【柚希礼音×真風涼帆スペシャルインタビュー】話題の舞台『LUPIN ~カリオストロ伯爵夫人の秘密~』にWキャストで出演!

帝国劇場で開幕する怪盗ルパンの世界『LUPIN ~カリオストロ伯爵夫人の秘密~』に、元宝塚トップスターの柚希礼音さんと真風涼帆さんが男装の麗人としてWキャストで出演! 大きな期待と話題を集めている今回の舞台にかける意気込みや共に過ごした星組時代のエピソードまで、2回にわたりインタビューをお届けします。

――今作を手掛けるのは宝塚時代

――今作を手掛けるのは宝塚時代からお二人と縁のある小池修一郎さんですが、小池さんの作品や演出についての印象を教えてください。
柚希 小池先生とご一緒するのは宝塚時代の『眠らない男・ナポレオン-愛と栄光の涯に-』以来なので約10年振りですが、お芝居のつけ方がより繊細になられたなと感じました。言い回しや雰囲気作りについても細かく指導してくださいますので、それらを突き詰めていって今回演じるカリオストロ伯爵夫人をミステリアスで魅力的な人物に仕上げたいと思っています。
真風 今は一幕までお稽古しているのですが(※取材は9月)、人をだますたくさんのシーンがどう展開されていくか流れを把握しているところです。宝塚を卒業したばかりで何もかもが新しく課題だらけなので大変ですが、自分のものになるように解釈して落とし込みたいと思っています。そして、これに楽曲や立ち回りがついたらどんなに面白くなるのだろうとワクワクしています。
柚希 小池先生の演出なので絶対に面白くなるだろうなと私も感じています。先生は「そこはポンと登場して!」など無理なことをおっしゃるので皆で「無理です」と拒否するのですが、先生は絶対に譲らないんです(笑)。演者やスタッフ総出でアイデアを出してどうにか無理難題を解決するのですが、このように自分のイメージを実現させるために絶対に折れないのが小池先生だよな、と思い出しました。
真風 それが小池先生の作品ならではの痛快な面白さになるんですよね。
柚希 ルパンをはじめルパンファミリーやホームズまで魅力的な登場人物がもりだくさんなのも、小池先生のオリジナルならではだと思いました。
真風 イギリスファンはきっとテンションが上がると思います。私は宝塚時代にホームズを演じたことがありこの時代には縁がありましたので、もう一度この時代を生きられることにドキドキしています。
柚希 最後は小池先生渾身の長台詞があって、大どんでん返しになるんです。
真風 あれには本当に驚きました。皆さまも驚くこと間違いありません!

――Wキャストの相手がわかった

――Wキャストの相手がわかったときの気持ちを教えてください。
柚希 第一声は「ほんまに?」でした。
真風 私もビックリしました。
柚希 驚いたけど、ゆりかちゃん(真風さんの愛称)で嬉しかった。
真風 私もちえさん(柚希さんの愛称)で嬉しかったです。
柚希 私は自分とタイプの違う方とWキャストになることが多かったですし、コロナ禍中はWキャストの方と一緒にお稽古することもほとんどありませんでした。でも今回は同じ星組で同じ方向を向いて学んだゆりかちゃんと、いつも一緒にお稽古できるのが嬉しいです。今回のWキャストはより奥行きのある人物像を作れそうな気がします。
真風 宝塚時代は役替わりがあったので、同じ役を何人かで演じることはありました。また、新人公演でちえさんのお役をやらせていただくこともありました。でも、今回のようなWキャストは初めての経験でとても刺激的です。そのお相手がちえさんなので、安心感のあるなかでたくさんのことを勉強させていただきたいと思っています。
柚希 台詞の確認をいつも一緒にやっているし、カリオストロ伯爵夫人の衣装が決まるたびに二人で話していますね。
真風 女性のかつらやドレス、男装もするので黒燕尾もあります。久しぶりに男性を演じるお気持ちはどうですか?
柚希 カリオストロ伯爵夫人が男性を演じるということなので、宝塚の男役とは違います。なのに〝男役〟を演じてしまいそうになるので難しいです。男役から何年も離れているんですけど。
真風 そうですね。今までは心は男性でしたけど、今回は心を女性にして男装しないといけません。難しいと思いますが、ちえさんと一緒に乗り越えたいです。

――稽古場の雰囲気はいかがです

――稽古場の雰囲気はいかがですか?
柚希 宝塚以外のお稽古場はどう? 初めはきょろきょろしていたよね。
真風 男性の声量に驚きました! すごく響くので驚いていたら、小池先生も大喜びしてぼよよんぼよよんってバウンドしていたので(笑)。私だけじゃないんだって思いました。
柚希 なかでもガニマール警部役の勝矢さんの声量はすごい! 私も驚きました。座長のルパンを演じる古川雄大さんはとても優しい方ですね。ダンスの振りについて私達に聞きに来てくださいます。ルパンはいろんな役に変身しますがどの役になっても古川さんの謙虚さや可愛らしさが出ているので、改めて舞台はその人の本質が出るものだなと感じました。
真風 クラリス・デティーグを演じる真彩希帆ちゃんはディズニーのプリンセスみたいです。
柚希 星組で一緒だった時期は、彼女がまだ下級生だったのであまり話さなかったんです。でも、こんなにも目で語る素敵な女性になっていたとは驚きました。
真風 ちっちゃいサイズ感も可愛いです(笑)。

――11月の帝国劇場での初日を

――11月の帝国劇場での初日を皮切りに4都市を周る長期公演ですが、楽しみにしていることはありますか?
柚希 美味しいものをたくさん食べられるのが楽しみです! 私は長野に行けないのが残念でなりません。おやきを食べたかったなぁ。
真風 一緒に食べたかったですね。
柚希 福岡に行けるのは嬉しいけど初日で終わりなので、一日で食べられるものを考えておかないと!
真風 私達は宝塚で全国ツアーがあったので、情報はたくさんもっていますから!
柚希 名古屋、大阪、福岡、胃腸炎覚悟で食べないと(笑)!
真風 そんなにですか(笑)!? 胃薬必須で挑みましょう!

――最後に公演を楽しみにしているファンの方へメッセージをお願いします。
柚希 宝塚退団後、初の小池先生の作品で初の帝国劇場出演です。小池先生は私の節目となるときに現れて、私を成長させてくださいます。今回も何か新しい自分になれる一歩を踏み出す役になるといいなと思っています。出演者とスタッフの皆が一丸となってワクワクする作品にしますので、是非観にいらしてください。
真風 私も節目のときに小池先生とご縁があるのですが、退団後初ミュージカルでもお世話になることになりました。卒業してすぐなので課題が山積みなのですが、信頼しているちえさんとご一緒なので不安を感じることなく新しいものに挑戦できています。このように恵まれてお仕事をいただけることに感謝して、舞台に立つまでには役として生きられるように精進いたしますので楽しみにしていてください。

ミュージカル・ピカレスク『LUPIN ~カリオストロ伯爵夫人の秘密~』
脚本・歌詞・演出●小池修一郎(宝塚歌劇団) 音楽●ドーヴ・アチア 出演●古川雄大 真彩希帆 黒羽麻璃央(東京公演のみ)/立石俊樹<Wキャスト> 加藤清史郎 勝矢 小西遼生 柚希礼音(東京・名古屋・大阪・福岡公演のみ)/真風涼帆<Wキャスト> 宮川浩 章平 東京●帝国劇場 11月9日(木)~28日(火) 名古屋●御園座 12月7日(木)~20日(水) 大阪●梅田芸術劇場メインホール 12月29日(金)~’24年1月10日(水) 福岡●博多座 1月22日(月)~28日(日) 長野●ホクト文化ホール 大ホール 2月8日(木)~11日(日)

柚希礼音
‘99年に宝塚歌劇団に85期として入団。卓越したダンス力と華やかな容姿で人気を集め、’09年に星組トップスターに就任。退団後は舞台作品のほか、テレビ等の映像作品にも幅広く活躍の場を広げている。映画『怪物の木こり』が12月1日公開、’24年3月~ブロードウェイミュージカル『カム フロム アウェイ』に出演予定。

真風涼帆
‘06年に宝塚歌劇団に92期として入団。下級生の頃から洗練された容姿で注目される。星組から宙組へ異動し、’17年に宙組トップスターに就任。’23年退団。’24年4月に退団後初のコンサート『unknown』が決定している。

【衣装】<柚希さん分>ジャケット¥253,000パンツ¥149,600(ともにファビアナ フィリッピ/アオイ 03-3249-0341)ブラウス¥88,000(ドゥロワー/ドゥロワー 二子玉川店 03-5797-5780)イヤリング¥847,000ネックレス¥1,914,000(ともにメシカ/メシカ ジャパン 03-5946-8299)<真風さん分>ショートジャケット¥59,400ボウタイシャツ¥64,900(ともにykF 03-3403-6758パンツ¥49,500スカート¥49,500円(ともにウジョー/エム 03-6721-0406)イヤーカフ<小>¥7700(ドゥエドンネ https://duedonne.net/)イヤーカフ<大>¥10,000リング¥22,000バングル¥35,000(すべてヨア https://yoaa-official.com

撮影/杉本大希 ヘアメーク/菅野綾香(ilumini)<柚希さん>、CHIHARU<真風さん> スタイリング/間山雄紀(M0)<柚希さん>、後藤仁子<真風さん> 取材/よしだなお 構成/中畑有理(CLASSY.編集室)

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup