器好きすぎスタッフに聞いてみた!「東京&旅先のおすすめ器ショップ」7選

器好きはどこでとっておきを見つけてる?お気に入りの見つけ方から器との付き合い方など、私たちの「知りたい!」を教えてもらいました。

センスのいい人が東京&旅先で通う器ショップが知りたい!

ariko:ご主人のセンスが素晴らしくてよく伺うのが、水道橋の千鳥(①)です。「器界の伊勢丹」と言われている名店で、人気も実力も備えている作家さんの作品を取り扱っているので、ここをチェックしておけば間違いないんじゃないかな。好きな作家さんの個展をきっかけに新たなギャラリーを覗くこともあり、この間は赤坂のUTSUWAKESHIKI(②)に伺いました。西麻布にある桃居(③)では、漆作家・赤木明登さんの小鉢を購入しました。
首藤:お料理の撮影の際、arikoさんの器選びは毎回勉強になります。私は器はオンラインで購入することが多いのですが、リアル店舗では碑文谷にある宙 SORA(④)は普段使いしやすい器が揃っていて、初心者の方も選びやすいと思います。
匠:宙は私も覗きに行ってます!
ariko:宙、私もよく行きます。首藤さんと一緒に器を見に行くこともありますよね。
匠:今、首藤さんが気になっている作家さんを教えてもらえますか?
首藤:最近は沼田智也さんの作品を集めています。フチにスカルがいるお碗やUFO柄の豆皿などキャッチーなモチーフを品よく落とし込んだ世界観が好きで愛用しています。
匠:スカルやUFO!なかなか見かけないですね。
首藤:そうなんですよ。伝統的な染付の技術でユーモアが表現されていて。
ariko:沼田さんの器、私も持ってます。面白いのに上品でいいですよね。
 首藤:ほかには、中国茶を扱っているギャラリーLEAFMANIA(⑤)も好きで、お茶まわりの器を購入しました。ちょっといい茶器を買って、贅沢な気持ちで過ごしています。もともと入谷店に通っていたのですが去年代々木上原店がオープンしたので、みなさん行きやすいんじゃないかな。1階がギャラリーで2階に茶房があり、お散歩やお買物ついでに立ち寄るのもいいかも。
匠:行ってみたいです!私は旅程に器ギャラリーを組み込むことが多いのですが、京都を訪れる際はNunukalife(⑥)を覗きます。器が素敵なのはもちろん、哲学の道の裏にある、静かなギャラリーの雰囲気がとっても心地よくて……。先日もとくに何か目当ての作品があったわけではないのですが、偶然見つけた注器が気に入って持ち帰りました。お酒を注ぐときや植物の水やりにぴったりなんです。近場だとドライブがてら、埼玉のyaichi(⑦)にお邪魔します。カフェが併設されていて、ちょっと足を延ばすお出かけ先としてもおすすめです。

\東京&旅先のお気に入りショップを取材/

【ライター・arikoさん】
CLASSY.ほか数々の媒体で活躍。美味しそうな料理をポストするインスタグラム(@ariko418)は21万人ものフォロワーが。センス溢れる器使いも必見。

【ライター・首藤奈穂さん】
CLASSY.の食・ライフスタイル企画担当。深い知見と取材力でスタッフからの信頼も厚い。レシピ本も担当したarikoさんとはともにギャラリーへ訪ねることも。

【CLASSY. LEADERS・佐藤 匠さん】
リーダッズきっての旅好きで京都ラバーとしても知られる。器ギャラリーは旅先で寄ることが多い。「器はもちろんショップの素敵な空間全体を楽しんでいます」

取材/小林愛 再構成/Bravoworks.Inc

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup