特集

アラサー美女のキレイの秘密♡ヘルシークッキング3選【❶夏目頌子さん】

おうちごはんの回数が増えた今、料理のレパートリーを増やしたいという人も多いはず。ただ同時に気になるのは、コロナ禍で太った問題! だからこそ私たちの理想は、美味しくてヘルシーであること。料理上手なCLASSY.リーダーズ3人に、とっておきのヘルシーレシピを教えてもらいました。第1回は、自炊生活でダイエットに成功したという夏目頌子さんが登場!

あわせて読みたい

簡単ヘルシー「日替わりサラダ」レシピ6選|おうちご飯のマンネリ解消

①海老とほうれん草のクリームパスタ

★POINT! ①生クリームや

★POINT!
①生クリームや牛乳、バターは使わずに、豆乳だけで!
②グルテンフリーパスタを選んでよりヘルシーに。
③アンチョビペーストがない場合は、コンソメを少し多めにするのがオススメ。味見をしながら調節してください。
④ほうれん草は冷凍のものを使うと、茹でて切る手間が省けて便利!

【材料】1人分

グルテンフリーパスタ…1人分
むき海老…7〜8尾
冷凍ほうれん草…60g
ニンニク(みじん切り)…1片
玉ねぎ(みじん切り)…1/4個
レモン…1/2個
アンチョビペースト…小さじ1
白ワイン…大さじ2
豆乳…100ml
オリーブオイル…大さじ2
コンソメ…ひとつまみ
塩…適量
ブラックペッパー…適量

【作り方】
①フライパンでオリーブオイル(大さじ1)を熱し、ニンニク、玉ねぎ、アンチョビペーストを入れて、玉ねぎがしんなりするまで炒める。
②あらかじめ塩を振っておいた海老を入れ、火が通るまで炒める。
③ほうれん草(冷凍のままでも可)を加えてしんなりしてきたら、白ワインを入れて強めの中火にし、アルコールを飛ばす。
④豆乳を加えて弱火に。塩とコンソメで味を整え、レモンを絞る。
⑤茹でたパスタとオリーブオイル(大さじ1)を入れて和える。
⑥お皿に盛り付け、仕上げにブラックペッパーをかけて完成。

②STAUBで作る鯛のアクアパッツァ

★POINT! ①低カロリーで

★POINT!
①低カロリーでも栄養豊富なヘルシーレシピです。あさりは缶詰にしたり、鯛は一匹ではなく切り身に、海老は殻付きではなくむき海老を使うことでより手軽に!
②STAUBを使うと具材からたくさん水分が出るので、水なしでも美味しく仕上がります。普通のフライパンの場合は、少し水を足してみてください。

【材料】2~3人分

鯛の切り身…2匹
むき海老…80g
あさりの水煮…1缶
セロリ…1/2本
ミニトマト…10個
レモン…1/2個
オリーブ…適量
ニンニク…1片
ローズマリー(お好みのハーブ)…適量
オリーブオイル…大さじ2
白ワイン…大さじ3
塩…適量
ブラックペッパー…適量

【作り方】
①鯛に塩を振る。ニンニクはみじん切り、セロリは薄切り、レモンは数枚スライスして残りは取っておく。
②鍋にオリーブオイル(大さじ1)を熱し、ニンニクを香りが出るまで炒めたら、セロリを入れて軽く炒める。
③セロリの上に鯛を並べ、海老、あさり缶(汁ごと)、トマト、オリーブを周りに入れる。
④軽く塩を振り、白ワインをかける。レモンスライスとローズマリーをのせて、鍋に蓋をする。
⑤中火にかけて、蓋の隙間から蒸気が出たら弱火にして4〜5分煮る。
⑥仕上げにオリーブオイル(大さじ1)とブラックペッパーをかけ、レモンを絞って完成。

③グルテンフリー・バナナパンケーキ

★POINT! ①お砂糖やバタ

★POINT!
①お砂糖やバターなしのヘルシーなパンケーキです。甘さは控えめになります。
②米粉と大豆粉は2:1の割合がオススメ。しっとりした仕上がりに。
③トッピングのシナモンとベリーは抗酸化力もあって、オススメの組合せ!

【材料】1人分

バナナ…1本
米粉…40g
大豆粉…20g
ベーキングパウダー…4g
アーモンドミルク(豆乳などでも可)…100ml
シナモンパウダー、フルーツ、ナッツなどお好みのトッピング

【作り方】
①バナナをボウルに入れてフォークなどで潰す。
②そこへ米粉、大豆粉、ベーキングパウダー、アーモンドミルクを入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
③フライパンを弱火で熱し、生地を丸くなるように入れる。
④蓋をして熱し、表面に穴が空いて周りの生地が少し乾くまで焼く。ひっくり返して蓋をして、反対側も焼き色がつくまで焼く。
⑤お好みのトッピングをのせて完成。

レシピを教えてくれたのは…CLASSY.LEADERS 夏目頌子さん(29歳・IT関連会社勤務)

ペーパーアイテムを中心としたフリーデザイナーとしても活躍中。コスメも食事もナチュラル派で、ヘルシーなライフスタイルに注目が集まる。本誌では新連載「こちらCLASSY.編集部 Cosme Kichin班」を担当。 Instagram▷@shokonatsume
ペーパーアイテムを中心としたフリーデザイナーとしても活躍中。コスメも食事もナチュラル派で、ヘルシーなライフスタイルに注目が集まる。本誌では新連載「こちらCLASSY.編集部 Cosme Kichin班」を担当。 Instagram▷@shokonatsume

レシピ考案・撮影/夏目頌子(CLASSY.LEADERS) 取材/広田香奈 構成/CLASSY.編集部

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus