マナー

「身形」=みけい?しんけい?使っているのに読めない漢字4選

簡単そうに見えて読み方が珍しい漢字は、意外と少なくありません。「素直にそのまま読んだら間違えてしまった……」という経験を持っている人もいるはず。

すでに読み方を知っている漢字や、普段から見慣れている漢字だと、つい「こう読むのだろう」と思い込んで読み間違えてしまう……なんてことも。

そこで今回は、そのまま読んでしまうとNGな“変わった読み方をする漢字”をご紹介します。

1.「身形」

「身形」をそのまま「みけい」「しんけい」と読むのは誤りです。「身形」とは「体の恰好」、また「衣服を着た格好」を意味します。

よく「身形を整える」「きちんとした身形」などといったように用いられる言葉で、きっとあなたも一度は耳にしたことがあるはず。

そんな「身形」の正しい読み方は……

 

みなり」です。

「身形」以外にも、「形」を「なり」と読む言葉として、たとえば「形振り(なりふり)」「弓形(ゆみなり)」といった言葉があります。

2.「天辺」

「一番上」や「いただき」、「頂上」のことを「天辺」と言います。

「天辺」は「富士山の天辺」といったように高さを表す場合に用いられるほか、「天辺を回った」「天辺を越える」など、時刻を表す時にも用いられます。

思わず「てんぺん」「てんへん」などと読んでしまいがちですが、正しくは……

 

てっぺん」と読みます。

元々は、兜の鉢の頂上を「てへん(天辺)」と言っていたのが“てへん→てっぺん”と変化して、現在の読み方になったそうですよ。

3.「蓮葉」

「蓮葉な女」などのように、「蓮葉な○○」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

「蓮葉」とは「下品で軽薄なさま」を表す言葉です。元々は「はすは」と読まれていましたが、現在では促音化(読み方が「っ」に変わる言葉)された読み方が広まっています。

では、そんな「はすは」が促音化された読み方とは……?

 

はすっぱ」です。

元々「蓮の葉が軽く水をはじく様子」から、浮ついた感じを「蓮葉」と読むようになったそうですよ。

4.「鈍色」

つい「にぶいろ」「どんしょく」などと読んでしまいがちな「鈍色」。「鈍色」とは「濃いねずみ色」を意味する言葉です。

確かに「にぶいろ」と読まれることもあるのですが、「にぶいろ」以外にもう一つの読み方があるのをご存じでしょうか。

正しくは……

 

にびいろ」と読みます。

ちなみに「鈍色」は、「鈍(にび)」と省略されることもありますよ。

 

「身なり」「てっぺん」など、今回ご紹介した言葉は、ひらがな、あるいはひらがなまじりで表記されることが多いものばかり。そのため、漢字表記を正しく読める人は、そう多くないでしょう。

だからこそ、正しい読み方を知っていれば、それだけで知的な印象を与えられるはず。ぜひこの機会に、正しい読み方と、できれば言葉の意味も併せて覚えておくと良いでしょう。

あなたは読めますか?間違えたくない漢字

「雪花菜」って読める?食にまつわる漢字クイズ4つ

「弔慰」=ちょうしん?「荼毘」=ちゃひ?読めないと恥ずかしい冠婚葬祭でよく見る漢字4選

「啜る」=つづる?よく見て!うっかり誤読しがちな漢字4選

「麦酒」=むぎしゅ?「手水」=てみず?デートで読めなかったら恥ずかしい漢字4選

参考文献
加納喜光『読めそうで読めない漢字Q&A―もう間違わない!実例集 』講談社

文/大内千明 画像/Shutterstock(Syda Productions、Duet PandG、Kaspars Grinvalds、rsooll)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE