特集

冬の朝におすすめの「上手なエアコン暖房の使い方」とは?【血圧調査の意外なデータも】

1年の中でも特に寒さが厳しい時季を迎えています。寒くなると人の体は体温を逃さないように血管を収縮させるため、血圧が上がりやすくなるのだそう。特に起床時は一日のうちで最も血圧が上昇しやすいので要注意です。その対策として有効なのが「エアコン暖房」。今回は、家電で有名な「三菱電機霧ヶ峰」に三菱電機とオムロンヘルスケアが共同で行った実験結果と、冬の起床時のエアコン暖房の活用方法について伺いました。

1年の中でも特に寒さが厳しい時

大雪時に役立つ!プロに聞いた「エアコンの事前対策&対処法」【突然止まってしまったときは…】

1.起床時にエアコン暖房を使用している人はわずか 22.8%!

  • 1年の中でも特に寒さが厳しい時

    今回、三菱電機 霧ヶ峰PR事務局が実施した「冬の起床時のエアコン暖房利用状況」に関するインターネット調査の結果、冬の就寝時のエアコン暖房使用状況について、「就寝時は使用していない」人が半数以上を占め、「就寝中はつけっぱなしにしている」人が14.0%、「起床前に入りタイマーを利用している」人が5.3%、「入りタイマーと切タイマーを同時に利用している」人が3.5%となり、起床時にエアコン暖房を使用している人は22.8%しかいないことがわかりました。

  • 1年の中でも特に寒さが厳しい時

    さらに、就寝時にエアコン暖房を使用している人に「室内のどの辺りの温度を意識して設定温度を決めているか」質問したところ、56.9%の方が「部屋全体」と回答しました。

  • 1年の中でも特に寒さが厳しい時

    また、調査対象者全体のうち、「冬は血圧が高くなりやすい傾向がある」と知っている人は59.3%

  • 1年の中でも特に寒さが厳しい時

    「起床時は、一日のうちで血圧が一番高くなるタイミングである」と知っている人は43.2%という結果になりました。

2.冬の起床時は、エアコン暖房の入りタイマーを1時間以上前から設定するのがおすすめ!

三菱電機とオムロンヘルスケアは、男女248名に対し、起床1時間前までに寝室のエアコンで部屋を暖めた場合(エアコンの入タイマー機能使用)とエアコンを利用しない場合について、家庭血圧(※自宅で測定した血圧量)を測定して血圧上昇を比較しました。

  • 三菱電機とオムロンヘルスケアは

    実験の結果、グラフ5の通り、エアコンを利用した場合の血圧上昇は3.1mmHg、エアコンを利用しない場合は5.0mmHgとなり、エアコン暖房を利用した方が血圧上昇は1.9mmHg低くなることが分かりました。

  • 三菱電機とオムロンヘルスケアは

    さらに、特に起床時の血圧上昇が大きい人(※)の場合は、起床時にエアコンを利用した場合、利用しない場合よりも平均で5.3mmHg低くなっており、起床前から室内を暖めることにより血圧上昇が緩和されやすいことがわかりました。
    ※日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン 2019」より就寝時に対する起床時の血圧上昇の平均が15mmHgを超えると、血圧上昇に起因する病気の発症リスクが高まると報告されています。

3.起床時の室温管理は「床付近の室温」に注目!

先ほどの実験では、起床前からエアコンを利用して室内を暖めた方が、血圧の上昇を抑えられることが分かりました。

先ほどの実験では、起床前から

さらに、血圧が上昇した件数の割合を、「床付近」と「床から高さ1m」での温度帯別に比べてみたところ、「床から高さ1m」よりも「床付近」の温度をコントロールすることで起床時の血圧の上昇を抑えられることが分かりました。
各場所の室温を20°C以上まで暖めた場合。前述の調査のグラフ2から、就寝時にエアコン暖房を使用している人で「室内のどの辺りの温度を意識して設定温度を決めているか」という設問で、56.9%の方が「部屋全体」と回答していたとおり、室温設定に関しては「部屋全体」を意識している方が過半数でした。足首は温度の差を感じやすい部位とされています。通常、室温は床から高さ1m前後を計測しますが、冬の起床時は、血圧上昇を想定して足首に近い「床付近の温度」を意識してみましょう

4.冬はちょっとした工夫を取り入れて血圧に配慮した生活を

日本高血圧協会の理事長である島本 和明先生が解説!

今回の実験では、起床前に寝室

今回の実験では、起床前に寝室内の温度を上げておくことによって、多くの被験者の方の血圧上昇の幅が抑えられるという結果でした。寝室から寒い廊下などに移動する際の急な気温変化の影響で血圧が急上昇することがありますが、部屋の移動だけでなく、起床時にも注意が必要です。暖かい布団から寒い寝室に出た時や、裸足で冷えた床に接した時などは血圧が上昇しやすくなります。そのような時は、暖房機器のタイマーを使い起床時の室温を調整しておく、暖かい室内用の履物を準備しておくなどの工夫をすることで、血圧変動のリスクを下げることができます。寝室の中であっても血圧上昇のリスクがあることを注意喚起するという点で今回の実験は有意義なものだと言えます。

<男性は30歳、女性は40歳から家庭で血圧測定をはじめましょう>
高血圧は自覚症状がありません。高血圧を発症するタイミングは男女で異なりますが、男性は女性よりも早く発症する傾向があります。男女ともに50歳を超えると半数以上が高血圧になるといわれています。高血圧は上手に血圧をコントロールすることで、脳・心血管疾患のような重大疾病の発症リスクを下げることができます。男性は30歳から、女性は40歳から家庭での血圧計測を開始することを強くお勧めします。

三菱電機はお悩みを解消する情報を発信中。

三菱電機はエアコンにまつわるよくあるお悩みに耳を傾け、役立つ情報を発信しています。
https://www.MitsubishiElectric.co.jp/home/kirigamine/special/oshiete/
<快適に過ごすためのお役立ち情報一覧>
冬の睡眠の質に満足していない人が6割以上!?睡眠のプロが教える寒い冬でも快眠できる環境づくり!
~「冷え」「乾燥」に悩む女性は、同じ悩みを抱える男性に比べ2倍以上も多い~
https://www.MitsubishiElectric.co.jp/home/kirigamine/special/oshiete/pdf/201208.pdf
エアコン暖房の2大お悩み「電気代が高い」「暖まらない」の解消方法!買い替えるだけでは解消できない!?賢い冬のエアコン選びのためにおさえておきたいポイント
https://www.MitsubishiElectric.co.jp/home/kirigamine/special/oshiete/pdf/201218.pdf
冬、部屋での勉強に集中できない学生が約6割!受験・テレワークにもおすすめ専門家が教える「集中できる冬の室内環境」づくり
https://www.MitsubishiElectric.co.jp/home/kirigamine/special/oshiete/pdf/211207.pdf

【インターネット調査概要】
■グラフ1~4
調査対象者:東京・大阪在住の 20-69 歳の男女 600 名
調査方法:インターネット
調査期間:2021 年 12 月 3 日(金)~12 月 5 日(日)

【実験概要】
■グラフ 5~7
調査対象者:国内在住の20-70歳の男女248名 ※4日間以上データを取得できた人を有効とした(202名)
調査方法:調査期間の半分は起床時にエアコンを利用せず、調査期間の残り半分は、起床 1 時間前までに入タイマー機能を使ってエアコンをつける条件で過ごし(設定温度は任意)、就寝前・起床後に家庭血圧を測定した。
調査項目:温湿度寝室において、床付近、床から高さ1mの2カ所で、10分間隔の連続測定家庭血圧(最高血圧/最低血圧)寝室において、就寝前、起床後の1日2回測定
調査期間:2019 年 3 月 17 日(日)~4 月 20 日(土)のうち、各世帯 14 日間(98 名)、2019 年 12 月 1 日(日)~2020 年 2 月 8 日(土)のうち、各世帯 20 日間(150 名)合計 248 名

構成/CLASSY.ONLINE編集室

「エアコン」関連記事

【うわ…クサ!】「エアコン」あの嫌なニオイを1時間で簡単に解消するワザ

「おすすめのエアコン」26選【部屋のサイズ別】Amazonで買える

春にしないとNG!「エアコン」の点検すべきポイント

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus