CLASSY.

骨格診断

「骨格診断で選ぶ似合う服 BEST5」ストレート体型編【CLASSY.11月号版】

CLASSY.2016年の5月号の『似合うシャツは〝骨格〟で決まる』企画を皮切りに、抜群の人気を誇る〝骨格診断〟メソッドを基にした、スタイリング紹介ページ。「CLASSY.ONLINE」では特別編として、骨格診断アナリストである本誌ライターの棚田トモコが本誌のスタイリングをすべてチェック!!その中から各骨格に似合うコーディネート、ベスト5をご紹介します。 これを読めば、〝骨格に似合う〟はもちろんのこと、トレンドもCLASSY.らしさも兼ね備えた、コーディネートを知ることができちゃいます!
第1回目は、CLASSY.11月号の中から「ストレート体型」に似合うスタイル、ベスト5を発表します。
前回の「10月号編」はこちらから

その前に…まずは3つの骨格の特徴をおさらい!

  • 簡単に判定するならこちらの表をチェック。太っているとか痩せているとかではなく、骨格をチェックします。

あわせて読みたい
これで完璧!あなたに似合う服がわかる骨格診断

ちなみに…〝ストレート〟体型はこんな人!

☑筋肉のつき方に特徴が出やすい
☑リッチで肉感的なメリハリボディ
☑身体に厚みがある
☑膝下はスッと細い
☑どちらかというと上半身に脂肪がつきやすい
☑肌はハリのある質感
☑どんなに痩せていてもガリガリに見えない
☑健康的で存在感がある
☑ウエストが出にくく、寸胴

そんなストレート体型に似合うスタイルは「シック・クラス感・シンプル」!

ストレートタイプの特徴は、身体に凹凸があり、グラマラスな印象。ハリのある質感を持っているので、身につけるものも厚みがあり、ハリのある質感でシンプルなデザインをセレクトするのがポイントです。正統・高品質を意識したクラス感のあるコーディネートを心がけること。また、引き算をするスタイリングが得意なので、過度な装飾は避けてシックにすること。身体にメリハリがあるのでシンプルなアイテム同士の組み合わせがサマに。ジャストサイズのTシャツ×デニムが一番似合います。また、腰が張っていて、胸から腰までが短いのでフレアスカートやプリーツスカートを履くと着太りして見えます。Iラインシルエットを意識してコーディネートをするとうまくいきますが、それは決してリブ素材やプリーツを取り入れるということではなく、あくまでもシルエットを意識するということ。もともとは、リブ素材やプリーツはストレート体型の筋肉のハリ感(肉感)を拾ってしまい、着太りして見えます。

それでは、5位から順に似合うスタイルを発表!

  • 第5位
    リブニットのセットアップ

    リブ素材を着るときは、堅く、伸びにくいものを
    リブ素材はストレート体型が得意な縦ラインを強調してくれる気がしますが、実は注意してセレクトしないと肉感を拾って、セクシーになり過ぎたり、着太りして見える原因に。堅くてあまり伸びないリブなら〝いい女〟にキマリます。

    「CLASSY.」2019年11月号P.119掲載

  • 第4位
    ロングカーディガン×シャツ×デニムパンツ

    ふわふわ素材のロングカーデは極力シンプルなものを
    ふわふわなものが苦手なストレート体型。着るときは、丸みを強調する毛足の長いデザインではなく、毛足が短いものを選ぶようにして。シャツにデニムを合わせたコーデにコートのようにさらりと羽織るとスラリとした印象に。

    「CLASSY.」2019年11月号P.56掲載

  • 第3位
    白ニットワンピース

    Iラインワンピはストレート体型だけに似合うモテ服
    身体に凹凸があるからこそ、シンプルなデザインのものがしっくり。とくにハイゲージのIラインのニットワンピースはストレート体型にしか似合わないアイテムです。四角いバッグを合わせるとより洗練度が高まります。

    「CLASSY.」2019年11月号P.122掲載

  • 第2位
    黒タートルニット×デニムパンツ 

    ハイゲージならざっくりニットもクリア
    ストレート体型は、本来大きめのものやざっくりとしたものは着太りして見えがちなので苦手。ただ、今季もざっくりニットは流行中! どうしても着たいときは、ハイゲージで肉厚のものを選ぶとすっきりと着こなせます。

    「CLASSY.」2019年11月号P.60掲載

  • 第1位
    白のハイネック×デニムパンツ

    ハイネックニットを主役にしたカジュアルは大正解
    ハイネックニットはストレート体型におすすめのニット。セレクトするときのポイントは、ハイゲージで、身体にフィットしすぎない、ほどよくゆとりのあるサイズ感のものにすること。デニムは濃い色のほうがよりおすすめ。

    「CLASSY.」2019年11月号P.70掲載

いかがでしたか?骨格診断とは、身体の〝質感〟〝ラインの特徴〟から自分自身の体型を最も美しく見せてくれるファッションアイテムを導き出すメソッドなんです。自分に〝似合うファッションスタイル&アイテム〟を導き出す骨格診断理論を知れば、自分に似合う服がきっと見つかるはずですよ!

前回の「10月号編」はこちらから

解説・執筆したのは…

棚田トモコ
ライター・骨格アナリスト

光文社「CLASSY.」や「JJ」を中心にファッションや美容ページ企画などのライターとして活躍する傍ら、骨格診断ファションアナリスト協会認定公(ICB INTERNATIONAL)にて骨格診断のディプロマを取得。以降〝骨格アナリスト〟としても活動中。ファッション・美容ライターとして培った知識と骨格診断を融合して、いかに今っぽくその人を輝かせるかを提案します。韓国と舞台観劇、チョコレートが大好きで、愛称は〝ティナ〟。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE