特集

【W杯】顔も中身も超イケメン!「ワールドカップ注目のサッカー選手」6選【決勝T進出国編】

W杯もグループリーグ全48試合が終了、いよいよ決勝トーナメントが始まります。ということで、頂点を目指す選ばれし16カ国の中からさらに厳選した6人のイケメンを選抜!題して「2022ワールドカップの優勝イケメンは誰だ?」編!

日本代表もチェック!

【W杯日本代表】顔も中身も超イケメン!「ワールドカップ注目のサッカー選手」4名

1.【ブラジル/アントニー選手(22)】金髪のワイルド系イケメンはスラム育ちの天才ドリブラー!

壮絶な幼少期に磨かかれたトップクラスのテクニックは必見!

1人目のイケメンは優勝候補ブラ
©AFP/アフロ

1人目のイケメンは優勝候補ブラジルのFWアントニー選手。
【所属クラブ:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、ポジションFW、身長174cm】
ワイルドで男らしい金髪のヘアスタイルに、ちょっとワルそうだけど整った顔立ち。PUMAのコラボレーションブランドのモデルに起用されていましたが、それも納得のイケメンです!ネイマール選手を筆頭に、世界でも屈指のテクニシャン揃いで有名なサッカー王国ブラジルですが、アントニー選手もその系譜に連なる天才テクニシャン。相手選手に囲まれても、予測不能な足技でいつの間にか置き去りにしてしまうドリブルが最大の武器で、観ていて最高に楽しい選手です。
そんなアントニー選手にはなんとも壮絶な生い立ちが。ブラジルでも指折りのサンパウロ郊外のスラム街、通称「ファベーラ」に生まれた彼は、家を出れば麻薬の売買があちこちで行われギャング抗争の銃声が年中響きわたる、本人曰く「地獄」のような環境で幼少期を過ごしました。小学生の時のある日、通学路をふさぐように横たわっていた死体を飛び越えて通学したという、想像しがたいエピソードも。サッカー選手になってそんな環境から抜け出すため、毎日必死にストリートでボールを蹴っていたといいます。「ピッチでプレッシャーを感じたことがない。(中略)学校に行くために死体も飛び越えるような環境で育っていれば、サッカーで怖い思いをすることはない」とインタビューで語っており、背負ってきたものの大きさ、そしてそのなかで身に着けた技術への自信が揺るがない理由がわかりますね。
死と隣り合わせのストリートで身に着けた彼のテクニックが、サッカー王国を20年ぶりの世界王者に導くのか…!その道のりを見逃せません!

2.【アルゼンチン/パウロ・ディバラ選手(29)】世界中の女性が酔いしれる!?甘いマスクと華麗なプレー

誰もが認める超絶イケメンは、「メッシの後継者」ともいわれる至宝!

2人目のイケメンはアルゼンチン
©ロイター/アフロ

2人目のイケメンはアルゼンチンのエースFWパウロ・ディバラ選手。
【所属クラブ:ローマ(イタリア)、ポジションFW、身長177cm】
エメラルドのような深緑の瞳が印象的な、完璧すぎる顔面。その容姿ゆえに、世界中に女性ファンが数え切れないほど存在するのが、アルゼンチン代表のディバラ選手。これまでも「世界のイケメンサッカー選手」的なランキングで何度も上位争いをしてきており、もしイケメンワールドカップなるものがあれば優勝候補だと思います(笑)。
今大会をもって代表引退と噂されるメッシ選手が率いる攻撃陣の中でも彼は随一の実力者です。正確なキックにテクニカルなドリブル。その創造的なプレーゆえに若い頃から、「メッシ2世」と呼ばれてきたスター選手であり、イタリア屈指のビッグクラブ・ユベントスで長年エースとして得点を量産してきました。近年、コンディションを落として活躍できない時期もありましたが、夏に同国のローマに移籍してから完全復活。逆転でのワールドカップ出場をつかみました!
ディバラ選手といえば有名なのが、独特のゴールパフォーマンス。手の親指と人差し指でVの字を作って顔の下半分を覆い隠すようなポーズで、通称“ディバラマスク“と呼ばれています。本人曰く、「古代ローマの剣闘士の仮面」をイメージしているといいます(マニアック…)。
ディバラ選手も尊敬する世界最高のスター、メッシ選手の悲願のワールドカップ優勝をサポートするゴールと代名詞のディバラマスクが見られるのか、決勝トーナメントでは大注目です!

3. 【フランス/アントワーヌ・グリーズマン(29)】フランス代表の”顔担当”はプレーもスーパーカッコいい!

フランスの怒涛の攻撃は、この男から始まる!

3人目のイケメンはフランスの攻
©Abaca/アフロ

3人目のイケメンはフランスの攻撃の中心、FWアントワーヌ・グリーズマン選手。
【所属クラブ:アトレティコ・マドリード(スペイン)、ポジションFW、身長175cm】
ブランドの香水のモデルをやってそうな雰囲気の、色気たっぷりのイケメン(伝わってほしい!)。カッコいい選手が多いフランス代表の中でも「顔担当」といえるルックスで世界中にファンが多い選手ですが、実力もチームトップクラス。何かと爆速FWムバッペ選手が注目されるフランスですが、彼の絶妙なパスや位置取りからフランスの攻撃は始まると言っても過言ではありません!ムバッペ選手のスーパーゴールをアシストしたデンマーク戦など、グループリーグではゴールこそなかったものの3戦通してMVP級の活躍!改めて不可欠な選手であることを世界に知らしめました。前回フランス代表が優勝した際もグリーズマン選手は、チームの中心として活躍。彼とムバッペ選手のホットラインがフランス代表の生命線なので、フランス戦ではぜひ注目してみてください!
グリーズマン選手といえばその奇妙なゴールパフォーマンスも有名!オンラインゲーム「フォートナイト」の滑稽な“エモートダンス”を踊ってみるなど(ゲーマーらしいです)、ゴールだけでなくパフォーマンスでも魅せます!シュートもめちゃくちゃうまい選手なので、決勝トーナメントでは彼のゴールシーンと思わず笑ってしまうパフォーマンスをぜひ期待したいですね!

4.【イングランド/メイソン・マウント(23)】まさに理想的な英国紳士!甘いマスクと鋭いキックは必見

イングランドの未来担う若き天才は、真面目な好青年!

4人目のイケメンはイングランド
©Maurizio Borsari/アフロ

4人目のイケメンはイングランドの中盤のキーマン、MFメイソン・マウント選手。
【所属クラブ:チェルシーFC(イングランド)、ポジションMF、身長180cm】
カッコよさとカワイさを兼ね備える端正な顔立ち。そしていかにも真面目そうな、英国紳士っぽいイケメン!実際の性格も真面目そのもので知られ、幼い頃からサッカー漬けの日々を送りながらも、練習に向かうバスで宿題を終わらせるなど、文武両道、品行方正で手のかからない子供だったというマウント選手。6歳で同国屈指の名門チェルシーFCのユースに入団してから常に天才少年として期待され続け、今ではトップチームでも中心選手。
プレースタイルは、なんといってもその正確で鋭いキックが代名詞。1本のパス、シュートで試合を変えられる選手です。そして、真面目で実直な性格の通り、守備にも献身的に走り回ります。未来のスター選手があふれるイングランド代表のなかでも、若き中心選手として君臨するにふさわしい素晴らしい逸材です!
またその人柄から、チームメイト、特に同世代の選手たちと仲がいい人気者で、こちらも不動のスタメン、守備的MFのライス選手とは大親友。いつもサッカーゲームを一緒にしており、一昨年、コロナの流行が始まり自宅隔離が命じられる中、二人で草サッカーをしていてクラブから厳重注意を食らうという意外なエピソードも!若さゆえの過ちですね!
昨年は、ドイツ編で紹介したハヴァ―ツ選手らとともに欧州チャンピオンズリーグで優勝を勝ち取り、すでに欧州王者の称号を得ているマウント選手。今回、その若さで世界王者の称号までも手に入れてしまうのか…注目です!

5.【ポルトガル/ジョアン・フェリックス(23)】超負けず嫌いの「ロナウドを継ぐ」若き天才!

天才的なセンスと端正なマスクを持つポルトガルの未来!

5人目のイケメンはポルトガルの
©アフロ

5人目のイケメンはポルトガルの若きエース、FWジョアン・フェリックス選手。
【所属クラブ:アトレティコ・マドリード(スペイン)、ポジションFW、身長179cm】
あどけなさの中にワイルドさもある、端正なルックス。そのイケメンさゆえに世界中にファンの多いフェリックス選手(僕もその一人です!)。
ポルトガル屈指の名門・ベンフィカで17歳にして頭角を現し、国内ではC・ロナウド選手の再来だと騒がれた、早熟の天才選手です。強烈なシュート力や華麗なドリブルなどプレー面でもそうですが、強烈なエゴと負けん気の強さがまさしく若き日のロナウド選手を思い出させます。多少強引でも自分でゴールを狙いに行く姿勢や、ときに不本意な交代を命じられると悔しさを爆発させ地面を蹴り上げるさまなど、スターになるための強いメンタリティを感じます!19歳にしてスペインの名門アトレティコ・マドリードに150億円という前代未聞の移籍金で移籍してからも順調にスターへの道のりを歩んでおり、今回のグループリーグでもガーナ戦で見事なゴールを決めています。
そんな若きサッカーモンスター、フェリックス選手ですがプライベートでは意外と穏やからしく、ポルトガルでも有名らしいモデルの彼女(超美人です!)と、趣味のEゲームを楽しむさまをSNSにUPしたり、普段は意外と普通な感じの好青年。
今回は、自らも尊敬する大スター、ロナウド選手の最後といわれるワールドカップ。フェリックス選手が決勝トーナメントで大活躍を果たし、ポルトガルのエースのバトンを受け取ることができるのか、目が離せません!

6.【モロッコ/ハキム・ツィエク(29)】大躍進モロッコの不動の中心!その「魔法の左足」に注目

エキゾチックなイケメンはモロッコ代表の「神」!

6人目、最後に紹介するイケメン
©PA Images/アフロ

6人目、最後に紹介するイケメンはモロッコの絶対的中心、MFハキム・ツィエク選手。
【所属クラブ:チェルシーFC(イングランド)、ポジションMF、身長181cm】
エキゾチックでワイルドなイケメン。濃い顔がタイプの方は、その目力にやられること間違いなし!
そんなツィエク選手は、モロッコの絶対的な中心選手です。サッカー強豪国でないモロッコに現れた世界的選手として、国内では「神」のように崇められています。日本代表監督も務めた、前モロッコ代表監督のハリルホジッチ氏が、ツィエク選手と衝突して彼を代表から追放した際、国民から大バッシングを受け逆に自分が監督を辞任させられるというエピソードがそれを物語っています(ハリルさんかわいそう…)。
選手としての特徴は、なによりもその世界最高峰の左足。どこからでもピンポイントで魔法のようなパスを味方に届けられます。今回、ベルギー、クロアチアと並ぶ厳しいグループで首位突破を果たしダークホースとして注目されているモロッコ代表。その攻撃はすべてツィエク選手を経由すると言ってもよいです。
そんなツィエク選手ですが、実はオランダ出身!モロッコ系移民の両親のもと生まれ幼い頃から神童として知られ、オランダ最高の名門アヤックスで若くして中心に。2019年には、レアル・マドリードなど世界屈指のビッグクラブを次々に撃破し、欧州チャンピオンズリーグでベスト4を成し遂げた奇跡のメンバーの一員として世界に知られ、イングランドの名門チェルシーに移籍。昨年は、上述のマウント選手らとともに、もう一つの母国オランダで果たせなかった欧州王者の夢を叶えました!
ベスト16では、日本がまさかの勝利を飾ったスペイン代表と激突するモロッコ代表。勢いに乗るモロッコは、ツィエク選手を中心に日本に続いて波乱を起こせるのか!?注目です!

豊富なW杯イケメンの中から厳選した6名、いかがでしたか?これを読んでぜひ日本戦以外の試合も観てみてくださいね!次回は、日本代表が決勝トーナメントでぶつかるクロアチア代表のイケメンを紹介します。ご期待ください!

筆者プロフィール

まや/出版社勤務のアラサー男子。サッカー観戦歴は15年近く…だったが、近頃は競馬にもハマり中。ワールドカップでサッカー熱カムバック!

協力/AFLO 構成/CLASSY.編集部

こちらも読まれています!

【W杯日本代表】顔も中身も超イケメン!「ワールドカップ注目のサッカー選手」4名

【W杯】顔も中身も超絶イケメン!「ワールドカップ注目のサッカー選手」【ドイツ代表編】

【W杯】顔も中身も超絶イケメン!「ワールドカップ注目のサッカー選手」3選【スペイン代表編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus