特集

30代女子の家は「買う/借りる」どちらが正解?【物件のレベル編】

人生で多くの人がいちばんお金を使うのが住居費。なんとなく賃貸のままできたけど、そろそろ買ってもいいかも…と物件購入を検討し始めた時に気になるのは「購入と賃貸、どちらが得なのか」問題。もはや永遠のテーマといってもいい、この問題について本気で考えてみましょう。

30代女子の家は「買う」「借りる」どちらが正解?念のため検討してみたら…?

「買う」「借り続ける」のメリット・デメリットを比較!

「買う」「借りる」それぞれにメリット・デメリットがあります。自分が重視する条件を比較検討してどちらがよいか見極めて。

【物件の仕様・レベル】

クオリティの高い物件を望むならやっぱり分譲が◎

【買う】一般的には同じ金額でよ

【買う】一般的には同じ金額でよりクオリティの高い物件に住める可能性が高いのは分譲。部屋の仕様を重視したい人は自分で買ったほうが安く住めるということになります。
【借りる】賃貸のオーナーとしては利回りを最優先に考えるため、仕様はできるだけコストカットされていると考えてよいでしょう。オーナーにとって仕様のよさは利回りの悪化につながります。分譲賃貸物件に住めば仕様のよい部屋に住めますが、そのぶんオーナーはローンや管理費、固定資産税などよりも高く貸したいと思っているため、割高になる可能性が高いでしょう。

\住宅とお金の問題なら任せ!/

風呂内亜矢さん/ファイナンシャルプランナー
26歳の時に貯蓄80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®を取得。著書も多く、様々なメディアやYouTube『FUROUCHI vlog』などでお金に関する情報を発信。

イラスト/カツヤマケイコ 取材/加藤みれい 再構成/Bravoworks.Inc

「お金」関連記事

女性が一生独身だった場合のお金の問題|①やっぱり老後に2000万円必要?

女性が一生独身だった場合のお金の問題|②今のうちにムダな出費を減らす方法3選

女性が一生独身だった場合のお金の問題|③将来のためにお金を増やす方法3選 

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus