特集

バチェロレッテ裏話❶「実はラスボスは杉ちゃん!?」【杉ちゃん&黄皓&ローズ特別対談】

Amazon Prime Videoで配信された、恋愛リアリティ番組「バチェロレッテ ・ジャパン」。その衝撃的な結末が話題になり、様々な物議を醸し出しました。恋愛リアリティ番組の枠を超えて、今を生きる男女のリアルな恋愛や結婚観、そして葛藤までもさらけ出し、私たちアラサー世代の女子に強烈なインパクトを与えました。そこでCLASSY.ONLINEでは、初代バチェロレッテを取り巻いた魅力的な男性3人にインタビュー。黄 皓さん、當間ローズさん、杉田陽平さんに番組の裏側からあの時の真実。そして初代バチェロレッテ・福田萌子さんについて、さらに私たちアラサーが幸せになるためのヒントを一緒に探っていきましょう!
第1回は、男性メンバー内の友情から、いちばん脅威だったライバルまで…「番組中やスタジオでは語れなかったカメラの裏側の真実をぶっちゃけトーク」スタートです!
※インタビューにはネタバレ的な内容を含みますのでご注意ください

ちなみに事前のCLASSY.編集部の予想は…?

『バチェロレッテ・ジャパン』勝手に予想してみた④編集部的イチ押し男性を厳選!

バチェロレッテ裏話❶「実はラスボスは杉ちゃん!?」【杉ちゃん&黄皓&ローズ特別対談】
左から今回インタビューした、當間ローズさん、黄 皓さん、杉田陽平さん。

POINT①バチェロレッテは「少年漫画」的魅力もあった!?実は熱い男のバトルと友情が見もの!

―――日本で初めてのバチェロレッテ・ジャパン、とにかく涙腺が緩むシーンの多いこと!初代バチェロレッテ・福田萌子さんの一挙手一投足はもちろんなのですが、「推しの男子が旅を進めるうちに成長していく姿」や「福田萌子さんに選ばれず、男子メンバーの旅の別れと友情」に涙の連続だった方も多いはず。そこで今回は男性参加者内について、教えていただきたいです。この3人がこの旅で仲が良かったメンバーは誰なんですか…?

実は最後まで残った3人はとくに仲がよくて、フェアに戦ってお互い高め合ってたメンバー!

黄皓さん・実業家
「僕はバチェラーの親友」
貿易やジムを経営する実業家。ルックス・仕事・性格・男子メンバーからの人望の厚さまで、パーフェクトのCLASSY.編集部一番の推しメン。しかし台湾で思わぬ、行動に出て…。

黄 皓さん(以下、黄)「一番仲良かったのは実はこの3人! 僕と杉ちゃん、ローズに料理研究家の北原一希くんの4人仲がよくって」
杉田陽平さん(以下、杉)「撮影以外もよく一緒にいたグループなんだよね!」
「この4人で残れたらいいよねって、お互い言ってたよね!」
當間ローズさん(以下、ロ)「旅の途中に何度もこの4人で励ましあったり、高め合ってたりしたよね。だからチャミ(料理研究家の北原一希さんのあだ名)が落ちたときは3人とも涙が止まらなくなっちゃたんだよね…」
「そう。4人でお互いいい勝負したいねって!序盤からずっと宣言しながら頑張ってきた」
杉田「愛着のある4人だったから、萌子さんとうまくコミュニケーションができなかったり、自信がなくなっちゃったメンバーがいたら励ましたり、アドバイスくれたりして。黄くん、ローズ、北原くんの3人が『杉ちゃんもっとこうした方がいいよ』って言ってくれたり。『服装もこっちがいいよ』ってアドバイスしてくれたり。黄くんはハイブランドをよく着てるから、オシャレな人目線でアドバイスしたり。ローズはモデルの目線で相談に乗ってくれた。北原くんは元アパレルの人気ショップ店員だったのもあって、めちゃめちゃオシャレだからコーディネートの具体的なアドバイスしてくれたり…」
「そういうのが、お互いすごくいい自信になっていったよね。特に仲もよかったけど、よきライバルでもあったね」
―――ちなみにローズさんの衣装は自前だったんですか?
「自前だよ!今日のインタビューも全部私服。番組中のスーツも水着もぜ〜んぶ自前。家の引き出し開けたらブーメランパンツ10枚くらい入ってますから!黄くん、杉ちゃんもいつでもお貸しするから言ってね!(笑)」

POINT②ラスト3人は実は仲良し!? チーム戦で終盤まで勝ち抜いたと言っても過言ではない!

ーーー番組内で激しいバトルもしたけど、基本フェアな戦いをモットーに高め合いながらも一緒に涙も流してきた、この3人と北原さん。このメンバー内での“高め合い”や“別れの涙”は、今までのバチェラー・ジャパンではあまりみられなかったシーン。やっぱり女の友情よりも男の友情の方が厚いのか…!?そんなことを思いながらですが、逆にライバルとして意識したのは誰だったんですか?

台湾から突然、杉ちゃんが脅威に変わっていった!

當間ローズさん・歌手
「愛と筋肉のハイブリット」
強烈なビジュアルと一途なまっすぐな愛で、圧倒的存在感を放つ。いつの間にかそのクセの強さに夢中になってしまったアラサー女子も多いはず。

「僕はローズは部屋が一緒だったこともあるし、共同生活が長かった。『負けないぞ』と言いつつも、『そのアプローチはぶっちゃけどうなんだろうね』ってアドバイスし合ったり、情報交換したりしてたよね」
「ライバル意識と言えば、僕は圧倒的にエバンズ・マラカイです。やっぱり似たような境遇を彼も巡ってきてるのもあるし。同じ外国の血を持ってるっていうのもあるし」
「いやいや。それ僕も同じだって(笑) 僕のライバル意識には変化があって! 最初はローズをライバル視していたの。前半はローズが圧倒的に強かったしね。マラカイも序盤はライバル意識があったんだけど、脅威ほどには感じたことがなくって。でも台湾デート以降は突然、杉ちゃんが怖くなった!とにかく脅威だった。理由はとにかく杉ちゃんは、比較対象にならないから!未知だし。どっちがいい悪いじゃなくって別だから。萌子さんが『杉ちゃんが好き』って言った瞬間、僕に反論の余地なしで、『僕が勝てます』とか絶対に言えないと思った(笑)それはきっと逆の立場だとしたら、杉ちゃんも同じだったと思うんだよね。最終的にはこのローズと杉ちゃんの二人だったんだけど、やっぱり杉ちゃんがすごく脅威だったね。だってローズなんてすぐ落とされたしね(笑)」
「すぐじゃないよ(笑)最後の3人まで残ったし、僕、ラブソングもちゃんと歌ったし!」

POINT③序盤「これはまずい!」と全視聴者が同情した杉ちゃんが“ラスボス”へ!その成長過程は全アラサーが見るべき!

ーーー初回で、バチェロレッテ ・萌子さんに話しかけられず涙する…という、ある意味衝撃的なデビューを飾ってしまった画家の杉田陽平さん。しかし旅を続けるうちにどんどん垢抜けてカッコよくなっていたのは、よきライバルと友情があったからでは。どんどん魅力的になっていってこの旅で一番の成長を遂げていく杉田陽平さんの姿は、バチェロレッテ・ジャパンの見どころでもあり、日本中が応援しながらも勇気をもらったはず。そんな杉田さんがライバル視していたのは誰なんでしょう?

タイミングによっては自分が藤井くんのような立場になっていたかもしれない…

杉田陽平さん・画家
「アートで愛を奪い取れ」
CLASSY.編集部の大穴予想だった“杉ちゃん”。そのセンスと美しいフレーズにうっとり❤︎ 出場者No.1の変身と成長を遂げていくプロセスは絶対に見逃さないで。

「僕のライバルはほぼ全員でした(笑)参加ができていることが信じられなかったくらいなんで(笑) あ、ちなみに第一話は自分が気持ち悪すぎて即見るのやめました!この旅ってルールがあるんですよね。時間に制限があるし、萌子さんに呼ばれないと一緒にいられないし何もできない。その中ですごく印象に残っているのがイベントオーガナイザーの藤井達也くん。僕、藤井くんとすごくキャラが被ってると思っていて。そういう意味でのライバルみたいな意識があったかもしれない。藤井くんは深みがあって、客観性があって、見た目じゃない自分への自信があって。それでいて優しくてすごく面白いエンターテイナー。ただ藤井くんには、時間が圧倒的になかっただけだと思っている。圧倒的に時間が足りなくってああいう結果になってしまっただけで、何かのタイミングの違いで、自分も藤井くんのようになっていたと思うんだ」
「落ちたメンバーの分まで、頑張らなきゃっていう思いはあったよね!」
「そういう(落ちたメンバーの分までの)気持ちを背負ってる面もあったので、萌子さんに中途半端に接するわけにはいかなかった。だから空いている時間にトレーニングをしたりむくみをとってリンパを流したりとか、米を食べないでチキンばっかり食べたりしましたよ(笑)」
「本当に杉ちゃんはどんどんカッコよくなっていったよね〜!」
「みんなのマネをしただけなんですよ!特に黄くんとローズ。あとケビンのトレーニングもやばかった!本当にあの時、脱水症状になりかけたんです(笑)黄くんと一緒にジムに行ったりしたんだよね。それに、ご飯をあんまり食べちゃいけないんだなあって気づいたのよ」
「僕そんなご飯食べちゃいけないなんてこと、杉ちゃんに言ってないよ!」
「いや、黄くんとローズ君は全然糖質を摂らないんですよね。それで自然と気づいたんです。あまりご飯を食べちゃいけないんだって!」

視聴者の間でも「台湾デートからの杉ちゃんが急にシュッとしててカッコいい!」とか、「杉ちゃんが終盤につれてどんどんイケメンになっている!」とネットでも話題になっていたのですが、その成長の裏には男子メンバーのチーム戦・友情・そして去ったメンバーへの気持ちを背負う強い意志があったようですね!

次回は福田萌子さんが選んだ、あの衝撃の結末について…3人が本音を赤裸々に語ります!

第2回はあの衝撃の結末について、3人はどう考えているのか…?スタジオトークでも伝えられなかったあの時の本当の気持ち、あの時どう思ったのか。そして今、冷静に振り返ってどう考えているのか…詳細かつ赤裸々に、語ってもらいます!


バチェロレッテ・ジャパンとは?

誰もが憧れる要素を兼ね備えたパーフェクトな独身女性=バチェロレッテが主役となり、多数の男性参加者の中から、未来の結婚相手を選びぬくバチェラーの男女逆転バージョン。初代バチェロレッテ・ジャパンに選ばれた福田萌子さんのパートナーの座を狙うべく、全国から集った男性陣は、実業家、料理研究家、画家、歌手、旅作家、職業も国籍も年齢も様々。バチェラーに引き続き、豪華でロマンチックなデートや国内外の旅を通じて繰り広げられる、男性陣の熱いバトルや友情も見どころ!
https://www.amazon.co.jp/dp/B085QH1H6D

撮影/中田陽子 取材/佐藤かな子 構成/CLASSY.ONLINE編集室

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE