特集

【余興や二次会はありえない!?】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

「夫婦はこうでなくちゃ」なんて固定観念が過去のものになった今、ここ2年で結婚式のスタイルもどんどん変化していました。コロナ禍に結婚式を挙げた卒花嫁さんの取材からわかった、〝令和らしい〟最新ウェディング事情をお届けします。

【リアルドレス実例5選】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

【令和のウェディング事情】令和の挙式はどんなスタイル?

主役はもちろん新郎新婦。でも、足を運んでくれるゲストを一番に考えるのが、令和婚の必須事項のよう。楽しい思い出にしてもらえるように、ギフト選びまでとことんこだわります。

  • 主役はもちろん新郎新婦。でも、

    ペースよく終われる人前式が主流
    「アットホームな雰囲気にしたくて人前式に。短時間で執り行えるため、小さなお子様ゲストがいても安心でした」(福本彩さん・サービス関連)「ゲスト全員に指スタンプを押してもらって結婚証明書が完成。記念として玄関に飾っています」(K.Kさん・IT関連)

  • 主役はもちろん新郎新婦。でも、

    余興なし!二次会なし!
    「コロナ禍に集まって準備をしてもらうのが申し訳なく、余興はなしに。その代わりスピーチをおもしろおかしくして会場を盛り上げてもらえて嬉しかったです」(笹原美月さん・美容関連)「予算を抑えるため、当日は大掛かりな二次会ではなくとくに親しいゲスト数人とディナーを楽しみました」(R.Sさん・IT関連)

  • 主役はもちろん新郎新婦。でも、

    ゲストにスマホで撮ってもらった写真はグーグルフォトで共有
    「写真を送り合う手間を省くため、グーグルフォトのリンクをQRコードで配り、各々アップしてもらうことに。データが縮小されることなく、高画質のまま共有できるのもメリットの一つでした」(下田かりんさん・医療関連)

イラスト/green K 取材/岸本真由子 再構成/Bravoworks.Inc

「最新ウェディング事情」関連記事

【カラードレスは主流じゃない?】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

【紙の招待状はもう古い!?】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

【アルバムに力を入れるのは古い?】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus