カフェにレストラン、パン屋にスーパー…「鎌倉でここ行けば間違いないスポット」6選

今またオシャレ&グルメな人が集まっているこのエリア。三者三様のこだわりのスポットを惜しみなくシェアしてもらいました。

美食に、ピクニックに、海に…湘南・鎌倉デイトリップ

岸本:ちなみに、さくっと飲む際はどちらに行かれますか?
首藤:この間は最近鎌倉駅近くにできた時間(❺)というワインバーに行ってみました。鎌倉はナチュラルワインを多く揃えるお店が充実している気がします。夕方ちょっと早めの時間にワイン1、2杯と軽食をつまんでからディナーに繰り出すことが多く、そんな軽く飲みたいときにぴったりの1軒でした。本格的なお料理も揃っているので、ディナー利用にもよさそうです。
岸本:夕方からでも十分楽しめそうなので仕事を早めに切り上げて…なんてこともできますね!
岸本:私にとって湘南・鎌倉といえばビーチピクニック。朝に鎌倉駅に到着したらまず鎌倉市農協連即売所(通称レンバイ)に行きます。そこはワクワクする楽しいスポット!たくさんの食品店が軒を連ねていて、ピクニックに持っていきたい食料を買い揃えます。なかでも絶対に寄るのがDAILY by LONG TRACK FOODS(❻)。オシャレなデリや可愛い焼き菓子が揃っていてテンションがアガります。
首藤:レンバイの農作物直売所は鎌倉のシェフたちも利用すると聞いたことがあります。
岸本:レンバイを出たら鎌万水産(❼)というスーパーで新鮮でお値打ちなお刺身類を調達し、バゲットが欲しい日はBREAD IT BE(❽)へ。ワインに合いそうなパンがたくさんあって、つい買いすぎてしまいます。Latteria BeBè Kamakura(❾)というチーズ工房が併設されたピッツェリアで、大好きなブッラータチーズを買えばコンプリート!
西村:駅周辺にも魅力的なスポットが充実しているんですね!駅周辺の他におすすめなお店はありますか。
首藤:Ré galez-vous(❿)はレストランデザートが楽しめるお店で、目にも美しいデセールがいただけます。テイクアウト商品もあって、私は必ずカヌレを買って帰ります。でも待ちきれなくて、結局かじりながら歩いていたりしますけど(笑)。
岸本:カヌレをかじりながら鎌倉散歩…素敵。湘南・鎌倉が一番輝く夏本番が楽しみです!

\湘南・鎌倉ラバーの定番の過ごし方って?チームCLASSY.に聞いてみた!/

【CLASSY.Couples 西村 舞さん】
ほぼ毎週末(!)足を運んでいた時期もあるCLASSY.Couples代表。都内の自宅から車で現地へ向かう、マイカー移動派。ドライブで訪れる際のポイントは?
【CLASSY.ライター 首藤奈穂さん】
CLASSY.のフードコンテンツといえば!の人材。食連載「今月の2軒」「あの人の〝手みやげ〟リスト」担当。確かな審美眼で選ばれた推しグルメを取材。
【CLASSY.ライター 岸本真由子さん】
気づけば湘南鎌倉エリアの常連となっていたリアルCLASSY.世代。湘南鎌倉での定番コースは朝から現地で美味しい食料の買い出し→ビーチピクニック。

取材/岩本亜有美 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup