特集

【宝塚】元タカラジェンヌ・花乃まりあさんの「春のカラーメーク」【フェミニンピンク編】

宝塚OGきってのコスメ好き、元宝塚歌劇団花組トップ娘役の花乃まりあさんが初登場! トレンドのピンクを使った、春の気分が高まるメークを教えていただきました。

◆あわせて読みたい

【宝塚】元タカラジェンヌ・咲妃みゆさんの「真冬の保湿スキンケア」3選

大人かわいい♡春めくピンクのワントーンメイク

【宝塚】元タカラジェンヌ・花乃まりあさんの「春のカラーメーク」【フェミニンピンク編】

愛用アイテムはこちら

[右から]フェミニンな色香を醸

[右から]フェミニンな色香を醸す、くすみピンクの4色をセット。キャンメイク シルキースフレアイズ 06 ¥825(井田ラボラトリーズ) 長時間にじまないのに、するんとオフできるフィルムタイプ。ヒロインメイク ボリューム&カールマスカラ アドバンストフィルム 01 ¥1,320(KISS ME/伊勢半) なめらかな描き心地でどんなラインも思いのまま。キャンメイク クリーミータッチライナー 03 ¥715(井田ラボラトリーズ) ふんわりと頬を染め上げて、肌の透明感がアップする青みピンク。ロムアンド ベターザンチーク 03 ¥1,320(韓国高麗人蔘社) 溶け込むようになじみ、発光するようなツヤ感を演出。ハイライティング パウダー L01 ¥6,600(ボビイ ブラウン) うるおいで満たして、瞬時に唇をボリュームアップ。ディオール アディクト リップ マキシマイザー 001 ¥3,960(パルファン・クリスチャン・ディオール) するするとのびて心地よくフィット。深く鮮やかな発色で艶やかな唇に。ランテルディ・リップスティック 105(限定色) ¥4,400(パルファム ジバンシイ)

How to make up

  • [右から]フェミニンな色香を醸

    1.アイホールにピンクのグラデ作り
    アイシャドウパレット左上のライトカラーをアイホール全体にのせ、パレット右上→左下→右下のカラーの順に重ねてグラデーションを作っていく。

  • [右から]フェミニンな色香を醸

    2.下まぶたはほんのり囲み目風に
    下まぶたには、パレット右上のアイシャドウを涙袋に。右下の締め色を目尻1/3に塗ります。

  • [右から]フェミニンな色香を醸

    3.まつ毛はしっかりボリューミィに
    マスカラを左右に小刻みに動かしながら上下のまつ毛に塗ります。

  • [右から]フェミニンな色香を醸

    4.ダークブラウンのインラインを入れて
    ペンシルアイライナーでまつ毛の間を埋めるようにインラインを入れます。

  • [右から]フェミニンな色香を醸

    5.青味ピンクのチークをON
    チークは頬全体にブラシでふわっと広めに入れます。チークは青みピンクを選ぶことで、肌が明るくきれいにみえます。

  • [右から]フェミニンな色香を醸

    6.ハイライトのパール感で華やかに
    ハイライティングパウダーを指にとり、こめかみから頬骨にかけてのCライン、目の下、眉間と鼻先、上唇の山にのせます。

  • [右から]フェミニンな色香を醸

    7.リップベースで唇を整える
    リップマキシマイザーを唇全体に塗り、少し時間をおいて軽くテッシュオフします。このひと手間で後に塗るリップのノリが良くなります。

  • [右から]フェミニンな色香を醸

    8.主役のリップはオーバー気味に
    少しオーバー気味に、リップスティックを直塗りします。肌なじみのよいくすみピンクでヌーディに仕上げるのがポイントです。

メークが大好き!ハマるととことん突き詰めるタイプです

「今回のメークのポイントはピン

「今回のメークのポイントはピンクのリップ。使用したジバンシイのリップスティックは、ツヤ感、発色ともに気に入っていて5色ほど持っています。マスクで隠れてしまうけど、テンションをあげるために毎朝のリップメイクは欠かせません。韓国コスメにもハマっていて、ロムアンドのリップはマスクでも落ちないのでお気に入りです。メークが好きで普段からいろいろ試しています。デパートのコスメ売り場やドラックストアが大好きで、何時間でもいられるくらい! ヘアメイクさんにおすすめを聞いたり、美容雑誌を読んだりして、日頃から情報収集も欠かせません。
メークで大切にしていることは、ベースを丁寧につくること。舞台化粧をするときにも、ベースの凹凸がきれいに作れていると、ほかのパーツもきれいにみえると先輩方に教えていただいたので、どんなメークをするのにもまずは土台を大切にしています。きれいな肌でいられるように普段からしっかりお手入れをして、ナチュラルメークが映えるような素肌づくりを心がけています。
最近スキンケアでハマっているのはソーダスパフォームの炭酸パック。お風呂に一本、洗面所に一本常備していて、顔から頭皮まで全身のケアをしています。炭酸の気持ちよさにやみつき! 混ぜる手間がないのもお気に入りのポイントです。お風呂でもパックやヘアケアなど美容の時間に充てています。ときにはお風呂の中で台本を覚えたり、韓国ドラマを観ることも。『愛の不時着』はもう5周くらい観ています(笑)。韓国ドラマ事情に詳しくなってから観るとより面白くて、何回観ても新しい発見があってときめきます♡ 昔からハマるとととことん突き詰めるタイプですね」

Profile

花乃まりあ(かのまりあ)さん・2010年宝塚歌劇団に入団。宙組に配属後、2014年に花組のトップ娘役に就任。代表作は「ベルサイユのばら」のマリー・アントワネット、「ME AND MY GIRL」のサリー・スミス、「金色の砂漠」のタルハーミネなど。退団後は女優・レポーターとして幅広く活動。2021年夏に舞台「The Last 5 Years」へ出演予定。

カーキシアーワンピース¥8,900(mite)ピアス¥17,380(リリーズ/フォーティーン ショールーム)リング[中指]¥31,900[小指]¥15,400(ともにJouete)

■お問合わせ先
伊勢半 03-3262-3123、井田ラボラトリーズ 0120-44-1184、韓国高麗人蔘社 03-6279-3606、パルファム ジバンシイ 03-3264-3941、パルファン・クリスチャン・ディオール 03-3239-0618、ボビイブラウン 0570-003-770

Jouete 0120-10-6616、フォーティーン ショールーム 03-5772-1304、mite https://www.mite.co.jp/

撮影/花村克彦〈人物〉、奥村亮介〈静物〉 モデル/花乃まりあ ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/中村真弓 取材/渋谷香菜子

「宝塚メーク」関連記事

【宝塚】元タカラジェンヌ・咲妃みゆさんの「真冬の保湿スキンケア」【ヘアケア編】

【宝塚】元タカラジェンヌ・咲妃みゆさんの「真冬の保湿スキンケア」【ナイトケア編】

【宝塚】元タカラジェンヌ・咲妃みゆさんの「真冬の保湿スキンケア」【朝のケア編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus