特集

吉岡里帆さん「中村倫也さんと初共演で、印象は『つかみどころがない感じ』!?」特別インタビュー

映画やドラマ、舞台に引っ張りだこの二人が『ハケンアニメ!』で映画初共演。働く人すべてが胸を熱くする〝お仕事ムービー〟にちなみ、それぞれのお仕事への思いに加え、読者のお悩み相談にも回答!同世代のトップランナーたちからのリアルな言葉をお届けします。

吉岡里帆さん&中村倫也さんに悩みを質問!【自分の代わりなんて誰でもできると思うと、心が折れそう】

――お二人が個性の違う監督を演じた、映画『ハケンアニメ!』。完成作を観た感想は?

吉岡「面白い!って思いました。

吉岡「面白い!って思いました。舞台はアニメ制作現場ですけどメッセージは普遍的で、仕事をしている人たちみんながどれかのキャラクターに感情移入できる。すごく胸熱なお仕事ムービーだなと思いました。大人になって、ここまで〝好き〟を極めようとしている人たちの裏側が見えるのも新鮮だなと思いました」
中村「僕もシンプルに面白かったです。この仕事も長いですし、自分が関わってる作品ならなおさら、シンプルに面白いって思うことが減ってきてるんですけど。役者の自分にはアニメ業界のもの作りが近くに感じられて、より親身にシンパシーを感じたところがありましたし、それぞれの監督を支える人たちとその関係性が優しく感じられて。里帆ちゃんも言ってたけど、大人になってこれだけ好きなものに熱くなれるって単純に美しいと思えました」

――今作が初共演でした。お互いの印象は?

吉岡「お会いする前はすごく器用

吉岡「お会いする前はすごく器用な人っていうイメージでした。器用で浮遊感のある人っていうのかな。ヒントがないっていうか…」
中村「ふふ(笑)。ミステリアスみたいな?」
吉岡「いや、ミステリアスではない!(笑)つかみどころがない感じの浮遊感があって、器用で持論がすごくありそうなイメージでした」
中村「ははは(笑)。めんどくさいじゃん(笑)」
吉岡「そうは言ってないです!(笑)今作では役として見ていましたが、その後に舞台で共演したらお人柄が垣間見えて…。器用なイメージだったけど、そう見えるのは裏側にすごい量の努力があるからだってわかりました。毎朝誰よりも殺陣の練習されるんです。しかも本番に入ってからもですよ。稽古場で死ぬほど練習して完成した空気になっていても、なお練習をしている中村さんを見てカッコいいなって思ってました。でもつかみどころがないのは今も変わらない(笑)」
中村「僕は、真面目でひたむきで一生懸命ないいコって思ってました。それは今もそのとおりなんですけど、愛すべきポイントをいっぱい見つけましたね。なんか頑固だったり、微妙にプライドが高かったり(笑)。気にしいだなと思ってたら、そこは気にしないんだってこともあったり(笑)。あと真面目が一周するとパンクするみたいな(笑)。愛すべきところがいっぱいありましたね」

――同世代の働くCLASSY.読者に向けてメッセージをください。

吉岡「私からしたら、皆さんカッ

吉岡「私からしたら、皆さんカッコよすぎます。会社勤めの経験がないから簡単なことは言えませんが、ただただ、働いてるあなたは美しい!って思います」
中村「はは、布施明さんの歌みたい(笑)」
吉岡「しかも読者の皆さんはきっと美意識も高くて仕事に対しての向上心も高くて、日々、努力されてると思います。私も頑張りますので一緒に頑張りましょう!って気持ちです」
中村「こういう言い方がいいのかどうかわからないけど女性のほうが繊細だし、まだまだ苦労の多い時代じゃないかなって僕は感じているんです。大変だなって思います。そんななかでファッション雑誌を買うという美意識の高さがすごいなって思います。学生の頃ならまだしも大人になっても意識してるのは偉いなって。あと今日のインタビューで総じて読者の方に言いたいのは、『厳しいこと言ってごめんね』って。今作の役の王子のように極論を言いますが、スタッフのこともすごく考えてるんだよってお伝えください(笑)」

吉岡里帆
ʼ93年1月15日生まれ 京都府出身 血液型B型●ʼ17年ドラマ『カルテット』での好演が話題に。最近の主な出演作品はドラマ『レンアイ漫画家』、映画『泣く子はいねぇが』、舞台『ベイジルタウンの女神』『白昼夢』、劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』など。映画『ホリックxxxHOLiC』が4月29日(金)、『島守の塔』が今夏公開予定。

中村倫也
ʼ86年12月24日生まれ 東京都出身 血液型A型●ʼ18年NHK連続テレビ小説『半分、青い。』に出演、人気を博す。最近の主な出演作はドラマ『この恋あたためますか』『珈琲いかがでしょう』、映画『水曜日が消えた』『人数の町』『ファーストラブ』『騙し絵の牙』『ウェディング・ハイ』、舞台 劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』など。

映画『ハケンアニメ!』 直木賞
©2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

映画『ハケンアニメ!』
直木賞受賞作家、辻村深月の小説の映画化。アニメ業界で闘う者たちを描いた、熱血エンタテインメント。世界に誇る日本のアニメーションの現場を舞台に、チャンスをつかんだ新人監督・斎藤瞳を吉岡里帆、崖っぷちの天才監督・王子千晴を中村倫也が演じる。その他の出演/柄本 佑、尾野真千子ほか。監督/吉野耕平 原作/辻村深月『ハケンアニメ!』(マガジンハウス刊)●5月20日(金)公開

〈吉岡さん〉デニムジャケット¥96,000パンツ¥367,000ピアス¥110,000(すべてボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジ ャパン)

撮影/花村克彦 ヘアメーク/北原 果〈吉岡さん〉、Emiy〈中村さん〉 スタイリング/圓子槙生〈吉岡さん〉、小林 新〈中村さん〉 取材・文/駿河良美 撮影協力/EASE 再構成/Bravoworks.Inc

「インタビュー」関連記事

吉岡里帆さん&中村倫也さんに聞いた「お仕事論」!読者の悩みをぶつけてみたら…

吉岡里帆さん&中村倫也さんに悩みを質問!【苦手な上司との上手な付き合い方が知りたい】

中村倫也さんに4つの質問!「一番リラックスできるのは、スーパーで野菜を選んでいるとき」!?

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus