アラサー女子の「デブ見え・ダサ見え・オバ見え」コーデの落とし穴って?

定番の服、トレンドの服、ただ普通に着ればいいというものではありません。ついついアラサー女子が陥りがちなダサ見えの落とし穴をご紹介します。

着こなしの落とし穴①トレンドのボリューム袖で肩が大きくデブ見え!

「今シーズン人気のふんわりボリ

「今シーズン人気のふんわりボリュームスリーブ。ボリュームが大きければ大きいほど可愛く見えてしまうけど、ドロップショルダーで肩が落ちたデザインのものだと自分が思っている以上に肩幅がものすごく広い人!という印象になってしまいます。気になる部分をカバーしてくれると思いきや、逆に太って見えてしまうから注意が必要です」

着こなしの落とし穴②ゆるT&ワイドパンツがSサイズを強調!

今シーズンもトレンドのゆるT×

今シーズンもトレンドのゆるT×ワイドパンツのようなビッグシルエット同士の組合せ。オシャレバランスだけど、Sサイズにはボリュームが出すぎて重心が下がって見えてしまいます。さらにトレンドのデカバッグでは、全体が重たくなって余計に背の小ささが強調されてしまうことに…。

着こなしの落とし穴③黒スキニーにカラフルなボリュームスニーカーは足だけ目立ちすぎ!

パンツとスニーカーの色を合わせ

パンツとスニーカーの色を合わせない場合は、相当テクニックが必要。ジャケット、パンツ、スニーカーの色がバラバラだと、視線が分断されてオシャレに見せるのがむずかしくなってしまいます。トレンドのカラフルなボリュームスニーカーも可愛いけれど、オシャレに着こなすにはコツが必要だから初心者は避けるのが無難です。

着こなしの落とし穴④黒レギンスにピンヒールでバブル風!?

例えロングシャツで街中仕様に着

例えロングシャツで街中仕様に着こなしていても、ピンヒール&かっちりレザーバッグのように小物使いまでキレイめに合わせるとトゥーマッチ。張り切りすぎて、違和感満載。キレイめアイテムを組合せすぎて張り切りすぎもNGです。下半身が気になるからと言って腰にニットを巻くのもちょっと懐かしい感じ!?

着こなしの落とし穴⑤トレンドのフォトTもデニムにパーカではお土産Tシャツ風!?

カジュアルなプリントTだからと

カジュアルなプリントTだからと言って、スポーツ系や、どカジュアルな格好でまとめると、センスなんて微塵も感じられないダサコーデに。「どこか旅行のお土産にもらったのかな?」などと言われかねません。

取材/中津悠希、西道倫子

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup