特集

「サーティワン」の人気フレーバーがお手本!アラサーの秋冬ブラウンコーデ5選

なんとなく目にする身近な配色がコーディネートの参考になるって知ってますか?本誌『CLASSY.』9月号では人気アイシャドウパレットの配色をベースにした「ブラウン系」のコーディネートを紹介しました。好感、華やか、驚き…研究された商品の配色には、オシャレのヒントが詰まっているんです。
今回は誰もが食べたことのある「サーティワン アイスクリーム」の配色をコーディネートの参考にしてみました。
第2回は大人気のスタンダードフレーバー「ジャモカアーモンドファッジ」の配色を参考にしたコーディネートを紹介します。旬の茶系コーデ、大注目です!

ワントーンコーデの参考になりすぎる!「ジャモカアーモンドファッジ」とは?

「サーティワン」の人気フレーバーがお手本!アラサーの秋冬ブラウンコーデ5選

「ジャモカアーモンドファッジ」
2種の豆をドリップしたコーヒーアイスクリームにチョコレートとアーモンドがマッチ。

秋冬のオシャレに!「ジャモカアーモンドファッジ」コーデ5選

  • 茶系のワントーンは今シーズン絶対取り入れたいスタイル。コーディネートがのっぺりして着ぶくれしないように、Vネックニットに白Tをレイヤードしてバランスよく見せます。落ち感のあるスカートを合わせて素材にメリハリをつけると、上級者っぽい印象に。リラックス感のある着こなしをしたいので、コンバースはマストです。

    ニット¥27,000(カレンソロジー/カレンソロジー青山)カットソー¥6,500(アッシュ・スタンダード/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店)スカート¥45,000(ド ゥーズィエム クラス/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店)スニーカー¥5,800(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)バッグ(LOUIS VUI TTON)、ピアス、チョーカー(ともにPLUIE)ネックレ ス(AFTER SHAVE CLUB)/すべて宮城さん私物『CLASSY.』2019年11月号P.86掲載

  • ベージュ〜ブラウンのグラデーションを意識した、バランス美人なコーディネート。旬のロングブーツは長めのスカートと繋げて、更に今年らしさを出すのがオススメです。裾からチラ見せするだけで簡単に今っぽいが叶います。

    カーディガン¥54,100(ヴィンス/ヴィンス 表参道店)スカート¥23,000(マルティニーク/マルティニーク ルコントルミネ新宿店)ロングブーツ¥125,000(サルトル/オデット エ オディール ルミネ有楽町店)眼鏡¥48,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)イヤリング¥11,000(ドミニク・デナイブ・パリス/アルアバイル)リング¥88,000(ともにウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)バッグ¥230,000(JIMMY CHOO)『CLASSY.』2019年10月号P.160掲載

  • ワントーン配色はシュッとした細見えも演出できます。上品ベージュを繋げるだけでスッキリとした印象に。秋になると恋しくなる、まろやかなベージュのニットはゆったり着こなせるオーバーサイズで今年らしく。アニマル柄のパンプスで大人っぽいアクセントをプラスします。

    ニット¥44,000(ハイク/ボウルズ)パンツ¥29,000(ebure)ピアス¥9,000リング¥8,000(ともにワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)パンプス¥77,000(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)バッグ¥179,000(JIMMY CHOO)『CLASSY.』2019年11月号P.60掲載

  • 秋冬の本命、チェック柄も旬のブラウンをセレクト。同系色でまとめれば大人らしく着こなせます。今や定番になりつつある細身のテーパードデニムも、ブルーではなくグレーに変えるだけでぐっと今年っぽい雰囲気に。ジャケットなどのきちんとしたアイテムと合わせても、旬な印象にアップデートしてくれます。

    ジャケット¥37,000ベレー帽¥7,000(ともにユナイテッドアローズ/ユナイテッド アローズ 有楽町店)カットソー¥11,000(エイトン/エイトン青山)デニムパンツ¥23,000(アッパーハイツ/ゲストリスト)バッグ¥279,000(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)パンプス¥112,000(マノロ ブラニク/ブルーベル・ジャパン)ピアス ¥27,000(MEDECINE DOUCE/goldie H.P.FRANCE)時計¥30,000(INDUNA/H.P.FRANCE) 『CLASSY.』2019年10月号P.56掲載

  • 安心感がある茶系グラデーションのスタイリング。ミルキーホワイトの小物を合わせてブラウンを上手に調和すれば、マニッシュな抜け感を演出できます。ロングシャツとワントーンを組み合わせたIラインで、スタイルアップも確実に。

    シャツワンピース¥28,000(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)カットソー¥14,000(ルミノア/ゲストリスト)パンツ¥29,000(アン タイトル エッセンシャルクルー)バッグ¥71,000(ユゼフィ/エストネーション)ストール¥16,000(エンリカ/フラッパーズ)靴¥46,000(ナショナル スタンダード/ティースクエア プレスルーム)めがね¥33,000(プロポ/プロポデザイン)ブレスレット¥20,200(ガス ビジュー/ガス ビジュー 青山)『CLASSY.』2019年9月号P.69掲載

今季に欠かせないブラウンコーデ。配色トーンを生かしたグラデーションで、一歩先のワントーンへと進化させていきましょう。

※本記事は過去の「CLASSY.」を再編集したものです。完売の可能性がありますのでご了承ください。
再構成/所優里、CLASSY.WEB編集室

合わせて読みたい!「サーティワン」の配色シリーズ

秋冬コーデの配色、意外と「サーティワン」が参考になりすぎる件。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE