特集

『マタ・ハリ』Wキャスト記念! 主演を務める柚希礼音さん&愛希れいかさんに直撃。

宝塚歌劇トップスターとして絶大な人気を誇り、現在は女優として活躍している柚希礼音さん。柚希さん主演により日本で初上演されたミュージカル『マタ・ハリ』の再演が決定! 3年前の初演に引き続き主演を務める柚希さんに加え、宝塚歌劇団の後輩であり元トップ娘役の愛希れいかさんも主演キャストに。W主演を務めるお二人に、『マタ・ハリ』についての“ここでしか聞けない”エピソードを聞いてきました。

PROFILE

柚希礼音●1999年、85期として宝塚歌劇団入団。2009年、星組トップスターに就任。6年を超えてトップを務め、2014年には武道館リサイタルの成功を収めるなど、多くの伝説を作る。2015年、退団。退団後も舞台、ミュージカルを中心に活躍中。

愛希れいか●2009年、95期として宝塚歌劇団入団。2011年、月組トップ娘役に就任。娘役としては異例のバウホール単独主演を果たす。2018年、退団。退団後も「エリザベート」でタイトルロールを務めるなど、ミュージカルを中心に活動。

宝塚時代にはなかった“Wキャスト”に戸惑いも…

『マタ・ハリ』再演おめでとうご

『マタ・ハリ』再演おめでとうございます! 出演オファーに対してのお気持ちを教えてください。

柚希さん:大好きな役を、また演じることができるなんて本当に嬉しいです! 再演でハードルが上がっているので、身の引き締まる思いもありつつ、3年経った、今の私だからできるマタ・ハリを演じたいなって思います。

愛希さん:あの『マタ・ハリ』の再演に出ることができるんだ!という喜びは大きかったですが、それと同じくらい緊張もあって。喜びと緊張が半々です。でも、すごく素敵な作品なので、参加できて光栄ですね。

今回Wキャストでマタ・ハリを演じることについて、どう感じていますか?

柚希さん:宝塚時代って、Wキャストの経験がほぼなかったので、退団後にWキャストで舞台に出演したときは、戸惑いました。もともとあった自分の良さまで、わからなくなることがあったくらい。今回は3年前に演じた作品の再演なので、初演時の私と今の私も比べられるのかなって…。でも、お稽古場にもう一人のマタ・ハリがいると、心情の捉え方や演技について、自分とは違う視点を知ることができるんです。今はWキャストの相手も初演の自分も、いい刺激をもらえる存在って思えるようになりました。

愛希さん:私もWキャストには慣れていなくて。退団後に初めてWキャストで出演したときは、お相手が宝塚の上級生の方だったので「自分なんか…」と恐縮してしまい、下がってばかり。でも、それってWキャストの相手にもお客さまにも失礼だって気づいたんです。それからは気持ちを切り替え、同じ役をやらせてもらうのだから責任を持ってしっかりやるぞ!という気持ちで挑むようにしています。

柚希さん:Wキャストの相手を比べられる存在とネガティブに感じるのではなく、「今マタ・ハリ役を深めているのはこの二人しかいない!」という絆を感じる方が大切だと思っています。3年前の気持ちも重ねて、私だからできるマタ・ハリを作り上げたいですね。

愛希さん:私にとって柚希さんは憧れの存在なので、「あのマタ・ハリに私も参加できるんだ!」という喜びも大きい反面、お稽古場で柚希さんと自分のマタ・ハリを比べて落ち込んでしまうことも多いかなと思ってます。でも、素敵な作品に参加できることをありがたく思いつつ、自分を見つめられるいいチャンスだと思って前向きに進んでいきたいです!

“皆から好かれなくてもいい”という価値観を愛したい

今回お二人が演じる、第一次世界

今回お二人が演じる、第一次世界大戦下に活躍した女スパイ、マタ・ハリ。個性的なキャラクターを持つ人物ですが、お二人はマタ・ハリについてどう感じていますか?

柚希さん:きれいことだけでは済まされない人生を、女を使って生き延びる。生きていくためにはしたたかな女性ですが、恋をするマタ・ハリは少女のように純粋で。一言では言い表せない、多面的な魅力と人間味が溢れるキャラクターだと捉えています。

愛希さん:同じ女性として、自分をさらけだして、自分自身を武器にしていく姿は尊敬します。泥臭い、汚い部分は人間誰しも持っていますが、それを周りに見せられる勇気はすごいなと。お稽古が進んで演じていくうえで、たくさん刺激を受けるんだろうなって思います。

柚希さん:私は、その奥に “ピュアさ”があるところが好きなんです。マタ・ハリという強烈な人物のことを“好きじゃない”と感じる人の方が多いかもしれませんが、マタ・ハリも「皆から好かれたい」と思ってないと私は思うんです。そんなマタ・ハリを愛して、思いっきり演じたいですね。

“好かれたい”ばかりじゃ新たな道が閉ざされてしまう

人間関係って「どうせなら人から

人間関係って「どうせなら人から好かれたい」と思ってしまいがちですが、お二人はどうでしょうか?

柚希さん:私は宝塚の男役だったので、3年前にマタ・ハリという役をもらったとき、女を武器にした役だしお腹を出す衣装も着るので、ファンの方たちはどう思うだろうと不安に感じていたんです。でも、勇気を持って挑んだら、ファンの方たちがとても喜んでくれて。女を武器にした役だとか露出が多いとか、そんなことはファンの方は気にしていなくて、一生懸命に役に向かう私を応援してくれるんだ!ってわかったんです。皆に好かれようとだけ思っていたら新しいことに挑戦できていなかったので、そういう視点で考えるとマタ・ハリの生き方に学ばせてもらった感じですね。

愛希さん:私はずっと娘役をやってきたので、男役のファンの方に好かれたいと、そこばかり追求してきました。八方美人で皆に好かれなきゃって思っていたので…自分で言うのもなんですが、女性に好かれるにはどうすればいいかというのは得意なんです(笑)。でも、最初に無理してしまうと、ずーっと無理しないといけなくて、結局続かない。関係が続いていくのは自分をさらけだしてダメなところをいっぱい見せた人。例えば宝塚の同期とか。無理して作り出した自分じゃなく、恐れずに本当の自分を見せた方がいい関係が築けるんじゃないでしょうか。もしそれでダメだったら、また次頑張ればいいって思っています。とはいっても、やはり好かれたい気持ちもあるし、なかなか難しいですよね。

JO1


お互いの人間関係に対する価値観も交えつつ、『マタ・ハリ』について熱く語ってくれたお二人。全く違う二人のマタ・ハリを観られる舞台が待ち遠しいですね。次回は、宝塚の先輩・後輩である関係を軸にお話を伺います。今だから言える宝塚トークも満載ですので、お見逃しなく!

ミュージカル『マタ・ハリ』公演情報

フランク・ワイルドホーンの美し

フランク・ワイルドホーンの美しく雄弁な音楽が、歴史に名を残した一人の女性の“愛と悲劇の物語”をドラマティックに描くミュージカル『マタ・ハリ』。主人公マタ・ハリをWキャストで演じるのは、2018年の日本初演で圧倒的な存在感とカリスマ性で観客を魅了した柚希礼音と、マタ・ハリ役初挑戦となる愛希れいか。チケット好評発売中。

東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
日程:2021年6月15日(火)~27日(日)
刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
日程:2021年7月10日(土)・11日(日)
梅田芸術劇場メインホール
日程:2021年7月16日(金)~20日(火)

https://www.umegei.com/matahari2021/

フォトギャラリー(全画像を見る5枚)

<衣装詳細>
(柚希さん)ドレス¥191,400ブーツ¥107,800/ともにステラ マッカートニー(ステラ マッカートニー カスタマーサービス tel. 03-4579-6139)ピアス¥20,900/シー•ミー(アッシュ・ペー・フランス tel. 03-5778-2022)

(愛希さん)トップス¥46,200/セルフポートレート(IZA tel.0120-135-015)パンツ¥72,600/3.1 フィリップ リム(3.1 フィリップ リム ジャパン tel.03-6433-5011)その他/スタイリスト私物

撮影/神戸健太郎 ヘアメーク/黒田啓蔵<Iris>(柚希さん) 杉野智行<NICOLASHKA>(愛希さん) スタイリング/間山雄紀<エムゼロ>(柚希さん) 山本隆司(愛希さん) 取材/よしだなお 編集/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

元宝塚・七海ひろきさん再登場!「5月の着回しDiary」のストーリーは?|CLASSY.2021年6月号

元宝塚娘役トップスターが教える「崩れないメーク」3選【綺咲愛里さん】

【宝塚】元タカラジェンヌ・咲妃みゆさんの「真冬の保湿スキンケア」3選

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE