特集

「コロナうつ」になるリスクが高い人の傾向【生活習慣の変化を調査】

コロナ禍となり1年。すっかり様変わりした生活様式の中、「体調や精神面が不安定になりがち…」という方も多いのでは?そこで、先日行われた「新型コロナウイルス感染拡大に伴うライフスタイルの変化と健康についての調査」(AI健康アプリのユーザーを対象)、結果を発表します。そこには、誰もがなりうる「うつ病」のリスクが潜んでいることが発覚。当てはまる項目がないか、今すぐチェックして!

◆あわせて読みたい

「うつっぽい」と思ったときの症状&チェックリスト12個

1.うつのリスク

勤務時間が増加した人では、うつリスクが1.73倍高い

2020年4~5月に発出された

2020年4~5月に発出された緊急事態宣言中の、生活習慣の変化とうつリスクの有無について、アンケート調査を行い、勤務状況や生活パターンの変化とうつリスクの関係を明らかにしました。全体のうつリスクを1としたとき、「平日に歩数が減少」した人は1.22倍、「女性」で1.58倍、「勤務時間が増加」した人は1.73倍、うつのリスクが高い状態でした。一方、「在宅ワークへ移行」できた人では0.83倍と、全体に比べてうつのリスクが低いことが分かりました。

2.勤務状況と歩数の減少

男性の在宅ワークで約1,500歩/日 マイナスと、歩数が大幅減少

1日6時間以上仕事をしている方

1日6時間以上仕事をしている方をフルタイム勤務、6時間未満をパートタイム勤務とし、緊急事態宣言前 (2020年1月1日~2月29日)と緊急事態宣言期間中(2020年4月7日~5月13日)の平日の平均歩数を比較しました。その結果、女性に比べ男性の歩数が減少していました。中でも、在宅ワークに移行した人の歩数の減少幅が大きく、男性で約1,500歩、女性で約1,400歩の減少がみられました。フルタイム勤務では、男性で約1,300歩、女性で約1,000歩の減少でした。

3.専門家からの意見

(京都大学大学院 佐藤 豪竜先生)

勤務・生活状況の変化とうつリスクの関連を明らかにした研究はほとんどない
新型コロナウイルスの流行に伴う自粛生活で、うつのリスクが高まることは、すでに多くの研究で指摘されています。しかし、歩数の減少や在宅ワークへの移行がうつリスクとどのように関連しているかは、ほとんど報告されていませんでした。コロナ禍でのこれらの勤務・生活状況の変化とうつリスクの関連を明らかにした研究は、私たちの知る限り世界初です。

今回の私たちの研究では、在宅ワークに移行した人は、出社を続けた人に比べてうつリスクが2割程度低いという相関関係が明らかになりましたが、「在宅ワークをすればうつリスクが下がる」というような因果関係までは必ずしも言えないことに留意が必要です。また、先行研究では、在宅ワークによって座位の時間やスクリーンタイムが増えることが示唆されており、長期的な健康への影響については、今後の研究が待たれます。

昨年の緊急事態宣言と今年の緊急事態宣言とでは、勤務・生活状況への影響が違う人も多いと思われます。ご自身で「カロママ」などの健康アプリを使って、昨年と比較して歩数や運動状況がどのように変化したか見直してみると、面白い発見や改善点が見つかるかもしれません。

(京都大学大学院 教授 近藤 尚己先生)

エッセンシャルワーカーには通勤や勤務量の過多で強いストレスか
緊急事態宣言中に仕事時間が増えた方の抑うつリスクが高く、テレワークに移行できた方は抑うつになりにくい、という結果は大変興味深いです。テレワークできない、いわゆるエッセンシャルワーカーと呼ばれる方々などが、通勤が大変だったり勤務量が多いといった理由でストレスフルな状況となっていたのかもしれません。

新型コロナウイルスの蔓延を機会に、働く場を選ばない新しい仕事のスタイルが普及することを期待します。今回のデータはAI健康アドバイスアプリ「カロママ」利用者のものであり、健康づくりに比較的関心があり、スマホ等を高度に使いこなせる人が多いなどの特徴を持っている可能性があることに留意して解釈すべきでしょう。

今回調査した AI健康アドバイスアプリ「カロママ」とは

毎日の食事や運動、体重などの記録に、AI管理栄養士がすぐにアドバイスをする、ダイエットや健康管理を考えているすべての方向けのAI健康アドバイスアプリです。アプリに食事を記録すると独自のアルゴリズム・AIにより、カロリー計算、栄養バランスの評価をはじめ、食事の改善点や次の食事の提案まで、2億通り以上のアドバイス がリアルタイムに自動で提供されます。また、スマホ内蔵の歩数計やウェアラブルデバイスとデータ連携することで、運動量も自動的に取り込むことができます。
iOS: https://apps.apple.com/jp/app/id1085945549?l=ja&ls=1
android: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.lc.caloriemama

コロナが与える、私たちの影響。今後もCLASSY.ONLINEではお知らせしていきます。
構成/CLASSY.ONLINE編集室

「コロナ」関連記事

「コロナ太り」急増中!?太ってしまう人の共通点とは?【生活習慣の変化を調査】

【実態調査】コロナによるメンタル不安は約5割!緊急事態宣言後に「労働時間は増加」も

コロナ時代でも、アラサー女子が欲しくなる服10選「シャツワンピ」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE