特集

アラサー女子の、コロナ禍にやめたほうがいいNGヘア「ハイライトカラー」

女性であれば、髪の悩みは尽きません。ヘアサロンに行くたびに髪を切ろうか伸ばそうか悩み、前髪をどうしようかアドバイスを友人に求め、結果どんな髪型がいいのか分からない…なんてことも。
インスタグラムで人気連載「モテ髪研究所」を配信中のイラストレーターの@tmr_illustさんに、アラサー世代にちょうどいいオシャレなヘアスタイルについて、毎週解説していただく連載好評掲載中。今月のテーマは「コロナ禍に避けたほうがいいヘアスタイルと、その改善ポイント」です。

先月の人気記事

まるでおばさん!?「老け見えしがちな、NGヘア」4つ

こういう人いる!アラサー世代のNGヘア「ハイライトカラー」

ハイライトが太すぎたり多すぎると、ギャルっぽく見えがち

サロンに行きにくいこのコロナ禍

サロンに行きにくいこのコロナ禍では、本来はおすすめのヘアカラー「ハイライト」。部分的に明るい毛束を筋状に入れるテクニックで、「メッシュ」とも呼ばれています。1色で染めるよりも、髪が伸びてきた際にプリンが目立ちにくくなるメリットがあります。ただし、筋が太すぎるのと、入れる分量が多すぎることだけ要注意。一昔前のギャルっぽく見えてしまいます。

コロナ禍におすすめのヘア「ハイライトカラー」とは

細かめで、明るさにも差がつきすぎない程度がおすすめ

コロナ禍の「ハイトーン」は、デ

コロナ禍の「ハイトーン」は、デザインとして目立つように入れるのではなく、“さりげなく”がコツ。ハイトーンを入れる毛束が太すぎないように。入れる分量も、多すぎないように。ベースカラーとの明るさの差もつきすぎないように。この3つの「〜すぎない」を守ることで、自然なハイトーンが完成します。髪が伸びた時の、地毛との境界線がぼけるので長持ちし、ナチュラルに立体感を出すことができます

まとめ コロナ禍におすすめのヘア「ハイライトカラー」

●「ハイライト」は、サロンに行きにくい時代にぴったりのヘアカラー
●入れる毛束は太すぎない、分量が多すぎない、ベースとの明るさがつきすぎないように
●細かく自然に入れることで、立体感も出て、伸びた時にも目立ちにくくなる

この連載を担当するのは… @t

この連載を担当するのは…
@tmr_illust
インスタグラムやtwitterにて「モテ髪女子」を発信しているイラストレーター・デザイナー。人気サロンのヘアスタイリストとの繋がりも豊富で、ファッションや美容に関するリアルな情報が集まっている。

「モテ髪研究所」関連記事

地味すぎない…?「マスク時代のやりがちNG髪型」4つ

太って見える…!「アラサー女子のやりがちNG髪型」4つ

おばさん?イタい?アラサー女子の「NGボブ&ショート」4つ

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus