マナー

「意見を異にする」=「いにする」はNG!? 読み間違えがちな漢字3つ

普段であれば、迷わずに書けるし読める。そうした漢字であっても、言い回しによっては珍しい読み方をする場合が少なくありません。

この記事では、そんな“読み間違えがちな言い回し”をご紹介します。簡単そうに見えても、実は読めない人が多い!?そうした言葉をまとめてみました。

1.「野に下る」

一見、簡単に読めそうに見える「野に下る」。「野に下る」には「政府の官職を辞めて民間の人になること」という意味があります。

ちなみに、「野に下る」と同じ意味の言葉で「下野する」がありますが、「下野する」の場合は「げやする」と読みます。では、「野に下る」は何と読むのでしょうか?

正しくは……

 

やにくだる」と読みます。「のにくだる」と読み間違いやすいので注意しましょう。また、「無人の野を行く(他人に邪魔されず、思い通りに振る舞うこと)」の場合も「むじんの“や”」と読みたいところです。

2.「同じ伝で」

漢字の「伝」は読み方によって複数の意味があり、その中の一つに「やり方」という意味も含まれています。たとえば「同じ伝で」といえば「同じやり方で」という意味になるのですね。

ここで、漢字に詳しい人が読んでしまいがちなのが「伝(つて)」です。確かに「伝」は「つて」とも読むことができ、「伝がない」などといった場合は「つて」と読みます。

しかし「やり方」を意味する場合は「つて」とは読まないのがポイントです。「同じ伝で」の場合、正しくは……

 

おなじでんで」と読みます。もし複数の読み方ができる漢字が出てきて迷った時は、文章の流れなどから「この読み方で意味が通るのか」を考えてみると良いでしょう。

3.「意見を異にする」

「異常(いじょう)」「異変(いへん)」などのように「異」を「い」と読む言葉が多く存在することから、「意見を異にする(人と意見が違えること)」も、つい「いけんをいにする」と読んでしまいがちです。

しかし「いけんをいにする」ではNG。この場合「異」を「い」とは読みません。正しくは……

 

いけんをことにする」と読みます。

ただし「異とするに足りない(不思議ではない、驚くことではない)」や「縁は異なもの(男女の結びつきとは不思議なもので、どこでどうなるのか予測がつかない)」といった時は「異」を「い」と読むのが正解です。

 

いかがでしたか? 簡単そうに見える漢字ほど、油断は禁物かもしれませんね。一つの漢字でも、言い回しや言葉によってじつにさまざまな読み方があります。

次に同じ言い回しを目にした時は読み間違えないよう、ここで正しい読み方を覚えておきましょう。

合わせて読みたい「読み間違いがちな漢字」

「続柄」=「ぞくがら」?「熟す」=「じゅくす」?読めそうでも間違いやすい漢字5選

「出納」=「しゅつのう」?「言質」=「げんしつ」?実は読み間違えの多い漢字5選

「吹聴」=「すいちょう」?「論う」=「ろんう」?実はみんなが読み間違えている漢字5選

「御用達」=「ごようたつ」?「他人事」=「たにんごと」?読み間違いが多い漢字5つ

「免れる」=まぬがれる?「代替」=だいがえ?読み間違えてしまいがちな漢字4つ

 

参考文献/加納喜光「読めそうで読めない漢字Q&A-もう間違わない!実例集」

文/大内千明 画像/Shutterstock(TheCorgi、Artur Szczybylo、Freedomz、fizkes)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE