オンライン限定記事

【坂東龍汰×綱 啓永】舞台『う蝕』で再び共演する2人にクローズアップ!【スペシャルインタビュー】

‘24年2月〜3月に上演される舞台『う蝕』で2度目の共演を果たす俳優の坂東龍汰さんと綱 啓永さん。それぞれ再共演を楽しみにしていたと語り、撮影での息もぴったりだったお二人。ともに舞台出演は久し振りという坂東さんと綱さんに今回の作品への意気込みを伺いました。

【向井理さんスペシャルインタビュー】ドラマに舞台に大活躍の向井さんが考える〝ウェルビーイングなこと〟

――演劇界の第一線で活躍してい

――演劇界の第一線で活躍している横山拓也さん作、瀬戸山美咲さん演出という今回の作品ですが、最初にお話が来た時の感想を教えてください。
坂東 僕はずっと舞台をまたやりたいと思っていたので、「(この作品を)やります」と聞いた時は素直に「やっとできる!」という気持ちで嬉しかったです。横山さんと瀬戸山さんとは初めてご一緒させていただくのですごく光栄でしたし、キャストの皆さんのお名前もお伺いして、さらに楽しみになりました。舞台に立つのは6年ぶりなので正直プレッシャーも感じていますが、面白い舞台に絶対にできるなという確信があるのですごく楽しみです。
 僕ももちろん初めて聞いたときは嬉しかったですし、皆さんとお会いできるのが楽しみでした。キャストの皆さんはもう本当に実力が〝極み〟の方々が集まっていたので、「その中になんで俺が入れるんだろう?」「嬉しい!」という困惑と楽しみの両方がありました。でも、楽しみがやっぱり一番大きいです。プレッシャーもありますけど、頑張ろうという気持ちです。

――キャストの方たちとワークショップでお会いされた際に笑いが絶えない現場だったそうですが、印象的なエピソードを教えてください。
坂東 横山さんが過去に書かれた台本を二人一組になって、ペアをいろいろと変えてローテーションで演じたのですが、僕と綱くんが二人でトップバッターで読み合わせをしたんです。同じ内容を最後に相島(一之)さんと(正名)僕蔵さんで演じたんですけど、それが「こんなに面白い舞台をタダで見ていいの?」と思うくらいすごくて圧倒されました。
 あの演技は本当に面白かったです。お腹を抱えて笑ってしまいました。僕ら二人でやった時は笑いなんて起きなかったです(笑)。それなのに、お二人が演じるともうドカンドカン皆さんが笑っていて、悔しさもありましたね。
坂東 でも、この中で一緒にお芝居をやらせていただける経験が確実にこれからの役者人生の力になると再認識したというか、腹を括って成長してやるぞと思いましたね。

――お二人とも舞台は久々という

――お二人とも舞台は久々ということですが、舞台のお仕事の魅力はなんだと思いますか?
 僕は演劇にがっつり出演させていただくのはほぼ初めてみたいなものなんですけど、やっぱり生で見せられるのが一番の魅力だと思います。映像ではアップで顔の些細な表情が見れますが、舞台では全身で伝えなきゃいけないと思うので、それが舞台の魅力なのかなって思います。
坂東 そうですね。僕は舞台を観に行くのがすごく好きでいろんな舞台を観に行くんですけど、発声から何から何まで、テレビとは違う筋肉や声帯を使うなと感じています。僕は6年振りの舞台なので、本当に初めてやる気持ちでできたらなっていうふうに思いますね。それに、同じ空間でお客さんと一緒の時間を過ごすっていうのはすごく贅沢な時間だなと。自分の芝居がどこまで伝わるか、どれだけ人の心に届けることができるかっていうのは、技術的な部分も含めて本当に挑戦でもあり、貴重な経験だと思います。

――今回の舞台で目標にしている

――今回の舞台で目標にしていること、楽しみにしていることはありますか?
坂東 本当にキャストの皆さんのお芝居が面白すぎるので、まだ台本はもらっていないですけど(※取材は10月)、もう面白いことだけは確信しています(笑)。
綱 楽しみですね。間違いなく。
坂東 僕らが先輩の方々の鋭いパスをどれだけちゃんと受け止められるか、そこに食らいついていけるかが見どころかなと思います。早く台本を読んでみたいです。
 内容が待ち遠しいですね。間違いなくこの舞台で成長できるなと思っています。本当に楽しみですし、このメンバーの中で揉まれてみっちり稽古したら、自分の中で何か変わるんだろうなっていう楽しみもあります。
坂東 突然のアドリブというか、場面で行動が咄嗟に変わったりする瞬間にどれだけ僕らがついていけるか。僕蔵さんとは以前にもドラマでご一緒させていただいたことがあるんですけど、本当に面白いことを瞬間的に生み出す天才だなって崇拝してるんです。今回も多分そういうアドリブの瞬間が来ると思うので、しっかり打ち返せるようになりたいです。

――今回が2度目の共演というお二人。今作での共演を楽しみにしていたということですが、お互いの印象や好きなところを教えてください。
坂東 そうですね、初めて一緒に共演した時に、真っ直ぐに感じたままを直球で演じるところがすごく素敵な俳優さんだなと思いました。今回のワークショップでも久しぶりに一緒に演じてみて、やっぱり素敵だなと。つなっちはそういう感じです。
 つなっち、初めて言われた(笑)
坂東 うん、初めて言った(笑)。プライベートでは一緒に飲んだこともあるんですけど、結構真面目な話からくだけた話まで、何でも話せるところが心地いい関係です。今回この舞台で2カ月くらいずっと一緒なので、舞台が終わった頃にはもっと大好きになっていると思います。刺激し合いながら頑張りたいなと思いますね。
綱 龍汰くんは本当にいい人。ものすごく明るいです。すごくたくさんのドラマや映画に出ていて圧倒的に存在感がある役者さんなので、知らないと緊張するというか絡みづらいのかなと、変わっている人なのかなと思うかもしれないんですけど、びっくりするぐらい気さくで周りを笑顔にする人だなと初めて共演したときに感じました。

――最後に今回の舞台を見に来て

――最後に今回の舞台を見に来てくださる皆さまに向けてメッセージをいただけますか?
坂東 僕は人生2回目の舞台なので緊張はしていますが、瀬戸山さんの演出も横山さんの台本もすごく楽しみですし、本当に細かい会話劇になってくるとは思うんですけど、それをこのキャストの皆さんと全力で全身を使って体現できたらなと思うので、楽しみにしていただけたらなと思います。
 僕はドラマのイメージが強いかもしれませんが、ぜひこの舞台を観に来ていただいて、 また新しい僕を見てほしいなっていう気持ちがすごく大きいです。龍汰くんもさっきおっしゃってましたけど、間違いなく面白いと思います。まだ台本が来てない時点ですでに僕らがワクワクしていて、絶対面白いよと確信して言えるぐらいのものなので、純粋に楽しんでほしいなという気持ちです。頑張りますので、客席から全身全霊で受け止めてくれたらいいなと思います。

坂東龍汰
‘97年5月24日生まれ 北海道出身●’17年俳優デビュー。’18年、『花へんろ 特別編 春子の人形』でドラマ初主演。22年、『フタリノセカイ』で映画初主演を務め、第32回日本映画批評家大賞の新人男優賞(南俊子賞)を受賞。最近の主な出演作は映画『春に散る』『バカ塗りの娘』、ドラマ『リバーサルオーケストラ』『王様に捧ぐ薬指』、舞台『三人姉妹はホントにモスクワに行きたがっているのか?』など。公開中の映画『首』(北野 武監督)、ドラマ『きのう何食べた? season2』に出演。

綱 啓永
‘98年12月24日生まれ 千葉出身●’17年に第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞し、その後『騎士竜戦隊リュウソウジャー』にてメルト/リュウソウブルー役として出演。’22年にはTBS『君の花になる』で劇中のボーイズグループ・8LOOMのメンバー役を演じ大きく話題を集めた。最近の主な出演作はドラ『ひともんちゃくなら喜んで!』『バツイチがモテるなんて聞いてません』『明日、私は誰かのカノジョ Season2』『ばらかもん』『ぼさにまる』など。 主演ドラマ『恋愛のすゝめ』が放送中。

『う蝕』
「う蝕」とは虫歯のこと。フランツ・カフカ、サミュエル・ベケット、別役実の作品をモチーフの参考とした、男性6名による濃密な不条理劇●作:横山拓也 演出:瀬戸山美咲 出演:坂東龍汰 近藤公園 綱啓永/正名僕蔵 新納慎也/相島一之 ‘24年2月10日(土)~3月3日(日)シアタートラム/兵庫・愛知でも公演。

【衣装】坂東さん着用/シャツ¥49,500ベスト¥53,900パンツ¥64,900(すべてETHOSENS of white sauce 03-6809-0470)綱さん着用/ブルゾン¥35,200パンツ¥29,700 (ともにCULLNI / CULLNI FLAGSHIP STORE 03-6416-1056)
撮影/木村 敦 ヘアメーク/YOSHi.T スタイリング/髙木阿友子 取材/門脇才知有 構成/中畑有理(CLASSY.編集室)

注目の俳優インタビューをチェック!

【稲垣吾郎さんスペシャルインタビュー】「〝ウェルビーイング〟は自分のためにある言葉に感じてしまいます」

【渡邊圭祐さんインタビュー】CLASSY.世代の渡邊さんが考える〝ウェルビーイング〟なこと

【高杉真宙さんインタビュー】「大好きな言葉は『やるしかない』『まぁ、いっか』『なんとかなる』」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式X @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus