【SixTONES】初4大ドームツアー「VVS」最終日公演をレポート!【ほぼ全曲紹介、写真あり】

【SixTONES】初4大ドームツアー「VVS」最終日公演をレポート!【ほぼ全曲紹介、写真あり】

2024年2月より、初となる4大ドームツアー「VVS」をスタートしたSixTONES。大阪・福岡・名古屋を周り、ついに集大成となった東京公演最終日(4月22日)の模様をレポート!

生バンド演奏に360度ステージ…ライブならではのバイブスが爆発!

会場を目にしてまず驚くのは、今回の目玉となる“360度ステージ”。なるべく観客の近くでパフォーマンスができるよう、回転式のセンターステージから6方向に花道が伸びており、「誰ひとり置いていかない」というメンバーの想いが込められているそう。死角なしの360度モニターからOP映像が流れると、激しいビートとレーザーで会場はダンスフロアさながらに!

観客の期待値がMAXになったところで、花道の先に設置された「ロックレーン(音楽のROCK、ストーンのROCK、数字の6にクレーンを掛け合わせてメンバーが命名)」に乗ったSixTONESメンバーが登場。アルバム『The Vibes』のリード曲「アンセム」でパーティの幕が開けます。田中樹さんが「東京ーー!」と叫ぶと、会場のバイブスは一気に急上昇!

続く「Rollin’」では、地上に6人が降臨。噴水が上がる花道を闊歩しながら中央に向かって集結する様子は、まるでアベンジャーズのよう。センターステージで「Outrageous」を激しく踊ったあとは、炎が吹き出す熱気まみれの「ABARERO -Dark Electro Rock Remix-」へ。バンドメンバーが外円、6人が内円を回転しながら、シャウトやクラップでステージを盛り上げます。松村北斗さんジェシーさんの胸ぐらを掴んで後頭部を引き寄せると、2人の顔がゼロ距離に!悲鳴にも近い歓声が巻き起こりました。

曲終わりには再び花道へ散らばり、個性豊かなメンバー挨拶がスタート。

ジェシーさん「Hey、Hey、東京ドーム!どうも、ジェシーのSixTONESです…逆だね!みなさん騒ぐ準備できてるかい!ストレス発散しにきてるかー?ぶちかまそうぜー!右向き、左向き…(観客と一緒に)ムッキムキ―!」
 
京本大我さん「(主演ドラマ『お迎え渋谷くん』の演技で)おっはようございまーーーーす!いやあ、今日もいい天気ですね。って東京ドームかーーい!!どうもSixTONESの京本大我です!最終日だぞ?俺たちSixTONESの音楽にぶつかり合う準備はできてんのかい?音楽にかかってこれるのかい?もっと!(客を煽る)…へぇ、やれるもんならやってみな(カメラに向かってあっかんべー)」
 
松村さん「いらっしゃいませー!あのー僕らね6人もいるんで。俺のターンだけ力抜いて大丈夫です。ただ、照れくさい人もちっちゃくていいから声出してください。ちっちゃめで大丈夫です。いらっしゃいませー!平のみなさまー!ななめのみなさまー!じゃあラスト一発、いきますかみんなで。東京ドームいらっしゃいませーー!どうもSixTONESの松村北斗です、画面タッチいいですか!(観客と一緒に)ピッ!後ほどでーす」
 
森本慎太郎さん「Hey行くぞー!みんなー!SixTONESに会いに来たんでしょうー?今日ラストだよー!まだまだ声出るんじゃないのー?音楽、感じてね。この音ちゃんと聴いてね。このリズム覚えてね(踊りながら)。このリズムに合わせて声出していくよ…イェイ!(何度かラリーを繰り返す)OKお前ら!体感時間あっという間だぞぉ覚悟しろ。このライブ、ハンパないからね。乗り遅れたら一瞬で置いてかれちゃうよ。OKね?後ろの方わかってるね?ラストに声ちょうだい。お前ら、騒げー!最後までよろしく!」
 
髙地優吾さん「どうもSixTONESの髙地優吾です!東京ドーム、まだまだ声出ますか?上の方、声出ますか?下の方も声出ますか?(ニコニコ笑いながら)全員声出ますか!SixTONESがバンド連れてきたぞ!今日ラストだぞ!バイブス上がってるか!360度死角なし、SixTONESの魂の音楽受け取ってくださいよろしく!」
 
田中樹さん「(耳を傾けながら何も言わずに歓声を求め、不満そうに首をかしげる)あれ、お前らそんなもんだっけ、まだ出るよねえ??なんか後半のこととか考えちゃってる?まだ出るよねえ??じゃあ今日は360度、上から下まで誰ひとり気抜くなよ!の調子で今日も最後まで、おまえらと俺たちの最上級のバイブスぶつけ合っていこうぜ、よろしく」

大人の魅力全開!成長した彼らによる貫禄のステージ

個性が光るセットアップ風の衣装

個性が光るセットアップ風の衣装に着替えた6人は、ムーディなソファに腰掛けながら「Hysteria -Rock Rearrange」を披露。髪をひとつに結った京本さん田中さんの喉を撫でる妖艶なシーンや、ジェシーさん京本さんの後ろから腕を回して顔を近づけるシーンなど、メンバー同士の貴重な絡みがここにも。

さらにそれぞれのカメラアピールが可愛らしい「君がいない」、都会的なオシャレさが光るネオファンク「Alright」、3対3に分かれスタンドマイクでメロウに魅せる「House of Cards」と、彼らの多様な表現力が光ります。

京本さん森本さんのユニット曲「希望の唄」では、肩を組みながらロックナンバーを歌い上げ、最後には熱いハグを。幼い頃から一緒に歌い踊ってきた2人の友情を感じられる一場面となりました。

続く「“Laugh” In the LIFE」からは、トロッコでアリーナ席へ。 爽やかなシティポップ「フィギュア」を軽快に歌い上げたと思いきや一転、続くサマーチューン「PARTY PEOPLE」ではお酒の名前も出現し、まさにこれからSixTONESとの宴が始まるかのような盛り上がりに!さらに「S.I.X」でフロアにクラップが響くと、会場の一体感は最高潮。客席一面のペンライトが息ぴったりに波打つ様子は圧巻でした。

前半パート終盤では、腰振りに腹チラにシャツ脱ぎと、“色気対決”といわんばかりの「DRAMA」や、デビュー前からの人気曲「JAPONICA STYLE」を披露。ラストは噴水と大量の桜吹雪に包まれて、6人が華麗に舞い踊ります。キラキラとピンクに輝くステージは、なんとも豪華絢爛!

SixTONES名物・長尺MCは脅威の50分越え!

今回も、自由奔放なMCが展開!コール&レスポンスをしながらトークを広げる中、全然喋っていないと指摘を受けた京本さんが、「ひとつだけさ、(前半の曲をもう1回)やらない?」とひとこと。会場が沸いてしまい後に引けなくなると、森本「仮にやるんだったらみんなからPayPay徴収するよ?」田中「追加料金!?」森本「俺の支払いQRコード映像にだすから」田中「じゃあもう1曲、慎太郎のPayPayチャレンジにする?」という流れで、森本さんがダンスを披露する流れに。ペンライトを赤と白に照らしてもらい、スモークとレーザーによるド派手な演出が施される中で、全力で踊り狂う森本さん。気づくとステージが競り上がっており、その様子を見てメンバーも観客も爆笑の渦に包まれました。

その後も松村さんによる豆知識トークや、サングラスをかけると“かかって”しまう髙地さんによるキャラ変検証タイム、古畑任三郎モノマネ選手権、楽屋ノリの野球トークなど展開を起こし続け、気づけば約50分が経過!地べたに座って6人がゆるゆる話す姿は、まるで放課後の教室のようでした。

歌にダンスにラップ…マルチに個性を光らせる

後半戦は「Call me」、そして日替わり選曲「マスカラ」から成るアコースティックコーナーへ。ギターの音色に乗って、歌声とラップがしっとりと響き渡ります。さっきまで学生みたいにワチャワチャ話していたと思ったら、急に大人の色気を醸し出す…そのギャップが彼らの魅力なのかもしれません。

お次は松村さん田中さんが、平成初期のHIP HOPを彷彿とさせるユニット曲「スーパーボーイ」を披露。横並びで座ったり、自由に花道を歩いたり…2人の会話を覗き見しているようなゆるいラップ&コーラスが心地よく、“チルい”時間が流れます。

ステージ中央にシャンデリラ風のLEDライトが舞い降りると、ダンスパートに突入。「Need you」では、回転ステージに乗って近未来的なアニメーションダンスを披露。重低音に合わせてステップや音ハメで魅せる「TOP SECRET」、そしてミドルテンポなダンスチューン「WHY NOT」へと続きます。

ジェシーさん髙地さんのユニット曲「Blue Days」では、ハートウォーミングなラップ&コーラスで観客に優しく寄り添います。赤と黄色のペンライトに染まった会場は夕暮れの景色さながらで、2人の温かさを体現しているようでした。

SixTONESの真骨頂!オラオラ沸かせる“デコトラ”パフォ

ラストスパートは、まさに“ブチ

ラストスパートは、まさに“ブチアゲ”のパーティータイム!多種多様なレーザーが縦横無尽に会場を支配する中、ギラギラのデコトラックに乗った6人が登場。外周を回りながら「DON-DON-DON」、「RAM-PAM-PAM」で会場を煽ると、メンバーも観客もボルテージMAXに!デコトラを降りセンターステージへ向かった「Bang Bang Bangin’」のラストでは、「東京ドーム!」の掛け声とともにバンバンと大量の炎が上がり、東京ドームが熱気で包まれました。

花火の中で最後の力を振り絞って歌う「Something from Nothing」は、いわば彼らの魂の叫び。続く「Telephone IST ver.」「BE CRAZY -Rock Rearrange-」でも、髙地「東京ラストだぞーー!SixTONESの魂受け取ってくれーー!」ジェシー「いつもいい景色をありがとう〜!これからも俺たちについてこれるかい!」と、余すことなく360度にパッションをぶつけます。

燃え上がった炎を鎮めるかのように、噴水の中で「Seize The Day」をしっとり歌い上げると、最後は楽しく「こっから」でフィナーレを。客席に向かって踊るSixTONES、それに答える観客、全員で共鳴し合う瞬間はまさに青春そのもの!多幸感が頂点に達したところで、本編の幕が閉じました。

アンコールでは、5月1日発売の新曲披露も

熱が冷めやらぬまま、「Good Luck!」でアンコールがスタート。Jr.時代からの名曲「この星のHIKARI」では、お互いの絆を再確認するかのようにメンバーとファンが熱唱。さらに、「WHIP THAT」で客席に降りた京本さんがセンターステージに上がる際に、松村さんが肩を貸して引き上げる場面も。SixTONESらしいパリピソングでラストを盛り上げました。

ここで公演終了…と思いきや、京本さん「足りないね、みんなも足りないけど俺らも足りないんだわ」「最後にこれ聞いて、SiXTONESとみんな、俺たち明日から生きてこうぜ!」と、京本さん主演ドラマ主題歌のNEWシングル「音色」を初ライブパフォーマンス!グループ結成10周年に突入する日にリリースされる本作。「君とだったらどこだって行けそう/このまま一緒に歩いて行こう」と、SixTONESからファンへのメッセージが込められていました。

「拳を上げて…ズドン!」の掛け声とともに銀テープが発射されると、モニターにスタッフからのサプライズメッセージが!

お前らがどうしてもやりたいっていった360°ステージは楽しめたか?
お客さんのVVSは感じられたか?
まぁ相変わらずMCはなげぇし、つまらねぇ時もあったけど最高に楽しめたよ!
また一緒にTOURやろうね!大好きだぞ!!
 
TOUR STAFF 一同

スタッフからの大きな愛を受け、京本「もう捌けたくねえよ」松村「チームSixTONESって最高だね。尊敬できる。まじで」森本「帰りたくねえな」としみじみ噛み締めるSixTONESメンバーたち。髙地「スタッフさんもいってたけど、いつか5大ドームやるからいいよね!?」森本「いやースタジアム、スタジアムいこうぜ!」ジェシー「もっともっと上行きましょう!」と熱い約束を交わしながら、客席へ降りてステージを後にしていきました。

最後に残ったジェシーさんが、規制退場アナウンスのモノマネをしながら「本日の公演はこれにて終了といたしました。みなさん、気をつけて帰らないと、ぶん殴ります」と去っていくと、会場が笑いと拍手に包まれながら、濃度満点のライブが閉幕。

全国4カ所・10公演で約51万人を動員した本ツアー「VVS」。挑戦を止めない彼らのバイブス(VIBES)はまさに一級品(VVS)でした。

画像ギャラリー

撮影/和佐田美奈子 編集/CLASSY.編集部

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup