特集

【衣替え】冬のニットの「適切な洗い方と収納方法」

衣替えをするこの時季、冬物の片付けに頭を悩ませる方も多いのでは?実は、ゴールデンウィーク前にお手入れをしておかないと「虫食い」の原因になってしまうのだそうそこで、今すぐできる『冬物の適切な洗い方と収納方法』をお洗濯のプロが伝授します。今回は「ニット編」です。

夏の「ブラトップ」の正しい洗い方&収納方法【洗濯マイスターが徹底解説】

冬物の「しまい洗い」はなぜGW前まで?

今年は例年より暖かい日が続いたものの、週末に天候が崩れお洗濯ができなかったりと、冬物の「しまい洗い」のタイミングに迷っている方も多いと思いますが、「しまい洗い」のリミットは、ずばり「ゴールデンウィークが終わるまで」
これは、衣類を食べる害虫がGW明けの時期から成虫になり、衣類に卵を産み落とす可能性があり、産み落とされた卵は孵化して幼虫になって衣類を食べてしまうこともあるからです。ちゃんと洗ったはずなのに、翌シーズンに取り出してみたら、虫食いの穴が…。食べこぼしや皮脂などの汚れがついていると、さらに虫食いの原因になりますので、GWが終わるまでに「しまい洗い」をしておきましょう。

「ニット」の適切な洗い方

汚れをしっかり落とし、縮みや型崩れを防ぐ

ポイント ニットの縮みを防ぐに

ポイント
ニットの縮みを防ぐには、ニットに適した洗剤と洗濯機の「おしゃれ着コース」「ドライコース」などの弱水流コースや手洗いでやさしく洗う事がポイントです。さらに、洗濯ネットに入れて洗うと縮みや型くずれ防止になります。

  • ポイント ニットの縮みを防ぐに

    【STEP1】まずは自宅で洗えるか、洗濯表示をチェック
    洗い始める前に、必ず洋服のタグに書かれている「洗濯表示」をチェックしましょう。
    写真のようなマークがついていたら、洗濯機、または手洗いで洗うことができます。

  • ポイント ニットの縮みを防ぐに

    【STEP2】虫食いを抑えるため、洗う前に汚れをしっかり落とす
    何度も着た衣類はもちろん、1度しか着ていない衣類でも、そのまま収納せずに、お洗濯してから収納しましょう。また脇の下やエリ・そでの気になる汚れには、「おしゃれ着用洗剤(例.アクロン)」の原液を、黄ばみや食べこぼしには、「液体酸素系漂白剤(例.ブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェル)」を直接塗ってからお洗濯しましょう。

  • ポイント ニットの縮みを防ぐに

    脇の下やエリ・そでの気になる汚れには「おしゃれ着用洗剤(アクロンなど)」の原液を。

  • ポイント ニットの縮みを防ぐに

    黄ばみや食べこぼしには「液体酸素系漂白剤(ブライトSTRONG 漂白&抗菌ジェルなど)」

  • ポイント ニットの縮みを防ぐに

    【STEP3】畳んで「洗濯ネット」に入れる
    「洗濯ネット」に入れると、他の衣類と絡んだり、型崩れするのを防げます。

  • ポイント ニットの縮みを防ぐに

    【STEP4】「手洗いコース」「おしゃれ着コース」「ドライコース」など弱水流のコースで洗う
    ニットのような伸縮性のある洋服は、標準コースで洗える表示であっても、型くずれを防止し、風合いよく仕上げるために、弱水流のコースを選ぶのがおすすめです。さらに、消臭・防臭効果のある柔軟剤(例 .ソフラン プレミアム消臭)を併用すると、静電気の発生を抑えたり、衣類の汗のニオイを消臭・防臭することができます。

  • ポイント ニットの縮みを防ぐに

    【STEP5】すぐに取り出して、形を整えて干します
    干す時にニットが伸びたり型くずれしたりしないように、次のポイントをチェック。
    1. 干す前に、たたんでから両手でたたいて、シワを伸ばす
    2. 「平干し専用ネット」を使うか、お風呂のフタの上などに「平らに」干す

  • ポイント ニットの縮みを防ぐに

    3. 竿にかける場合は、袖が垂れないように、身頃と一緒にかける

  • ポイント ニットの縮みを防ぐに

    「ロングカーディガン」「ニットワンピース」の干し方は?
    濡れた重みで丈が伸びたり、ハンガーの跡がついたりしないように、手のひらでたたくなどして形を整えてから日陰に平干ししましょう。平干しネットがない場合は、大きめのバスタオルを敷き、その上に平らに広げて干します。もしくは、ハンガーを3本使ってM字干しします。その時、ハンガーにタオルを巻いておくと、すべり止めやハンガー跡の防止にもなります。

「ニット」の収納方法と防虫剤のポイント

ニットやカットソーは引き出しや衣装ケースに立てて収納

ニットや、カットソーなどの衣類

ニットや、カットソーなどの衣類は、引き出しや衣装ケースなどにたたんで「立てて収納」すると、衣類の重みでしわがつくのを防げるのでおすすめです。また、害虫は光を避け、下の衣類に移動するといわれているので、立てて収納するほうが虫食いの予防にもなります。

教えてくれたのは…お洗濯マイスター 大貫 和泉さん

お洗濯マイスター 大貫 和泉

お洗濯マイスター 大貫 和泉
(消費生活アドバイザー、繊維製品品質管理士 健康予防管理専門士)
プロフィール:
洗濯用洗剤などの製品開発・調査に約20年携わってきました。母親としての経験と研究活動を融合し、日々のお洗濯に役立つ情報をわかりやすくお伝えしていきます。
https://lidea.today/about

情報提供:
アクロン https://acron.lion.co.jp/
ソフラン https://soflan.lion.co.jp/
ブライトSTRONG https://bright.lion.co.jp/[/hidefeed]

編集/菅谷文人(CLASSSY.ONLINE編集室)

「洗濯」関連記事

洗濯機のおすすめ13選【2021年最新版】Amazon人気モデルの選び方

【洗濯】「ナイトブラ」の適切な洗い方【お洗濯マイスターが徹底解説】

夏の「ブラトップ」の正しい洗い方&収納方法【洗濯マイスターが徹底解説】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE