特集

コテで巻かなくてもオシャレに見えるヘア【ひとくせポニーテール】

外出する機会が減りそうな年末年始。誰にも会わないかもしれないからって、何もしない&お団子ヘアで過ごすのも良いですが、たった数プロセスでできる簡単アレンジもおすすめです。例えばコテを忘れて実家に帰ってしまったときでも大丈夫。CLASSY.を始め、数々の女性誌で活躍するヘアメークの小松胡桃さんに「ちょっとそこまで」の外出や家族や親戚と顔を合わせても安心のヘアアレンジを紹介します。

コテで巻かなくてもオシャレに見えるヘア【年末年始の簡単アレンジ】

簡単アレンジで両サイドに動きを与えて

「一見手がこんでいそうなアレン

「一見手がこんでいそうなアレンジですが、トップをねじって引き出すだけ!よそいきシーンにも活躍するテクニックです。イメージは大人の可愛いヘアアレンジ。髪を巻いていないのに、流れを作ってお団子にしているところがポイントです」(ヘアメーク小松さん)

  • 「一見手がこんでいそうなアレン

    side

  • 「一見手がこんでいそうなアレン

    back

【How to】ねじってゴムで留めるのを繰り返すだけの4STEP

  • 「一見手がこんでいそうなアレン

    1.両サイドの顔周りの髪を、それぞれ編み込みのように少しずつ取りながらねじっていきます。

  • 「一見手がこんでいそうなアレン

    2.ねじった部分は、少しずつ毛束を引き出して崩し、ゆるさを出します。

  • 「一見手がこんでいそうなアレン

    3.左右でねじった毛束を後頭部の下の位置で合わせてゴムで結び、ポニーテールにします。

  • 「一見手がこんでいそうなアレン

    4.さらに、ポニーテールの毛先は2つに分け、毛束をねじります。中間部分をゴムで留めて完成です。

鏡を見ながらバランスを見て引き出して

顔周りの毛束を引き出すときは、

顔周りの毛束を引き出すときは、ねじった毛束を一束ずつ取り出すように細かく引き出すこと。トップから後頭部にかけて立体感とこなれ感を演出できます。

教えてくれたのは ヘアメーク・

教えてくれたのは
ヘアメーク・小松胡桃さん
森ユキオ氏に師事後2018年独立、ROI所属。ナチュラルからからモードスタイル、ヘアアレンジに至るまでトレンドをうまく捉えたヘアメイクを得意とする。最新のファッションともバランスよくなじむヘアメイクから、デイリーでもリアルに真似しやすい旬のヘアメイクを提案してくれます。

撮影/千葉太一 モデル/桐 嵯梨<CLASSY.LEADERS> ヘアメーク/小松胡桃<ROI> 取材/角田枝里香 構成/CLASSY.ONLINE編集室

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE