特集

30代女子の家は「買う」「借りる」どちらが正解?念のため検討してみたら…?

人生で多くの人がいちばんお金を使うのが住居費。なんとなく賃貸のままできたけど、そろそろ買ってもいいかも…と物件購入を検討し始めた時に気になるのは「購入と賃貸、どちらが得なのか」問題。もはや永遠のテーマといってもいい、この問題について本気で考えてみましょう。

老後も賃貸なら2000万円では足りない!?「30代女子の賃貸と購入、どちらが得?」最新物件事情編

「買う」「借り続ける」のメリット・デメリットを比較!

「買う」「借りる」それぞれにメリット・デメリットがあります。自分が重視する条件を比較検討してどちらがよいか見極めて。

【将来の安心感】

将来の住居費を抑えたいなら家を買うというのも一つの選択

【買う】持ち家があればローン完

【買う】持ち家があればローン完済後は住居費は維持費のみとなるため、退職後など将来的には住居費の負担が軽くなるという安心感が。
【借りる】賃貸の場合、オーナー側で住民の年齢を60歳まで、65歳までと区切っている物件もあるので、老後は若い頃より借りられる物件の選択肢が絞られる可能性も。その一方で自治体ごとに高齢者へ対応した賃貸物件に対して補助金をオーナーに支払う取り組みもあり、今後は制限が緩和されていく方向になりそう。

\住宅とお金の問題なら任せ!/

風呂内亜矢さん/ファイナンシャルプランナー
26歳の時に貯蓄80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®を取得。著書も多く、様々なメディアやYouTube『FUROUCHI vlog』などでお金に関する情報を発信。

イラスト/カツヤマケイコ 取材/加藤みれい 再構成/Bravoworks.Inc

「お金」関連記事

「FIRE」という仕事に縛られない生き方、何の略か知ってますか?

年収350万円会社員が「3年で4700万円を貯めた時にしていたこと」6つ

貯金0円から「2年で1800万円を貯めた」OLがしていたこと2つ

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus