恋愛

「絶対にしない!」アラサー男性が大好きな彼女にはしないコト6つ

アラサー男性が好きな彼女にだけするコトはよく耳にしますが、その反対も気になりますよね。そこで今回は、アラサー男性が好きな彼女には絶対にしないコトを調査。

「愛情や思いやりがあるからこそ、好きな彼女にやってあげたい」なんて言動もありました。一体どんなコトなのでしょうか。

1.長時間の音信不通

「好きな彼女にはLINEの既読スルー含め、連絡を怠って不安にさせるようなことは絶対にしません。朝連絡したまま仕事で夜まで連絡できなかったとしても、なるべく12時間以上は空かないようにしています」(31歳/商社)

彼女だけは不安にさせたくないという思いから、連絡の有無によって不安にさせることは絶対にしたくないようです。回答の中には24時間以上空けないという男性もいたので、生活習慣による違いは出るかもしれません。

12時間、24時間など時間は関係なく長時間、音信不通にならないよう意識している事実こそ、彼女を大事にしている証拠と言えそうです。

2.手料理を残す

「外食で味が合わないと残してしまう僕ですが、元カノ含め、彼女が作ってくれた手料理だけは絶対に残しません。味が合わなかったら正直に伝えますが、作ってくれた感謝があるのでキレイに食べきります」(32歳/医療関係)

キレイに食べてくれるなんて作った甲斐がありますし、とても嬉しいですよね。美味しかった時も口に合わなかった時も正直に伝えたうえで残さず食べきってくれる所にも愛情を感じます。

3.他の女性を話題に出す

「彼女に他の女性の話はしません。好きな女性芸能人を聞かれても『特にいないよ』と答えますね。わざわざ、自分から他の女性の話をして不安にさせる必要はないと思うので」(29歳/公務員)

彼女に余計な不安を与えたり心配をかけたりしたくないという思いから彼女以外の女性の話題を自らすることは少ないそう。ちなみに、彼女の前でキレイな女性を目で追ってしまう行為については「論外(そんなことはしない)」だそうです。

4.デート代の折半

「基本的に、彼女に財布は触らせません。いつもデート代など『私も払うよ』と気遣ってくれるのですが、『結婚資金に貯めておいて』と言って財布を引っ込めさせます」(33歳/税理士)

「2人の結婚資金に貯めておいて」と言われれば、女性はお財布を引っ込めざるを得ませんよね。このような発言には彼の紳士な優しさを感じます。

5.仕事のストレスを持ち込む

「仕事のストレスがMaxになると、イライラが態度に出てしまいがちです。ただ、彼女の前では会社のことを持ち込まないと決めているので愚痴を言ったりキツくあたったりすることは絶対にしないと決めています」(29歳/飲食関係)

ストレスが酷い時は弱音を吐くこともあるそうですが、イライラや不満を彼女にぶつけることはしないのだそう。むしろ本当に好きな彼女であれば、会うだけでストレスが緩和されるようですよ。会うだけで癒しになるような安心感のある女性を目指したいですね。

6.荒い運転

「普段の通勤時などは結構荒い運転をしてしまいますが、彼女が助手席に乗っている時は無意識にかなり丁寧な運転になります。大事な人をのせると自然と運転の仕方も優しくなるんだな~と感じています」(28歳/IT関連)

普段、一人の時や友だちを乗せている時とは違い、彼女を乗せている時は無意識に丁寧な運転をするという男性も。安心して隣に乗って欲しい思いの強さから“スピードは出さない”“急ブレーキに気を付ける”などを無意識にしているようです。

 

好きな彼女に対して愛情があるからこそ「これだけは絶対にしない」という男性なりのマイルールがあるようでした。本当に愛されているのか不安に感じている女性は彼の行動と照らし合わせてみてくださいね。

アラサー男性が本命にすることって……?

あなたは本命?男性が真剣交際の女性にだけすること5つ

「好きだからやっちゃう!」アラサー男性が本命の女性にだけやるコト4つ

コレが本命の証だった!?「激モテ男子が狙っている女子にしか送らない」LINE6選

コレをされたら本命!気になる女性だけにする特別扱い4つ

(協力/筆者SNS配信アンケート回答者アラサー男性17名)

文/岸川菜月 画像/Shutterstock(file404、evrymmnt、Rido、Dragan Grkic、Syda Productions、Marko Aliaksandr、tommaso79)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE