特集

バチェロレッテ裏話❸「僕らが福田萌子さんに本気で恋した瞬間」【杉ちゃん&黄皓&ローズ特別対談】

Amazon Prime Videoで配信された、恋愛リアリティ番組「バチェロレッテ ・ジャパン」。その衝撃的な結末が話題になり、様々な物議を醸し出しました。恋愛リアリティ番組の枠を超えて、今を生きる男女のリアルな恋愛や結婚観、そして葛藤までもさらけ出し、私たちアラサー世代の女子に強烈なインパクトを与えました。そこでCLASSY.ONLINEでは、初代バチェロレッテを取り巻いた魅力的な男性3人にインタビュー。黄 皓さん、當間ローズさん、杉田陽平さんに番組の裏側からあの時の真実。そして初代バチェロレッテ・福田萌子さんについて、さらに私たちアラサーが幸せになるためのヒントを一緒に探っていきましょう!
今回は、実は本気じゃない参加者もいた!?その真相と今、アラサー女子がいちばん知りたい福田萌子さんの魅力、そして本気で恋に落ちた瞬間まで、「番組内やスタジオでは語りつくせなかったカメラの裏側の真実と3人の本音をぶっちゃけトーク」スタートです!

※インタビューにはネタバレ的な内容を含みますのでご注意ください

バチェロレッテ裏話【前回の話】

バチェロレッテ裏話❷「萌子さんはルールを守るべき」!?【杉ちゃん&黄皓&ローズ特別対談】

左から今回インタビューした、當間ローズさん、黄 皓さん、杉田陽平さん。
左から今回インタビューした、當間ローズさん、黄 皓さん、杉田陽平さん。

POINT①萌子さんの第一印象は美の女神。そして超リアルな視点を持った現代的な女性だった!

―――今回印象的だったのは、旅を進めるうちに参加男性みんなが福田萌子さんに本気になっていったこと。実際に会ってみたら「ちょっと違った!」、とか「タイプじゃなかった!」なんてこともあるはずなのに…。そんな誰もが夢中になってしまう福田萌子さんの魅力、アラサー女子なら喉から手が出るほど知りたいです!さっそく男性陣3人にはリアルな男目線で語っていただきましょう。まず福田萌子さんの第一印象について教えてください。

「萌子さんはアフロディーテ、まさに美の女神」by 當間ローズさん

當間ローズさん(以下、ロ)「僕
當間ローズさん・歌手
「愛と筋肉のハイブリット」
強烈なビジュアルと一途なまっすぐな愛で、圧倒的存在感を放つ。いつの間にかそのクセの強さに夢中になってしまったアラサー女子も多いはず。

當間ローズさん(以下、ロ)「僕は番組中でも言っていたんですが、まさに萌子さんはアフロディーテ、美の女神様。本当に美しくって。あとすごく話を聞いてくれる方というのもあって。あの…僕が初登場した時の歌&ボディタッチも…ちゃんと受け止めてくれた!普通あんなことしたら引いてしまいますよね!(苦笑)」
黄皓さん(以下、黄)「僕は参加前に福田萌子さんという存在は知っていたんですが、あえて先入観を持たないように、彼女のSNSなどを一切見ないようにしました。見た目の第一印象は美しい人だなって。でも最初は敷居が高い人なのかと思っていた。彼女が主役だし、賢い人だし…もっと非現実的な人なのかなあと思っていた。でも旅を重ねていくうちに萌子さんって“超リアルな人”だなって。人を見るポイントや、言葉の表現力など。僕らの内面のさらに内側まで見ようとするし、目線のひとつひとつまで見ようとする、鋭い人なんだなってどんどん印象が変わっていきました」
杉田陽平さん(以下、杉)「………………(しばし沈黙)どう言ったら伝わるかな。とにかく何事にも向き合い方が本当に真摯な方だなって。17人の参加男性全員としっかり向き合うって、すごく疲れること。特に最初は夜の撮影だったし長時間だったし。この人はいいけど、この人はそうでもないとか、ムラがあるはずなんだけど、でも萌子さんは17人全員に平等に向き合ってチャンスをくれた。旅の目的に対しても真剣に向かっていた。真実の愛を見つける真剣さが最初に伝わってきました

POINT②萌子さんの目の前で嘘は決してつけない、すべてが見透かされてしまう!

「萌子さんはバツグンに眼差しのセンスがいいんです」 by杉田陽平さん

ローズ「もう、とにかく彼女の前
杉田陽平さん・画家
「アートで愛を奪い取れ」
CLASSY.編集部の大穴予想だった“杉ちゃん”。そのセンスと美しいフレーズにうっとり❤︎ 出場者No.1の変身と成長を遂げていくプロセスは絶対に見逃さないで。

ローズもう、とにかく彼女の前で嘘は絶対につけないよ。僕は相手の目をずっと見るタイプなんだけど、すべて見透かされてるんだって僕は思った。萌子さんは、人と向き合って中身まで見ることができる人なんだって。それが一番すごいと思います」
「そうなんですよね。萌子さんってひとことで言うとセンスが抜群にいい!ルールや時間の制限のある中で、人を選んだり落とさなくちゃいけない。その判断に自信が持てないって日もあると思うんですよ、絶対に。でも引きずらずに、翌日になったらちゃんとリセットできている。自分が考え抜いて出した答えに自信が持っているし、ネガティブなこともちゃんとリセットして新しい現実と向き合える。そういった現実との向き合い方や捉え方にすごくセンスがある。言葉の選び方も同じことがいえると思う。僕の言語で言うと、“眼差しのセンスがすごい”ですよね。だから、見透かされてるんだろうな思うんです。萌子さんは仮説を立てるのがうまいんですよね。例えば僕に対しての最初の印象は『なんだか初対面で情報が少ないけど、噛めば味の出るタイプっぽいから今落とすのは惜しいかな?』と考えてくれたんじゃないかって思うんです。そういう選択や決定もセンスじゃないですか。それで僕はチャンスをもらったんだから、すごく頑張りたくなりますよね
「萌子さんが僕にも使ってくれた言葉でもあるんですけど、萌子さん自身も人としての幅がある方だなって。17人の個性がずらっと並んで個性の方向も散らばっているのに、それを一方的に決めつけたりせずに、その人に合ったポジションから会話をしたり、向き合ってくれる。それって、人としての幅が広いんだなって思うんです。八方美人って言葉、日本だと悪く使う傾向があると思うんですけど、その人に合わせてその人に気を使って立ち振舞える人の幅があるって素晴らしいことだと思うし、萌子さんはその幅がある。分かりにくい表現はその人に合わせて噛み砕いてくれたり、自信がない人にはその人に寄り添ってくれるし、自信がある人にもその人に対する行動や言葉の使い方で接してくれる。これって素晴らしいなって思った。その人のポジションに立って会話ができるから、感受性豊かに涙を流したり、怒ったりできる。人して素晴らしいなって思う」
ローズ「萌子さんは選べる立場なんだし、『私とは合わないね。ありがとうございました〜(さよなら!)』ってできる立場なのに、きちんと相手の話を聞いて寄り添えるって、体力も頭も使うしすごいことだと思う。そういう女性ってなかなかいないよね

PONT③3人が本気になった瞬間、共通点は“ふとした瞬間”だった!?”

―――どんな相手も否定せずに対等な目線と言葉・姿勢で向き合えるって、まさに大人の女性ならではの魅力であるし、私たちアラサーもぜひ取り入れたい姿勢ですね。しかも頭でわかっていても実際に相手と向き合うってすごく体力のいること。魅力的なアラサーにはそういったタフさも必要だなっと改めて実感しました。では次に3人が福田萌子さんにマジで本気になった瞬間をぜひ、教えてください。

「まさか、あんな瞬間まで見られていたなんて…その時、心が動いた」by黄皓さん

ロ「僕は台湾の花火だね。本気に
黄皓さん・実業家
「僕はバチェラーの親友」
貿易やジムを経営する実業家。ルックス・仕事・性格・男子メンバーからの人望の厚さまで、パーフェクトのCLASSY.編集部一番の推しメン。しかし台湾で思わぬ、行動に出て…。

僕は台湾の花火だね。本気になった!」
黄「ノッキー(榿澤涼太さん)のストールンローズを断った後のデートだね。あの後デートする方もきっと複雑だったよね…」
「あの時は不思議な気持ちだった。悲しい気持ちと嬉しい気持ちとぐちゃぐちゃの状態。そんな気持ちの中でも二人が寄り添いあった瞬間だったんだよね。『お互いのためにここにいて、何か大切なものを二人で共有してるんだな』って思った瞬間ですよね。悲しいって気持ちを共有して、心と心が繋がった気がしたんだよね。もちろんデート中なんて会話が全然弾まなかった。でもお互い抱き合っていて。その後にバラを渡してくれた時にハグしたんですけど。僕、他のメンバーよりもたくさん萌子さんとハグしてきたと思うんですけど(笑)あの時のハグが一番心と心が繋がった!魂レベルで繋がったハグだった。萌子さんもきっとそう。特別なハグだったと思う」
「僕が本気になった瞬間は実は2段階あって。台湾での1on1の温泉デートだと思われがちなんですが…それまで僕は全然出番なかったので(笑)実は違うんです。温泉デートもきっかけにはもちろんなったんですが、実は僕が『萌子さんって本当に素敵だな』と思ったのは、すごく何気無いところで。実家に行く前に僕の仕事場に行って、2人で話している時に萌子さんが「ローズセレモニーの時って、黄さんっていつも正面向いてるよね」って、言ってくれた時だった。『あれは私にプレッシャーを与えないようにしてくれているんだよね』って萌子さんが言ってくれてハッとした。振り返るとチャミ(北原一希さん)がバラを受け取れず帰る時に、僕ら男子メンバーがめちゃくちゃ寂しくってぐちゃぐちゃに泣いてしまって。でも僕も悲しいけど、泣くのをこらえてなるべく前に行かないように立っていたの。『僕らが抱き寄せ合うことで萌子さんはどう思うだろう』って考えてね。これは僕らの友情物語じゃないし萌子さんの旅なんだから。だからギリギリまで後列にそのまま立っていたんだけど。でも最後は耐えきれずチャミに駆け寄っちゃって…でも萌子さんはそれも全部見ていた。萌子さんは僕に『黄さんはあの時もずっとその場にいてくれていたよね』って伝えてくれた。その時に萌子さんは僕のことをスペシャルに見てくれてるんじゃないかなって安心感があってその瞬間、心の中で何かが動いた。そこまでは僕も萌子さんに対して素敵な人だな…ってくらいだったのにね、実は(笑)」

POINT④クールで勝気な実業家・黄皓がまさかの涙を流した本当の理由

―――視聴者側も序盤は黄さんが萌子さんに対して本気かどうか、全くわからなかったです…!

それまでは本気じゃなかったというか…別にそこまですぐに人を本気で人を好きになれませんからね!普通に(笑)でもこれがきっかけで僕この人なら一緒に生きていけるかもって思ったんだよね!一番最初にそう思った、本気になった瞬間だったんです
「あとはもう1回目は最後、屋久島でデートさせてもらった時の『黄さん、今日はリスクヘッジをしないで、さらけだしてね』って言われて。僕泣くつもり全然なかったんですけどね、本当になんだか、涙が止まらなくなってしまって。それまで2カ月近くいろんなことを考えながら…人からの見られ方、伝わり方、自分の立ち振る舞い方とかにジレンマを感じながらそこにいたのに、全てを彼女に見透かされていて。「今日だけは何も考えずにそばにいてほしい」と言われた時にホッとしてなんだか涙が止まらなくなっちゃって…。あの瞬間から、この人は本当にパートナーとしていて欲しいなって思った。あの後も実は長い間、二人で一緒にご飯を食べて、相当な時間を一緒に過ごしたんだけどね。帰りの車とか一人でもう、号泣。自分のホテルまで30〜40分ずっと号泣。「本気で好きなのかも」って、自分の感情が爆発した。そこまでは…なんというか、僕も正直悩みを抱えながら進んであの食事に行ったわけですよ。これってリアリティショーとはいえ、結婚に向かっていく結構重いものだから。初めはこんな気持ちでバラを受け取っていいのかな?このまま進んでもいいものかな?って、ジレンマを抱えながら進んでいったんだけど。あの瞬間から本気でバラを受け取りたいって思うようになって。僕は自分も選ばれるだけじゃなくて、パートナーを探しに『バチェロレッテ・ジャパン』に参加していたので。だから萌子さんもそれをわかっていた。だから『私を断ってもいいからね』って、対等な存在として向き合ってくれたんです」

―――最初は萌子さんに対して本気で好きかどうかわからないように見えて、ある意味、鋭くてどこか冷たい印象もあった完璧な実業家の黄さん。終盤につれてどんどん人間らしく感情を出している様子には、視聴者側にも共感が湧いてさらにその魅力に引き込まれていきました。そんな風に自分の殻や仮面をうまく外して本心をさらけ出させるのも、萌子さんが本気で対等な目線で向き合ってくれたからなんですね!では、杉田さんが本気になった瞬間はいつだったんですか?やはり、あの台湾のランタンデートですか?

「“こんな人が世の中にいたらいいよな”って女性が目の前に現れたんだ」

杉ちゃん「実はその前、沖縄での
杉田陽平さん・画家
「アートで愛を奪い取れ」
CLASSY.編集部の大穴予想だった“杉ちゃん”。そのセンスと美しいフレーズにうっとり❤︎ 出場者No.1の変身と成長を遂げていくプロセスは絶対に見逃さないで。

杉ちゃん「実はその前、沖縄でのサバイバルデートであることに気付いてくれたからなんです。あっ。萌子さんってこういうところにもちゃんと気付いてくれるんだって確信しました。さらに「こっちのグループには杉ちゃんがいると思った!」って言ってくれて、本当に鋭い人だなあって。もし自分が女性だったら『こういう女性になりたいなあと思う人。こんな人世の中にいたらいいよなあ…」と、ずっと思い描いてきたような女性が目の前に現れた。なかなか今、この現代社会でそういうわけにもいかないじゃないですか。いくら心がキレイな男性がいても、親との相性だったり、経済的な問題だったりで優先度が低くなってしまうことってありますよね…。でも萌子さんは違って。価値観とか、世界をどう見ているかのフィルターを大事にするタイプだなって。それで素敵な女性だなって思ったのがその沖縄での出来事なんですね。あ、でも実はこの時、僕も萌子さんがどれだけ気づいている人なのか試したり、仕掛けていたんですよ!?」

杉ちゃんは実は策士だった!?から、次回はあの名シーンの裏側についてトーク!

―――それは驚きです!第4回は、バチェロレッテで初回の弱虫キャラから一番の成長を遂げ、日本中が応援した杉ちゃんこと杉田陽平さんが、実は萌子さんを試していたという衝撃の事実について詳しく語ってもらいました。【杉ちゃんは実は策士だった!?から、あの名シーンの裏側】をお楽しみください!


バチェロレッテ・ジャパンとは?

誰もが憧れる要素を兼ね備えたパーフェクトな独身女性=バチェロレッテが主役となり、多数の男性参加者の中から、未来の結婚相手を選びぬくバチェラーの男女逆転バージョン。初代バチェロレッテ・ジャパンに選ばれた福田萌子さんのパートナーの座を狙うべく、全国から集った男性陣は、実業家、料理研究家、画家、歌手、旅作家、職業も国籍も年齢も様々。バチェラーに引き続き、豪華でロマンチックなデートや国内外の旅を通じて繰り広げられる、男性陣の熱いバトルや友情も見どころ!
https://www.amazon.co.jp/dp/B085QH1H6D

撮影/中田陽子 取材/さとうかな子 構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus