特集

なんだか旅行に行きたい…という気分にさせてくれる「本&映画」18選【LiLiCoさんも推薦】

旅行も帰省も戻ってきた冬!せっかくの時間を本と映画でより濃いものにしませんか?昔、修学旅行で行ったところでも、よく行く旅行先でも新たな発見がある、そんな本と映画を専門家のお二人に選んでいただきました。

アラサー女子が読んでハマったオススメの本8選|小説、ビジネス、美容本、漫画…

<専門家が選ぶ!>旅したくなるBOOKリスト“9選”

なんだか旅行に行きたい…という気分にさせてくれる「本&映画」18選【LiLiCoさんも推薦】

\詳細はこちら!/

  • 『京都の平熱――哲学者の都市案内』(鷲田清一/講談社学術文庫)
    「京都生まれ京都育ちの哲学者と一緒に、京都中心部を回る市バス206番に乗って、平熱の街に分け入ってみる京都案内&エッセイ本。観光地で妙に疲れてしまうことがあります。好きで来ているのに勝手な話ですが疲れるものはしょうがない。そんな時、バスはどこか自動的な乗り物で、あそこへ行こうとかここへ行こうという意思がないのが心地いい。そんな心地よさと、京都の街のハレもケも身に染みて感じられるような一冊」

  • 『旅する練習』(乗代雄介/講談社)
    「中学入学を前にしたサッカー少女と小説家の叔父が、徒歩で我孫子〜鹿島を旅する物語。少女はボールを蹴りながら、叔父は目にする風景を書きながら、ひたすらに歩いていく。二人にはルールがあり〝歩く、書く、蹴る〟、この習慣を維持すること。非日常の中で小さな日常を作りながら旅をすると、世界とちゃんとつながれる気がする。小説家の何げない風景の描写が美しい一冊」

  • 『パリ南西東北』(ブレーズ・サンドラール/月曜社)
    「パリ市庁舎前のキスの写真で知られるフォトグラファー、ロベール・ドアノー。彼の2番目の写真集の序文として書かれたのがこの本。詩人の目で捉えるパリ郊外はモノクロ写真の影よりも暗い。まるで世界を憎んでいるような文章に少し戸惑う。それなのに時折、街の人への親しげな眼差しを感じる。旅先でその土地と馴染めないような気がしたらこの詩人のように、目の前の人と向き合ってみたい。独自の価値観が広がるルポルタージュです」

  • 『首里の馬』(高山羽根子/新潮文庫)
    「旅先で最初に嬉しく思うのは、電車でも飛行機でも降りた時にすぐ分かるほど〝空気が違う〟ということ。この本は沖縄を舞台にしたSF小説。最初のページですぐに感じられる沖縄の空気。頻繁に訪れる台風と、それが形づくる低くて平たい形の家々の景色。物語のはじまりにはいつも、違う空気の中に飛び込んでいくような感覚があり、この本でも旅に出たいという気持ちを強く掻き立てられるはず。沖縄の空気を吸いに行こう!」

  • 『歩くこと、または飼いならされずに詩的な人生を生きる術』(トマス・エスペダル/河出書房新社)
    「人生を主体的に歩くことについての哲学紀行で、ウェールズ〜ドイツの景色を感じながら生き方について考えさせられる本。直感に従って道を選び歩みを進めると、その先に何があるかが次第に分かってくる。自分で決めて自分で動くことの心地よさがシンプルに理解できる。自分を見失いそうになったら、目的地を定めず歩いてみるのがいいのかも知れない。書いた人物のためらいや、歩くことで思考が整っていくのを感じられます」

  • 『富士屋ホテルの営繕さん建築の守り人』(LIXILギャラリー企画委員会/トゥーヴァージンズ)
    「旅の楽しみがホテルにある人へ。とりわけクラシックホテルは、ロビーのソファに腰掛け、内装をぼんやり眺めているだけで満たされる。僕のお気に入りは箱根・宮ノ下の『富士屋ホテル』。和洋混交で、今がいつなのか、どこの国にいるのかも分からなくなる雰囲気に惹かれる。その質感を保つのが営繕さんと呼ばれる建築物の修繕を行うスタッフ。この質感を維持するために日々手を掛けている人のことを想像してみるのもおもしろい」

  • 『あかねさす柘榴の都』(福浪優子/KADOKAWA)
    「スペイン語で〝柘榴〟を意味するアンダルシアの古都グラナダで見つける、新しい人生を描いた漫画。両親を失った少年は日本を離れスペイン人の叔母と暮らす。食べること、歩くこと、話すことで、初めての土地に少しずつ、体ごと馴染んでいく。グラナダの空気と色彩、匂いが伝わってくる物語。たぶん本当は、誰もがどこにだって行けるし、どこでだって生きられる。旅はいつもあり得たかもしれない別の生き方を想像させてくれます」

  • 『香港風味 懐かしの西多士(フレンチトースト)』(野村麻里/平凡社)
    「かつて香港で暮らしていた著者によるエッセイ。住んでいた頃の記憶を辿るように書かれている。小籠包にはじまり、コンデンスミルクをたっぷりかけた西多士(フレンチトースト)、豆腐にジビエ。あらゆるものが食卓に上るが、そこからは香港に住む人の営みが見えてくる。食べるように理解したことは、生きていく上でずっと共にある気がする。好きな店ほどいつの間にかなくなってしまう…そんな人におすすめしたいです」

  • 『アメリカ紀行』(千葉雅也/文春文庫)
    「哲学者の目でアメリカ旅に出た気分になれる紀行。どこへ行っても自分は自分?それとも違う自分、他の誰かであるように感じる?タクシー運転手と会話をすること、ホテルのベッドが小さく感じられること…異国での何げない出来事から得る感覚とそこから膨らむ思考の数々の話。同じ状況なら自分はどう感じるだろうか。読んでいると、旅をしながら何か書き残してみたくなる。時には写真ではなくあえて文章で残してみよう」

【本を選んでくれたのは・・・】
■有地和毅さん
プランナー/ブックディレクター。旅と散歩、食と音楽を偏愛。本と出会うための本屋「文喫 六本木」をはじめ、本と文化と人の関係をリデザインする場、もの、ことづくりに携わる。

<専門家が選ぶ!>旅したくなるMOVIEリスト“9選”

\詳細はこちら!/

  • 『しあわせのパン』(監督:三島有紀子/2012年)
    「洞爺湖町月浦地区に実在するパンのカフェが舞台。悩みを持つ登場人物が夫婦の作るパンと大自然によって人生を再生させる物語。全編北海道で撮影され、自然豊かな広大な土地や季節ごとのおいしい空気、森林や木の香りが伝わり癒される。広い空の下でのテラスでの食事や吹雪の中での温かい料理を映したシーンもよくて、わくわくできる作品。北海道に引っ越したくなってしまうかも」DVD&Blu-ray発売中DVD¥5,280/Blu-ray¥6,380 発売元:アスミック・エース、オフィスキュー 販売元:アミューズソフト ©2011「しあわせのパン」製作委員会

  • 『旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ(監督:ケン・クワピス/2005年)
    「16歳・女4人組の青春映画。いろんな国が舞台として描かれる。その中でひとりが旅立ったギリシャのサントリーニ島の美しさに注目。山に聳え立つ白い建物、オシャレなテラス、青の窓の枠と青の扉、庭のお花の素敵さ、人の陽気さはまさに夢の国。嘘だと思うくらい眩しく、行きたくなる。ストーリーの中で出会う不思議な一本のジーンズは、大人になっていく4人の友情と上手くリンクしていて、クスッと笑えつつ大粒の涙が流れる一作です」DVD¥1,572 発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント 販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント ©2005 Dungaree Productions, LLC. ©2006 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

  • 『舞妓Haaaan!!!』(監督:水田伸生/2007年)
    「クドカン脚本のハイテンションコメディ。舞妓ファンの会社員の話。冒頭から京都の魅力のオンパレード。観光ガイドかというほど行きたいところ・見たいものを見せてくれて、京都から連想される物事=風情ある小道、美しい着物、舞妓さん、日本伝統の建造物などが登場。主人公がメロメロになる物語なので観ているこっちも同じ気持ちに。また京都弁が可愛らしくて全てが素敵」Blu-ray&DVD発売中 発売元:バップ ©2007「舞妓Haaaan!!!」製作委員会

  • 『ニワトリ☆フェニックス』(監督:かなた狼/2022年)
    「前作『ニワトリ☆スター』のパラレルワールドを描いたロードムービー。神様が宿る伊勢志摩の広い海と緑の草原、昼と夜それぞれの美しさが綺麗に描かれ、一緒に旅する気分に。この美しい風景の中で主人公たちはちょっぴり変わった人たちにばかり出会う。それを伊勢志摩で繰り広げることによって生まれる味わい。このコントラストがおもしろい。そして生きるための大切なメッセージ、強いセリフが胸を打つ。私も出演しています」企画:GUM 株式会社(Gentle Underground Monkeys Co,Ltd.) 製作プロダクション:GUM 株式会社 配給:イオンエンターテイメント ©2022映画「ニワトリ☆フェニックス」製作委員会

  • 『世界で一番しあわせな食堂』(監督:ミカ・カウリスマキ/2021年)
    「フィンランド・イギリス・中国合作のコメディ。遠い国々の文化の違いを、料理を通して分かち合える。北欧とアジアと融合させることで、それぞれの国の違った美しさを感じられるのもいい。またフィンランドとアジアの教育の違いも興味深い。ちょっとした言葉の差による考え方の違いも勉強になるはず。どっちがいいとかではなく、それぞれのよさを味わいたい。ほのぼのした空気は疲れた脳をやさしく支え、元気を注入してくれます」DVD¥1,257(税抜) 発売・販売元:ギャガ ©Marianna Films

  • 『深呼吸の必要』(監督:篠原哲雄/2004年)
    「これはただサトウキビを期日までに収穫するためにアルバイトで集まった5人の若者たちの日常。サトウキビをひたすら刈るというと良さが伝わらなさそうだけど、彼らの過去や悩みが浮き彫りになって、沖縄の太陽が冷え切った心を溶かしていく青春映画。沖縄の離島が舞台ですが、風景というより人々こそが沖縄の景色となっているよう。静かに登場人物の悩みが癒されていくと同時に、観ている側もやさしくなれる作品」販売元:バンダイナムコフィルムワークス

  • 『浜の朝日の嘘つきども』(監督:タナダユキ/2021年)
    「福島県南相馬に実在する映画館『朝日座』が舞台となったヒューマンドラマ。映画に人生を救われた旅の途中の女性主人公なので、こちらも旅気分になれる作品。そして映画をたくさん観たくなる。オール県内ロケで、ドライブのシーンでは福島の山と自然、街並みが素晴らしい。派手なところはないけれど、何も無理をしない町の人々に会いたくなる。会話に出てくる〝生きる〟ヒントの言葉には考えさせられるものがあります」Blu-ray ¥6,380/DVD ¥4,180 発売元:クロックワークス 販売元:ポニーキャニオン © 2021 映画『浜の朝日の嘘つきどもと』製作委員会

  • 『ミッドサマー』(監督:アリ・アスター/2020年)
    「スウェーデンが最も盛り上がる夏至祭〝ミッドサマー〟を描く。ホラー作品でありながらこの国の初夏の新緑の美しさや、この行事らしい白い服、花冠、並んでご飯を食べ、深夜までダンスする楽しさを堪能できる。周りを固める役者はスウェーデン人。肌質などは作り出せないものだから、そこにも真実味が。すごいモノを見た後は長く観客の心に棲みつく…。アリ・アスター監督は一体ナゼここまで怖くできたのか。参りました」Blu-ray&DVD発売中 発売・販売元:TCエンタテインメント ©2019 A24 FILMS LLC.All Rights Reserved.

  • 『サヨナライツカ』(監督:イ・ジェハン/2010年)
    「辻仁成の同タイトル小説が原作。タイで繰り広げられる大人のラブストーリー。タイの街に広がる湿度、香辛料や人々の汗のニオイも感じた気になるほど生々しく描かれている。ウェットで官能的でもあって、高級ホテルも裏通りも全てがエロティシズムに満ちていて、恋に溺れたくてタイのチケットを予約した人がいたとかいなかったとか。途中で東京を描くことで現実に引き戻されると、またタイに戻りたい気持ちになります」DVD&Blu-ray発売中 DVD¥4,378/Blu-ray ¥5,280 発売元:アスミック・エース、フジテレビジョン 販売元:アミューズソフト © 2009 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved.

【映画を選んでくれたのは・・・】
■LiLiCoさん
映画コメンテーター、タレントとして多くのメディアに出演。アニメの声優やナレーション、ドラマやミュージカル俳優、服やジュエリーのデザイン・プロデュースなどマルチに活躍。

撮影/清藤直樹 取材・文/野田春香 再構成/Bravoworks.Inc

▼あわせて読みたい

名作映画に学ぶ「アラサー世代の働き方」極意5選【映画ソムリエ東「大人女子のための映画塾」】

結婚を考えているカップルが「2人で観てはいけない映画」4選

「日曜の夜に見てはいけない映画」4選【理由はいろいろなんですが…】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式X @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus