将来の不安がある状態で「フリーランスになってもいい人、ダメな人」元国税職員・さんきゅう倉田さんの回答は

働き方の多様化、副業や兼業の促進化を経て、フリーランスに転身する人が増えています。フリーで働くためにはどんな準備が必要?どうやって仕事を獲得しているの?事情に詳しい識者と、当事者たちに話を聞きました。

\私たち、フリーランス志望です!/

相談者Aさん(翻訳家志望) 現

相談者Aさん(翻訳家志望)
現在は教育関連企業の会社員。帰国子女でバイリンガル。英語力を生かせる翻訳の仕事がしたくて今年中に独立予定。

相談者Bさん(ジュエリーデザイ

相談者Bさん(ジュエリーデザイナー志望)
現在はNPO団体職員。子供の頃からの夢だった自分のジュエリーブランドを持つため資金数百万円を捻出中。

フリーランス志望の2人にさんきゅう倉田さんがアドバイス!

教えてくれたのは…

教えてくれたのは…
さんきゅう倉田さん(お笑い芸人・ファイナンシャルプランナー)

元国税職員。Twitterで発信される税やお金の話がわかりやすいと話題に。お金に関する講演会、執筆を行う。またこの3月に東京大学に合格。著書最新刊『フリーランスで生きていくために絶対知っておきたいお金と税金の話』(あさ出版)が発売中。Twitter@thankyoukurata

イラスト/Erika Skelton 取材/野田春香 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup