【SixTONES アリーナツアー初日レポート】初の単独ドーム公演も発表!

12月号スペシャルエディションで表紙を飾っていただいた松村北斗さんや発売中の2月号に登場の髙地優吾さんなど、CLASSY.で登場していただくたびに大反響のSixTONES 。1月4日に横浜アリーナで幕を開けた待望の全国アリーナツアー『慣声の法則』の初日の様子をお届けします!

横浜アリーナで開幕したツアーは

横浜アリーナで開幕したツアーは当日、1月4日にリリースされたばかりの3rdアルバム『声』を引っ提げ、1万5千人のフルキャパで開催!
定刻の18時、断崖絶壁の上に6つの顔型の巨岩(「フェS」=フェイス)が浮かびあがり、岩の口からメンバーが登場! 声出しが緩和された後では初となるSixTONES の公演でメンバーの姿に久々の嬉しい歓声をあげながら、メッセージボトル型のペンライトを力強く振るオーディエンスのTeam SixTONESたち。6人全員がサングラスをかけ、スタッズやストーンを散りばめたド派手なストリート系ファッションをまとい、まずは『Overture -VOICE-』でSixTONESの声を届けます。
ノリノリの楽曲『Boom-Pow-Wow!』にのせたメンバーの挨拶に会場がますますヒートアップ! ジェシーさんがいつもの挨拶「ジェシーの SixTONESです! 逆だね!」に続けて「大きく!」と声をかけると「ズドン!」とファンが応える、コール&レスポンスも復活。京本大我さんの「ヘイ! ヘイ! ヘイヘイ!」という煽りにも、しっかり歓声で返します。松村北斗さんの「いらっしゃいませ〜。上のほう、いらっしゃいませ~、下のほうもいらっしゃいませ〜」というお馴染みの挨拶や、森本慎太郎さんの「謹賀新年~! 皆さんの気持ち、声、そして表情、届いてますんで!」という元気な声にも、髙地優吾さんの「最高に声出して盛り上がっていきましょう~」という温かい言葉にも、田中樹さんの「お前らの声聞くの、久しぶりじゃね?!」というSっ気あふれる問いかけにも大盛り上がり!

「インタールードにもめっちゃこ

「インタールードにもめっちゃこだわりました」という本誌2月号の髙地さんのインタビューどおり、お洒落なインタールードが流れた後はゴールドラメのギラギラなコートに衣装チェンジ。ニューアルバムの楽曲『Risky』をスモークとレーザーの演出で幻想的に魅せます。ユニット曲も魅力満載! 森本さんと田中さんの『OPA!』は、2人のカッコよさとセクシーなダンスにフォーカスしたクールなヒップホップナンバー。一転して、京本さん主演ドラマ主題歌『ふたり』を6人でしっとり聴かせた後は、トロッコでスタンドからアリーナを周るファンサービスが嬉しい演出。昨年夏にYouTube限定で公開した『PARTY PEOPLE』を始め、全3曲で時間をかけてたっぷりファンサービスをしてくれました。
MCでは、やはり声が出せるようになった喜びが爆発。田中さんが「これだよな! 俺たちがやってたライブって!」と言うと「やっぱ、楽しいね!」と髙地さん。松村さんの「最初からキャーッっていけたよって方は?」「変な声しか出なかったよって方は?」と言う問いかけにも、声を出して答えられるのが嬉しいところ。ジェシーさんの「久々のズドン、気持ちよかったよ!」、森本さんの「笑ってくれると嬉しいよね~」という言葉にも、〝今回のライブはファンのみんなと声を出して楽しみたい〟と語っていたSixTONES の想いが感じられます。ひとしきり6人でわちゃわちゃした後の告知タイムではビッグニュースを発表! 2カ所の追加公演が決定したという話題から、〝東京と大阪でのドーム公演決定!〟のお知らせがスクリーンに映しだされると今日イチの歓声と拍手が! 「みんながめっちゃ応募してくるんだもん!(笑)」と笑わせながら「みんなのおかげでありがとうございます。でもこれも通過点。もっと進化していけるよう頑張ります」と田中さん。SixTONES初となる単独ドーム公演『慣声の法則 in DOME』も今から期待が高まります。

後半はKinki Kidsの『

後半はKinki Kidsの『硝子の少年』や『愛のかたまり』をイメージしたという、ジェシーさんと松村さんのユニット曲『愛という名のベール』に聞き惚れ、渋谷系をベースにした京本さんと髙地さんのお洒落でポップな『ラ・ラ・ラ・ラブストーリー』の可愛さにキュンキュン! 炎の柄がプリントされた黒のセットアップに衣装チェンジした後は、『S.I.X』で始まる怒涛のメドレーが始まります。ライブ感で会場を盛り上げることを大事にしているSixTONESらしく、会場は今回も巨大クラブ状態! 『RAM-PAM-PAM』で大歓声が起き、『WHIP THAT』のジャンピングでは会場が揺れるほど。激しいダンスで魅せる『Outrageous』で会場の熱気も最高潮に。
アンコールではそれぞれの個性でアレンジしたツアーTシャツにチェンジ。ラストを『Good Luck!』で締めくくった、アンコール含め全26曲のライブ。Team SixTONESの嬉しい〝歓声〟が響きわたった〝Love&Peace!〟な2時間10分でした。

SixTONES 全国アリーナツアー『慣声の法則』
ニュートンの〝すべての物体は外部から力を加えられない限り動かない〟という『慣性の法則』をもじった、ツアータイトル『慣声の法則』には〝SixTONESはファンの声の力が作用して前に進む〟という意味が込められている。1月4日(水)~3月19日(日) 全国6か所・全26公演 計271,000人動員予定。

SixTONES 初単独ドーム公演『慣声の法則 in DOME』
全国アリーナツアー『慣声の法則』の集大成として、初のドーム公演の開催が決定! ドーム公演だからこそ実現可能なスケールアップされたパフォーマンスに期待が高まる。4月15日(土)・16日(日)京セラドーム大阪、4月21日(金)・22日(土)・23日(日)東京ドーム 計5公演を実施予定。

3rdアルバム『声』
こんな時代だからこそ自分たちの声を届けたい、みんなの声を聴きたいという想いを込めた、SixTONESの〝声〟が詰まったアルバム。大ヒットシングル『共鳴』『わたし』『Good Luck!』『ふたり』に加え『PARTY PEOPLE』『Boom-Pow-Wow!』を含む、全3形態でリリース。初回盤A(CD15曲収録+Blu-ray/DVD)¥3,960・初回盤B(CD16曲収録+ Blu-ray/DVD)¥3,960・通常盤<初回仕様あり>(CD16曲収録)¥3,300

撮影/和佐田美奈子 取材・文/駿河良美 構成/CLASSY.編集室

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup