arikoさんの夏野菜レシピ【緑の野菜編】レシピ本新刊情報も!

インスタグラムのフォロワーは2

インスタグラムのフォロワーは21万人超え!その美味しい日常にファン多数のarikoさん(@ariko418)。発売したばかりのおつまみ本『arikoのくいしんぼうおつまみ 飲む人も飲まない人も、みんな美味しい』(光文社)も好評発売中です。CLASSY.7月号でも「猛暑を乗り切る!arikoさん流ごちそう夏野菜」で簡単&ヘルシーなレシピを披露。誌面で紹介しきれなかった分をCLASSY.ONLINEでご紹介します。色鮮やかな夏野菜で、夏に向けてパワーチャージ!前編は緑の野菜です。

ズッキーニとツナのナムル

ピーラーでひらひらに!生で食べるしんなり食感が美味しい

●材料 *2人分 ズッキーニ 

●材料 *2人分
ズッキーニ 1本
ツナ 小1缶(70g)
糸唐辛子 少々

A
塩 小さじ1/4
砂糖 小さじ1/2
酢 小さじ2
醤油 小さじ2
ごま油 小さじ1
炒りごま 小さじ1

●作り方
1.ズッキーニはヘタを取り、ピーラーで薄くスライスしてさっと水にさらしてザルにあげ、水気を取る。
2.ボウルにズッキーニ、油を切ったツナ、Aを加えて混ぜる。器に盛り、糸唐辛子を添える。

きゅうりとパクチーのサラダ

夏にぴったり!カリカリきゅうりとパクチーのエスニック風味

●材料 *2人分 きゅうり 2

●材料 *2人分
きゅうり 2本
パクチー 2株
にんにく(みじん切り) 1/2かけ分

A
ナンプラー 大さじ1
レモン汁 大さじ1
サラダ油 大さじ1
砂糖 ひとつまみ

●作り方
1.きゅうりは皮を縞状にむき、縦半分に切る。スプーンで種をかき出し、斜め切りにする。
2.パクチーは葉をざく切りにし、茎はみじん切りにする。
3.ボウルにA、にんにく、パクチーの茎を入れて混ぜ合わせる。きゅうりとパクチーの葉を加えてざっくりと混ぜる。

ゴーヤの薬味まぶし

サッと湯通ししてシャキシャキに。苦みも抑えて爽やかな風味を楽しむ

●材料 *2人分 ゴーヤ 1本

●材料 *2人分
ゴーヤ 1本
茗荷 1個
生姜 1かけ
大葉 5枚
鰹節パック 1袋
だし醤油 大さじ1

●作り方
1.ゴーヤは縦半分に切り、中のワタをスプーンでかき出す。5ミリ幅に薄切りにする。塩小さじ2(分量外)で軽く揉んでから、沸騰させた湯で10秒茹でて冷水に取り、しっかり水気を絞る。
2.茗荷は縦4つに切ってから薄切りにする。生姜はみじん切りに、大葉は粗みじん切りにする。
3.ボウルにゴーヤと2の香味野菜、鰹節を入れて混ぜる。器に持って醤油をかける。

いんげんのアンチョビドレッシング

茹でたいんげんをアンチョビドレッシングでワインによく合う一品に

●材料*2人分 いんげん 1パ

●材料*2人分
いんげん 1パック
紫玉ねぎ 1/4個
アンチョビフィレ 2枚

A
ワインビネガー 小さじ2
胡椒 少々
塩 少々
オリーブオイル 大さじ1

●作り方
1.いんげんはヘタを切り落とす。塩をまぶして熱湯で2分茹でて冷水に取る。
2.紫玉ねぎはみじん切りにしてボウルに入れ、刻んだアンチョビ、Aを加えてよく混ぜる。
3.器にインゲンを盛り、2をたっぷりとかける。

130レシピ掲載!arikoさん初のおつまみ本が好評発売中

今まで多数の書籍を出版してきた

今まで多数の書籍を出版してきたarikoさんによる初のおつまみ本が完成。大充実の130レシピ掲載!お酒のアテになるだけじゃなく、食事としての満足感もばっちりの〝くいしんぼうおつまみ〟を提案します。飲む人も飲まない人も、みんなが美味しくて幸せになれるレシピが満載。
『arikoのくいしんぼうおつまみ 飲む人も飲まない人も、みんな美味しい』
¥1,980(光文社)

料理・レシピ・文/ariko 撮影/福本和洋 スタイリング/山口裕子 構成/CLASSY.編集部

Feature

Pickup