裏地の淡いグレーも◎。コート¥90,000(ADORE)

    淡いブルーのアウターで優しげエレガンスな表情に
    [右]カシミヤ100%の上品ベイビーブルー。グレーのストール代わりに。ショールジレ¥79,000(ロゥタス/ロゥタス カスタマーサービス)[左]ベーシックカラーに1枚羽織るだけで、気分がアガりそう。裏地の淡いグレーも◎。コート¥90,000(ADORE)

◆この記事を詳しくチェックする

優しい人に見られたい大人女子のための「パステルアイテム」7選

“理想はベイビーカラーのように――。まわりを優しく和ませる、フェミニンな女性でありたい”
昔からニュアンスカラーが大好き。スタイリングも、全身黒でカッコよくというより、柔らかい色でフェミニンな女性像を作りたい。年齢を重ねると、その人の佇まいや人格がより服に表れると思うようになりました。だからこそ、選ぶ色はビビッドカラーより断然パステルカラー。この秋なら、優しいベイビーピンクとブルーが気になります。この甘く可愛らしい色を大人っぽく着るなら、ワントーンorベーシックカラーで馴染ませるのがいい。そしてベロアやサテンの光沢、モヘアのふんわり感…など、ムードのある素材感も大事。纏ったときに“心がときめく”かどうか、それが配色と素材選びのコツなのかもしれません。

教えてくれたのは…

スタイリスト・乾 千恵さん CLASSY.やSTORYなど多くの女性誌で活躍。大人がときめくスタイリングにファン多数。撮影時には淡いブルーが印象的なMARIHAの天然石リングを着用。「気分をアゲてくれるお守り的存在」として最近仲間入りしたそう。

スタイリスト・乾 千恵さん
CLASSY.やSTORYなど多くの女性誌で活躍。大人がときめくスタイリングにファン多数。撮影時には淡いブルーが印象的なMARIHAの天然石リングを着用。「気分をアゲてくれるお守り的存在」として最近仲間入りしたそう。

撮影/谷田政史(CaNN)〈人物〉、佐藤 彩〈静物〉 モデル/オードリー亜谷香 ヘア/EIJI KADOTA(SIGNO)メーク/Ryota Nakamura(3rd) スタイリング/乾 千恵  取材/横山理恵

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE