特集

バチェロレッテ裏話❷「萌子さんはルールを守るべき」!?【杉ちゃん&黄皓&ローズ特別対談】

Amazon Prime Videoで配信された、恋愛リアリティ番組「バチェロレッテ ・ジャパン」。その衝撃的な結末が話題になり、様々な物議を醸し出しました。恋愛リアリティ番組の枠を超えて、今を生きる男女のリアルな恋愛や結婚観、そして葛藤までもさらけ出し、私たちアラサー世代の女子に強烈なインパクトを与えました。そこでCLASSY.ONLINEでは、初代バチェロレッテを取り巻いた魅力的な男性3人にインタビュー。黄 皓さん、當間ローズさん、杉田陽平さんに番組の裏側からあの時の真実。そして初代バチェロレッテ・福田萌子さんについて、さらに私たちアラサーが幸せになるためのヒントを一緒に探っていきましょう!
白熱した前編に続き、第2回目は、あの衝撃の結末について、一体どう思っているのか、杉ちゃん&黄皓&ローズ3人の本音をインタビュー。「番組内やスタジオでは語りつくせなかったカメラの裏側の真実と3人の本音をぶっちゃけトーク」スタートです!
※インタビューにはネタバレ的な内容を含みますのでご注意ください

【前編】黄皓「ラスボスは杉ちゃん」

バチェロレッテ裏話❶「実はラスボスは杉ちゃん!?」【杉ちゃん&黄皓&ローズ特別対談】

左から今回インタビューした、當間ローズさん、黄 皓さん、杉田陽平さん。
左から今回インタビューした、當間ローズさん、黄 皓さん、杉田陽平さん。

POINT①黄 皓さんからは厳しい意見も!?「萌子さんにはルールを守るべき?」

―――日本初のバチェロレッテ・ジャパン、まさかの結末に様々な反響がありました。でも萌子さんが悩みながらも出した結論にCLASSY.世代代表としては共感する気持ちでいっぱいです。その一方で、「誰か1人を選んで欲しかった!」(アフターファイナルローズのスタジオでは特に…)という気持ち。そして選んでしまった方が、楽だったんじゃないかという複雑な気持ちさえ湧いてきてしまって……あの萌子さんのリアルな葛藤に涙しながら観たアラサー女子も周りに多かったです。
ファイナルローズを争った杉田さんと黄皓さん、そして実際にスタジオのアフターファイナルローズに立ち会ったローズさん、この結末について正直にどう思っていますか?

「番組にはルールがあるんだから萌子さんには守るべき責務があったはず…」

黄皓さん(以下、黄)「この番組
黄皓さん・実業家
「僕はバチェラーの親友」
貿易やジムを経営する実業家。ルックス・仕事・性格・男子メンバーからの人望の厚さまで、パーフェクトのCLASSY.編集部一番の推しメン。しかし台湾で思わぬ、行動に出て…。

黄皓さん(以下、黄)「この番組はルールがあって本当はルールを守るべきなんですよ。 そうじゃないと、番組外でやればいいじゃんってなっちゃう。だから歴代のバチェラーもそのルールの中で最善の選択をしてきたし、それを繰り返してきた。だから僕は実は感情が二つあって、本来はバチェロレッテとして参加した福田さんにはその責務があるはずなんです。厳しいことを言うと。でもあの瞬間あの場所に立ち会っていたのは、僕と杉ちゃんと萌子さんの3人だけ。でもその3人全員があの結論に納得しているんです。あ…杉ちゃん勝手にそう思っているけど、そうだよね?」

杉田陽平さん(以下、杉)「そうですよ。そうなんです!」

―――ローズさんはアフターファイナルローズでもずっと萌子さんの味方でしたよね!
當間ローズさん(以下、ロ)「はい。萌子さんと17人の男性陣の旅でもあったんですけど、僕は根本的には萌子さんの幸せをみんなで見つけるための旅だったと思います。僕らがどうこう言う立場にないって。それで萌子さんが幸せなら僕はいいと思っています」

POINT②2回もフラれた杉ちゃんは、いったいどう思ってるの?

―――3人とも、とてもすがすがしく話してくれるのが印象的ですね。でも自分をさらけ出して全力でぶつかりながらも、最終的に誰も選ばれなかったこの旅。特にスタジオでももう一度、告白した杉田さんはどう思っているんですか?差し障りなければ、ぜひ教えていただきたいです。

萌子さんは第3の答えを出してくれた。だからこの旅はハッピーエンドなんです

杉「この旅の大義名分って真実の
杉田陽平さん・画家
「アートで愛を奪い取れ」
CLASSY.編集部の大穴予想だった“杉ちゃん”。そのセンスと美しいフレーズにうっとり❤︎ 出場者No.1の変身と成長を遂げていくプロセスは絶対に見逃さないで。

この旅の大義名分って真実の愛を探すってことなんですよね。それで愛ってなんだろう。恋と何が違うのだろうと。恋って、好きな人とできるだけ近づきたい、一体になりたいと思うことだと思うんです。でも愛って、離れている間も繋がっているって言うのか。極端に言うと離れているのが愛って僕は思うんです。結果、コウくんも選ばず、僕も選ばないってことは、二人から離れるってことですよね。どっちも選ばないってことが一種の真実の愛を完結することと、結びついたんです。僕は。だから萌子さんから17人に対するリスペクトもあるし、僕とコウくんへの最大のリスペクトもある。あそこでどちらかを選ばなかったゆえに、どっちも選んだと言う真実の愛を全うした。だって、いつだって目をつぶれば我々と会ってるのと一緒だし、どちらとも手を繋いだっていうような。萌子さんは第3の答えを出してくれたんです。とても哲学的ですけど。まさに真実の愛を見つけたんだなって僕も思います。『離れるってことを選択することがいつでも会える』と言うことと同意義なんだなって。だからこの旅はハッピーエンドなんです

POINT③3人にとって「真実の愛」とはいったい何だと思いますか?

―――杉田さんからハッピーエンドという言葉をもらえて、視聴者代表としてホッとしています。それも萌子さんの人間力のおかげなのかもしれませんね!では、最後にスタジオで伝え切れなかったみなさんの気持ちを教えてください。

萌子さんと出会えて、参加者17人全員がいい男になった!それこそ、真実の愛

黄「僕も最後のスタジオ収録で伝
當間ローズさん・歌手
「愛と筋肉のハイブリット」
強烈なビジュアルと一途なまっすぐな愛で、圧倒的存在感を放つ。いつの間にかそのクセの強さに夢中になってしまったアラサー女子も多いはず。

「僕も最後のスタジオ収録で伝えきれなかったんですが…全員が死ぬ気で場所に立って、本当に顔真っ青でそこに立って必死に出した答えがあの結果なんです。僕らの中ではあれがハッピーエンド。あの旅があって今幸せだと思って生きている。他人にどうこう言われるようなものじゃない
「僕も同じくハッピーエンドだと思ってます。スタジオで『もう一度振ってください』って言ったのも、男として僕は一段と成長できた。きっといい男になれたんだって思ってる」
ロ「17人全員、萌子さんと出会って関わりを持てたことでみんな、さらにいい男になったと思う。間違いない。だから感謝しかないみんなで真実の愛を見つけたって思ってるよ!

第3回は、「僕らが福田萌子さんに本気で恋した瞬間」と題して…詳細かつ赤裸々に、語ってもらいます!


バチェロレッテ・ジャパンとは?

誰もが憧れる要素を兼ね備えたパーフェクトな独身女性=バチェロレッテが主役となり、多数の男性参加者の中から、未来の結婚相手を選びぬくバチェラーの男女逆転バージョン。初代バチェロレッテ・ジャパンに選ばれた福田萌子さんのパートナーの座を狙うべく、全国から集った男性陣は、実業家、料理研究家、画家、歌手、旅作家、職業も国籍も年齢も様々。バチェラーに引き続き、豪華でロマンチックなデートや国内外の旅を通じて繰り広げられる、男性陣の熱いバトルや友情も見どころ!
https://www.amazon.co.jp/dp/B085QH1H6D

撮影/中田陽子 取材/さとうかな子 構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE