CLASSY.

特集

ラグビーW杯応援に必須!「赤×白ボーダー」コーデ7選【応援後も普段使いできる!】

日に日に盛り上がりを見せる、ラグビーW杯。強豪のアイルランドから大金星を挙げ、大一番のスコットランド戦に勝利して4連勝で予選リーグを突破したジャパンの快進撃に、日本中が熱狂しています。
現地で桜ジャージを着て応援…というのもいいけれど、友人や家族でテレビの前で観戦という方も多い様子。中でも「赤×白ボーダー」を使った応援コーデが人気です。先日の日本代表戦の前には、ECサイトではボーダーTが軒並み売り切れるなんて事態もあったそうです。
今回は試合観戦後もコーデで活用できそうな「赤×白ボーダー」を使ったコーデを、過去の「CLASSY.」で掲載されたものからご紹介します。人気ブランドの紅白ボーダーをぜひチェックしてみて。

赤&白ボーダー!JAPAN応援コーディネート

  • 毎年変わらず使える、身近なボーダートップス
    いつでも自然体でいられる王道のボーダーも、赤で。デニムとの組み合わせで小粋なレディを気取って。カジュアルすぎないように足元はパンプスに替えて、女性らしさをキープします。

    カットソー[ウェッソン・T3サイズ着用]¥10,000(セントジェームス /セントジェームス 代官山店)デニムパンツ¥14,000(ヘルシーデニム/ゲストリスト)ベレー帽¥4,500(CA4LA/CA4LA ショールーム)バッグ¥75,000(モダン ウィーヴィング /プラージュ 代官山店)バッグに結んだスカーフ¥6,242(バナナ・リパブリック)パンプス¥74,000(JIMMY CHOO)ブレスレット¥24,000(AURO RE HAVENNE/GALERIE VIE 丸の内店)イヤリング¥7,750(アビステ)『CLASSY.』2018年9月号P.53掲載

  • ボーダーコーデを小物で女っぽく格上げ
    カジュアルの代名詞といっても過言ではないボーダーカットソー。ともすれば子供っぽいイメージが強くなってしまいがちなところを、キャスケットと小さなバッグを合わせて今っぽくキレイめに。

    カットソー¥10,800(セントジェームス/セントジェームス代官山店)スカート¥15,400〈シップス〉ピアス¥15,400〈ホルヘ モラレス〉ストーンリング¥52,000〈ジェイハンナ〉(すべてシップス 有楽町店)キャスケット¥11,000(CA4LA/CA4LAショールーム)バッグ¥85,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)リング¥6,300(CYCRO)『CLASSY.』2019年9月号P.147掲載

  • デニムジャケットとも相性抜群の赤白ボーダーでクリーンに
    赤白のボーダーならご近所感が出ずお出かけにも最適です。適度に女らしさを演出してくれるので、スカートはもちろん、パンツでもすっきりとバランスよく。

    フラットサンダル[H1]¥10,000バッグ¥18,500(ともにダイアナ/ダイアナ 銀座本店)デニムジャケット¥15,000〈ヘルシー〉カットソー¥11,000〈ルミノア〉(ともにゲストリスト)スカート¥26,000(BYMITY)バングル¥14,000(Jouete)『CLASSY.』2018年6月号P.206掲載

  • 細ピッチの赤ボーダーをリジットデニムでエッジィに
    ボディにフィットする感じが心地いい、薄手の「マカフィー」のカットソー。ボーダーの赤に負けない濃いめデニムで仕上げます。

    カットソー¥7,500(MACPHEE/TOMORROWLAND)パンツ¥10,900(ドクターデニム/ザ センス)バッグ¥33,000(POTIOR/ショールーム セッション)パンプス¥46,000(ペリーコ/アマン)ピアス¥18,600(ガス ビジュー/ガス ビジュー 青山)『CLASSY.』2019年3月号P.77掲載

  • 赤スカートと組合せてヘルシーな女らしさを演出
    こちらも人気の「ルミノア」ボーダーカットソー。後ろがV空きになっていてほどよい肌見せができ、女らしくボーダーを着るためにぴったりのアイテムです。

    カットソー¥11,000(ルミノア/ゲストリスト)スカート¥89,000(ebure)バッグ¥36,140(ヌール バイ ドナテラ ルッキ/ZUTTOHOLIC)ピアス¥14,200(チビジュエルズ/チビジュエルズ・ジャパン)バングル¥22,000(フィリップ オーディベール/ノーリーズ&グッドマン銀座店)『CLASSY.』2019年3月号P.77掲載

  • 赤白ボーダー×ブルーでトリコロール配色に仕上げて
    フレンチブランドにはボーダーの名品多し。「アニエスベー」のカットソーにネイビーのパンツを合わせるて、王道配色を楽しんでみて。

    カットソー¥9,000(アニエスベー) Gジャン¥16,000(イエナ/メゾン イエナ) ネイビーパンツ¥52,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店) ベルト¥14,000(ミュラー オブ ヨシオクボ) 眼鏡¥37,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー) 手首に巻いたバンダナスカーフ¥7,800〈マニプリ〉 バッグ¥146,000〈フォースティン パリ〉(ともにミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店) バレエシューズ¥34,000(レペット/ルック)『CLASSY.』2016年12月号P.55掲載

  • 肌寒い日はトレンチでボーダー×デニムを格上げ
    赤白ボーダー×リジッドデニムの大人可愛いコーデの仕上げには、トレンチコートが相性抜群。寒くなってきた日の羽織りものにはぜひ。

    トレンチコート[ライナー付き]¥96,000(ア ピューピル/アメリカンラグ シー 渋谷店)ボーダーカットソー¥10,000(ルミノア/ゲストリスト)デニムパンツ¥17,000(ジェーン スミス/RHC ロンハーマン)キャスケット¥11,000(CA4LA/CA4LA ショールーム)バッグ¥373,000パンプス¥93,000(ともにロジェヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)時計¥28,000〈INDUNA〉ブレスレット¥55,000〈SERGE THORAVAL〉(ともにH.P.FRANCE)『CLASSY.』2017年5月号P.58掲載

シンプルな白×黒のボーダーもいいけれど、赤×白のボーダーもコーデの主役として活躍してくれるんです。これを機に、ボーダーを新調してみてはいかがでしょうか?
CLASSY.編集部一同、ラグビー日本代表を応援しております。頑張れ、ジャパン!

※本記事は過去の「CLASSY.」を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。
再構成/CLASSY.WEB編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE