特集

アラサー女子の老け見えNGメーク「ファンデの塗りすぎ」編

お気に入りのコスメもアップデー

お気に入りのコスメもアップデートしないとなんだか古臭いまま。自分の中では正解でも、実は似合っていないなんていう失敗をよく耳にします。おうち時間が続くこのタイミングで、一度手持ちのコスメを見直してみませんか?
今回は「アラサー女子のメーク失敗例」をパーツ別にご紹介。『CLASSY.』をはじめ、女性誌等で活躍するヘアメークの小松さんにばっさり手直ししてもらいました!

太って見える…!「アラサー女子のやりがちNG髪型」4つ

こんなメークの悩みはありませんか?

肌がマットすぎて不自然

  • before
    カバー力強めのクッションファンデでマットに作りすぎな肌。これからの季節、「テカらない」とか「マスクをしていても崩れにくい!」のワードに惹かれて下地を選びがちですが、パサパサ肌には気をつけて。ツヤより透明感を入れたいときは下地から見直しましょう!

  • after
    白浮きしないパール入りの下地を顔全体に塗って、ハイカバーのファンデーションを選びましょう。念入りに叩きこめば面で発光する肌が仕上がります。

Point:発光力のある下地を叩き込む!

マットのファンデーションだと崩

マットのファンデーションだと崩れ知らずですが、能面のような肌になりがち。気になるパーツをなんとなく重ねてカバーするのでなく、下地の仕込み方から変えましょう。クオリティの高いリキッドファンデなら、自然なツヤも叶えられます。

ナチュラル肌の作り方

使用アイテム

全体の雰囲気はこんな感じ

自然な顔の凹凸も作れる、ナチュ

自然な顔の凹凸も作れる、ナチュラルメーク。嘘っぽく見えない肌作りが大切です。相性のよいコーラルオレンジのリップをピリッと効かせれば、血色感のある明るい印象に。

イヤカフ¥17,600(ルフェール/UTS PR)シャツ(スタイリスト私物)

メークを担当したのは…

ヘア&メークアップアーティスト 小松胡桃さん

ROI所属。コーディネートのバ

ROI所属。コーディネートのバランスを考えたヘアメークに定評あり。トレンドを上手に取り入れながらアラサー世代の「リアル」に落とし込むテクニックは必見!CLASSY.ONLINEのインスタライブにも都度登場し、ヘアアレンジやメークテクニックを解説するなど多岐に渡って活動中。Instagram:@komatsu_kurumi

【お問い合わせ先】UTS PR 03-6427-1030

撮影/千葉タイチ モデル/川森麻海(CLASSY.LEADERS) ヘアメーク/小松胡桃<ROI> スタイリスト/近藤和貴子 取材/角田枝里香 構成/菅谷文人(CLASSY.ONLINE編集室)

NGメーク 関連記事

マスク時代の、アラサー女子のNGヘア❶「厚めの前髪」

マスク時代の、アラサー女子のNGヘア❷「重めの流し前髪」

マスク時代の、アラサー女子のNGヘア❸「眉上バング」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus