オンライン限定記事

「大人のボブ」最新おすすめ4選【大人の素敵なショート&ボブ2024年冬】

本格的な冬になり、寒い毎日に欠かせないものといえば「ニット」。中でも、今年は毛足の長いふわふわ素材やキラキラの光沢があるタイプなど、ひとクセデザインが人気です。そんなトレンドニットをうまく着こなすにはヘアスタイルも大切な要素。そこでCLASSY.ONLINEでは「トレンドニットに似合うショートヘア&ボブ」をご紹介します。

エアリーショートボブ編はこちら

「大人のショートボブ」最新おすすめ4選【大人の素敵なショート&ボブ2024年冬】

1.抜け感ワンレンボブ

軽さを仕込んでボブにエアリー感を投入!

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Front
    前髪は薄め×細めのシースルーバングに。ニットのボリュームを中和して全体の印象を華やげるのにひと役です。このふんわり感を出すには、顔まわりの毛束を軽くアイロンを通して内巻きにするのがおすすめ。

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Side
    肩にギリギリつくかどうかというレングスに、ちょいハネはさりげなく可愛さが効くコンビネーション。ボブの内側の髪をすいておくことがポイントになるそうで、バームを少量なじませてスタイリングします。

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Back
    後ろから見ると表面の髪がふんわりと揺れているのがわかります。ボブの毛先がやや先細な質感になっているのが、ニットのシャギーな質感と絶妙にハモっていい感じ! バームを表面だけでなく内側もしっかりつけるのが秘訣です。

詳しくはこちら

大人の素敵なショート&ボブ2023年冬【抜け感ワンレンボブは冬のトレンドニットに似合う!】

2.ふわ揺れ鎖骨ボブ

肩先でスイングする毛先で甘め×爽やかに!

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Front
    ニットのゆるめのシルエットに合わせてヘアのフォルムにも丸みをつけて。表面に入れたレイヤーでたゆんとした立体フォルムをメイク。前髪は薄めの透けバングがこの雰囲気にぴったりです。

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Side
    透け前髪からサイドへとつながる部分にはしっかり厚みを残して小顔見せを。さらにもみもあげをぱつんとカットした毛束にカールをつけて、コンサバにまとまりがちな鎖骨ボブに新鮮さを与えます。

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Back
    バックから見ると毛先のカール感がよくわかります。アイロンでワンカール外ハネに巻いてから、ヘアオイルを全体になじませて。オイルは軽めのテクスチャーのものをチョイスし、質感を柔らかく仕上げます。

詳しくはこちら

大人の素敵なショート&ボブ2023年冬【注目ニットに似合う「ふわ揺れ鎖骨ボブ」】

3.フェミニンくびれボブ

ちょいくびれと後れ毛風もみあげが可愛さのスパイスに!

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Front
    前髪は自然な束感が出るようにカットで仕込んでおき、ヘアオイルをつけてナチュラルなまとまりを。軽くフレアに広がるような毛流れで額を覗かせて。印象が明るく見えるポイントです。

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Side
    おでこの端をナチュラルに隠すことで、小顔に見える効果も満点。サイドの髪は耳にかけて透け感を出し、もみあげはラフに残してアクセントを効かせます。スタイリングの最後にもみあげをつまんで調整します。

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Back
    仕上げはスタイリングオイルを均一にもみ込むようにつけて、つやクシュな質感に。セミウェットくらいのテクスチャーにするとスパンコールのキラキラ感といい塩梅にまとまります。

詳しくはこちら

大人の素敵なショート&ボブ2023年冬【フェミニンくびれボブは冬のトレンドニットに似合う!】

4.ぱっつんモードボブ

黒のエッジィさに負けない、ラインが効いたデザイン

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Front
    全体の長さをアゴラインに設定したワンレンボブ。顔周りはリップラインからレイヤーを入れて段差をつけています。このレイヤーのおかげで、耳かけや流すのも扱いやすく、顔の印象もソフトに。

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Side
    横から見ると耳かけによって抜けが生まれ、顔周りにはらりと落ちる無造作感がいい塩梅。オイルとバームを混ぜて全体になじませます。もちろん全部下ろしてちょい強めモードに振るのもOK。その日の気分で!

  • 本格的な冬になり、寒い毎日に欠

    Back
    ストレートアイロンをサッと通して軽めの外ハネに。わずかなニュアンスですが、効果は絶大。気負わないカジュアルさが生まれ、ハネ感によって黒ニットとの間の肌も覗いてバランスよく仕上がります。

詳しくはこちら

大人の素敵なショート&ボブ2023年冬【注目ニットに似合う「ぱっつんモードボブ」】

撮影/輿石真由美(mild inc.) 取材/薄葉亜希子 再構成/ガヤ美(CLASSY.ONLINE編集室)

▼こちらも読まれています

「大人のショートヘア」最新おすすめ4選【大人の素敵なショート&ボブ2024年冬】

「大人のショートボブ」最新おすすめ4選【大人の素敵なショート&ボブ2024年冬】

ボブは耳かけだけでも印象が激変!大人の秋ヘア更新テクニック4選 【短めボブ編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式X @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus