【ラグビーW杯】いよいよ開幕!“にわかファン”でも楽しめる!? 日テレ笹崎里菜アナにラグビーの魅力を質問

いよいよ9月8日(金)に開幕したラグビーワールドカップ2023。ラグビーには詳しくなくても、4年に1度の熱狂に便乗し楽しみたいという方は多いのでは。そこで、ラグビーの魅力や日本代表選手をよく知り「#日テレ女子アナラグビー部」としても活動するアナウンサー・笹崎里菜さんにインタビュー。“にわかファン”こそ知っておきたいラグビーの魅力と楽しみ方について教えてもらいました!

日本テレビ・笹崎里菜アナウンサ

日本テレビ・笹崎里菜アナウンサー
2015年入社。「バゲット」MC、「Going! Sports&News」(ニュース)、スポーツ中継などを担当。2019年に開催されたラグビーワールドカップ(W杯)では、実況班に女性アナでただ1人加入。YouTubeにて「日テレ女子アナラグビー部」を自ら企画立案するなど、初心者目線や女性ならではの視点を大事にしつつ、ラグビーの魅力を発信している。

基本ルールを覚えると、試合観戦がもっと楽しく!

ー今大会で初めてラグビーを観るCLASSY.読者も多いのですが、ラグビーのルールや選手を知らなくても試合を楽しめますか?

もちろんです。ラグビーって一旦試合が始まると、常に何かが起こっているスポーツなんです。タックルにキック、トライ…と力強いプレーが次々と繰り広げられ、ものすごい迫力! ボールを追っているだけでもドキドキしてしまいます。初心者でも分かる基本的なルールをおさえておくと、さらに楽しめると思います。

■試合の人数:15人制(※本大会の場合)
■試合時間:前半40分・ハーフタイム15分・後半40分
相手のゴールに向かってボールを進める方法は
①ボールを持って進む
②キックをする
の2つ。味方にボールをパスするときは、自分より前方に投げることはできず、必ず自分より後方の選手に投げなくてはいけません。

得点は
・相手のゴールラインにボールが割り込む「トライ」:5点
・トライ後に与えられる追加得点のチャンス「コンバージョンゴール」:2点
・相手の反則により与えられる「ペナルティゴール」:3点
をまずは覚えておきましょう!

ペナルティには種類がたくさんあり、ルールが少し複雑なので、まずは「ボールを進める方法」と「得点の種類」を覚えておくと試合を見るのが楽しくなるはずです!

迫力のプレーにイケメン選手!夢中になれるポイントがたくさんあります

ーCLASSY.世代的な目線で、ラグビーのおすすめポイントを挙げるなら?
選手にイケメンが揃っているので、CLASSY.読者の皆さんにも是非知っていただきたいです(笑)。日本テレビのYouTubeチャンネル「日テレスポーツCH」のなかにある『#日テレ女子アナラグビー部』というコーナーでは選手のご紹介もしていて予習にぴったりなので、ぜひチェックしてください。

ーラグビーにハマる入り口はたくさんあるということですね。会場には女性サポーターも多いのでしょうか。
2019年に日本で開催されたW杯をきっかけに、会場にも女性サポーターがぐんと増えました。皆さん試合前はDJによる音楽で気分を高め、試合が始まるとジャージを着て、楽しく応援をされています。キックのときは静かにするのがマナーなのですが、リーチマイケル選手がボールを持つと「リーチ!」という掛け声で応援し、すごく盛り上がるんですよ。今回のW杯はフランス開催で現地観戦がなかなか難しいでしょうから、日テレの中継をご覧いただきたいですが、CLASSY.読者の皆さんにもぜひ今度、会場の雰囲気を生で観るプレーの迫力を体感してほしいです。

ラグビーって紳士なスポーツ! プレー中とのギャップも魅力

ー他の競技にはない魅力というと、どこにあると思いますか?
ラグビー=男臭いスポーツというイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、実はすごく紳士なスポーツなんです。試合中は驚くほどガツガツぶつかり合っているのに、試合が終わると「ノーサイド」といって敵も味方もない。相手の選手と握手をし、ジャージを交換し、お互いのプレーを称え合います。その文化は日本の“礼儀”にも通ずるものがありますし、すごく素敵だなと思います。もちろん選手の皆さんも、ものすごく紳士的ですよ!奥深い魅力があって、知れば知るほど引き込まれる競技だと感じますね。それからプレーでは、他の競技では感じられないタックルの迫力でしょうか。「バーン!」とすごく大きな音を立てて接触するので、思わず「大丈夫かな…」と心配になってしまうのですが、すぐに立ち上がって前に進む選手をみると、ラグビーの面白さはこういう豪快なプレーにあるのだなと感じます。

ーもう一歩踏み込んで、ラグビーを深く知りたいと思ったら、何を知っているといいでしょうか。
最近、キックを使ったゲームコントロールがすごく増えてきたんです。ハイパントキックといって、ゲーム中にボールを高く蹴り上げるんですが、攻められていた時に自陣を回復したり、敵陣深くまで入り攻撃のきっかけになったりもします。ほかにもペナルティキックやコンバージョンキックなど種類があり、キックを起点に点数が入る機会も多いんです。キックから地道に得点を稼ぐことも、勝利に近づく大切な要素。キックを蹴る「スタンドオフ」というポジションの選手がいかに重要か、も試合を楽しむ上で重要なポイントになってくると思います。日本代表のスタンドオフは松田力也選手や李 承信選手が該当します。日テレの中継を観ながら探してみてください。

ラグビーは15人のメンバーから成り立ち、それぞれに決められているポジションがある。ポジションは8人のFW(フォワード)と、7人のBK(バックス)に大きく分けられ、さらにFWはフロントロー、セカンドロー、バックローに、BKはハーフバック、スリークォーターバック、フルバックに分かれる。

なかでも覚えておきたいポジションは…「ハーフバックス」! 以下の2つに分かれ、チームの攻撃を組み立てる重要な役割を担います。

・スクラムハーフ(SH)
フォワードとバックスの繋ぎ役。敏しょう性と的確で正確な判断力が必要とされるポジション。体が小さくても充分に活躍できる。

・スタンドオフ(SO)
バックスの攻撃の起点となるポジションで、チームの司令塔的役割を果たす。ラグビーへの理解度が高く、的確な状況判断と多種多様なスキルを駆使してゲームメイクを行うのが役割。

ラグビーワールドカップ2023フランス大会
オリンピック、サッカーワールドカップに並び「世界3大スポーツイベント」のひとつとされているラグビーワールドカップ。今大会ではチームキャプテンを姫野和樹選手、副キャプテンを流大選手が務め、ニュージーランド・オーストラリア・フィジーなど様々な出身地や国籍の選手で構成された新生チームJAPANで世界の頂点を目指します。大会期間:2023年9月8日(金)〜10月28日(土)※現地時間
開催国:フランス
日本テレビでは日本戦をはじめとする19試合を完全生中継!

撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE) 取材・文/伊藤綾香 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup