特集

彼の胃袋を掴む「鶏肉のから揚げ」の作り方【和食の基本】|おうち時間で花嫁修業

おうち時間で料理に励む人が増えていますね。今まであまり自炊ができなかった人も、この機会に改めて基本をマスターするチャンス!今回は、「肉を揚げる」という和食の基本が詰まった「鶏肉のから揚げ」に挑戦してみましょう。揚げ物は難易度が高いと思われがちですが、一度覚えてしまえば案外簡単!

今回作る「基本の献立」はこちら!

彼の胃袋を掴む「鶏肉のから揚げ」の作り方【和食の基本】|おうち時間で花嫁修業

主菜
鶏肉のから揚げ
副菜
海老と高野豆腐の含め煮
きんぴらごぼう

肉を揚げるときに気を付けたいのは、中までしっかりと火を入れること。全体にムラなく火が通るように、肉の厚さを均等にすることがポイントの一つです。
下味をつけて揚げる鶏肉のから揚げは、油がはねないように、汁気をきちんとふき取っておきましょう。
高野豆腐を使った煮物ときんぴらごぼうは、昔ながらの和食の味わいを楽しめます。

1. 主菜「鶏肉のから揚げ」

カリッと揚げるために、片栗粉をまぶすタイミングを大切にしましょう。下味もしっかりと。

材料 2人前

鶏もも肉 ─ 200g
A
・生姜(すりおろし) ─ 大さじ1
・醤油 ─ 大さじ⅔
・酒 ─ 大さじ⅔ 砂糖 ─ 小さじ1/2
・塩 ─ 小さじ⅓ こしょう ─ 少々
・片栗粉 ─ 適量
・揚げ油 ─ 適量
〔付け合わせ〕
・レタス ─ 適量
・かいわれ大根 ─ 適量
・みょうが ─ 適量
・かぼす ─ 適量

  • 1.
    鶏もも肉は、厚い部分に切り目を入れて開き、全体を1.5㎝ほどの厚さにして、一口大の大きさに切る。
    POINT
    ムラなく火が通るように、鶏もも肉の厚さを均等にします。

  • 2. 下味をつける
    1に混ぜ合わせたAを加えてもみ込み、10分ほど漬ける。

  • 3.汁気をふき取る
    クッキングペーパーで 2 の汁気をふく。
    POINT
    揚げたときの油はねを避けるために、しっかりと汁気を取っておきます。

  • 4.片栗粉をまぶす
    3に片栗粉をまぶす。

  • 5. 揚げる直前にも片栗粉をまぶす
    再度、揚げる直前になったら4に片栗粉をまぶす。

  • 6.鶏肉を揚げる
    5を170℃の揚げ油で4分ほど揚げる。揚げ網にのせて油を切って器に盛り、レタスやかいわれ大根、千切りにしたみょうが、輪切りにしたかぼすを添える。

◆あわせて読みたい

料理が壊滅的に苦手な人へ|今さら聞けない「下ごしらえの基本」【おうち時間で花嫁修業】

2. 副菜①「海老と高野豆腐の含め煮」

だしを含んだ優しい味に、 海老とスナップえんどうの彩りを添えて。

材料 2人分

高野豆腐 ─ 2枚
海老 ─ 4尾
スナップえんどう ─ 4本
A
・だし汁 ─600㏄
・砂糖 ─ 大さじ2
・みりん ─ 大さじ1と1/2
・薄口醤油 ─ 大さじ1
・酒 ─ 小さじ1
・塩 ─ 小さじ1/4

作り方

1.高野豆腐はぬるま湯に20分ほど浸して、中心に硬い芯がなくなるまで軟らかく戻し、水が濁らなくなるまで流水で押し洗いする。両手で挟んで水を絞り、2つに切る。

2. 海老は尾を残して殻をむき、背わたを取る。スナップえんどうは筋を取り、熱湯に塩少々(分量外)を加えて2~3分茹でる。

3. 鍋にAを入れて1を加え、落とし蓋をして中火で15分ほど煮る。

4.2の海老を加え、再び落とし蓋をして3分ほど煮る。器に盛り、スナップえんどうを添える。

POINT

高野豆腐が煮汁をよく含むように、しっかりと水を絞っておきましょう。

◆あわせて読みたい

おうち時間で料理スキルアップ!「和食の基本」おさらい講座【だしの取り方編】

3. 副菜②「きんぴらごぼう」

ごぼうの風味と食感がよいきんぴらごぼうは、鶏肉を加えることで旨みがぐっとアップし、 食べ応えのある一品に。

材料 2人分

ごぼう ─ 160g
人参 ─ 50g
鶏もも肉 ─ 100g
赤唐辛子 ─ 1本
ごま油 ─ 適量
A
・醤油 ─ 大さじ2
・砂糖 ─ 大さじ1と1/2
・みりん ─ 大さじ1
・ごま ─ 小さじ1

作り方

1. ごぼうは包丁の背で皮をこそぎ、5㎝長さの千切りにして水にさらす。人参と鶏もも肉は5㎝長さの千切りにする。赤唐辛子は小口切りにする。

2. フライパンにごま油を熱して、ごぼうと人参を入れて強めの中火で炒め、全体に油がまわったら鶏もも肉を加える。

3. 鶏もも肉の色が変わり、全体がしんなりしてきたら赤唐辛子とAを加え、中火にして汁気がなくなるまで炒め煮にする。器に盛り、ごまをふる。

教えてくれたのは...田中伶子先生

田中伶子クッキングスクール代表。全国料理学校協会理事、東日本料理学校協会副会長、NPO日本食育インストラクター協会理事。福岡女子大学卒業後、1964年に料理教室を開設。家庭料理の基礎から食のプロ養成まで指導にあたるほか、TV番組の出演や雑誌の執筆、食品・流通・広告会社等での商品企画、講演会など幅広く活躍中。

取材/首藤奈穂 撮影/馬場わかな スタイリング/佐々木カナコ、来住昌美 調理アシスト/中村奈津子、戸嶋幸江、杉本涼子、戸崎小百合、廣瀬弘子 再構成/CLASSY.ONLINE編集室

※この記事は『結婚できる和食教室』(光文社刊)を再構成したものです。
購入はこちらから

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE