プロが本気でオススメするチョコレート3選|オランジェット編

365日欠かさず食べるほどチョコレートが大好き!チョコレートスペシャリストの資格ももつライターの伊藤が、最近食べた美味しいおやつをご紹介する本企画。今回は“オランジェット”です。チョコレートの甘さと、柑橘の皮の苦味と酸味がマッチして、たまらない美味しさなんですよね。

太陽をたっぷり浴びた南イタリアのオレンジが美味!

VESTRI「スコルツェッテ(オレンジピール・スライス)」

爽やかなオレンジとビターチョコのバランスが最高

ドゥバイヨル「ラビラント オランジェット」

しっかりと果肉感のあるオレンジ

しっかりと果肉感のあるオレンジピールにビターチョコレートがコーティングされていて、甘さとほろ苦さのバランスが絶妙!オランジェットは、薄っぺらいものよりもフルーツの旨味を楽しめるものが好きなので、こちらは私の“どタイプ”です。シャンパンや白ワインと一緒に、鼻に抜けるオレンジの爽やかさを楽しんでみてください。箱のデザインがカラフルで可愛く、また価格も1,000円ほどと購入しやすいので、ちょっとしたプチギフトにもピッタリかと思います。

オランジェットを口いっぱいに頬張れる幸せ…

ベルアメール「パレショコラ オランジェット」

ベルアメールを代表するパレショ

ベルアメールを代表するパレショコラ(直径約6cmの丸い板チョコレート)。種類がたくさんあって、見た目がとにかく可愛いのでギフトとしてよく購入するのですが、自分用にはオランジェットをイメージしたこちらを。ベルアメールさんでは、細切りタイプのオランジェットもあり、そちらももちろんオススメですが…ガブりと大きな一口でかじって得られる幸福感ってありますよね(笑)大人味のビターと、しっかりとした甘さに浸れるホワイト、どちらがお好みか食べ比べてみてください。

オレンジピールの砂糖漬けとチョコレートというシンプルさが魅力のオランジェット。それだけに、そのお店の特徴がはっきりとでるスイーツでもあります。是非、自分のお気に入りを見つけてみてください。

取材/伊藤綾香

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup