淡色ワントーンでまとめて女っぽく!春のオフィカジコーデ【着回しDiary】

今回の着回しDiaryは… 今

今回の着回しDiaryは…
今月の主人公は離婚を機に、人生リスタートしたばかりのバツイチ女子。久しぶりの職場で、通勤服も働き方も以前とは様変わり…⁉そんな逆境でも、今年らしくアップデートしたオフィカジ服を味方に、離婚経験も職場での洗礼も、全部をポジティブ変換しちゃう強メンタルで突き進む!

4/18(木曜日)
上司から呼び出されたと思ったら、
昨日の新卒男子への私の対応が
なんとパワハラとか!
理不尽すぎて身震いしたけど
時代に適応する必要も、あるにはあるのかな

仕事後に大学の仲間と会うから、

仕事後に大学の仲間と会うから、ベーシックカラーでも華やかに見える白の上下で出社。お気に入りコーデでるんるんだったのに、上司からの言葉に絶句…!新卒男子が言うには「応援がプレッシャーだった。自分のペースで進めたかった」って。あのコからすると私も許容できないモンスターなのか…。バッグ¥58,300(ア ヴァケーション)パンプス¥57,200(ネブローニ)

シンプルだけど今年らしくアップデート!
4月に揃えたいアイテムは…

今月の主人公は…

鹿沼ユキ・離婚をきっかけに、5年ぶりに再就職したバツイチ女子(34歳)。元夫の海外駐在に帯同するため、29歳で会社を退職。専業主婦として海外生活をする中で、「このままでいいのか…」と自分の存在意義について悩む日々。訳あって(←察してね)離婚し、帰国&社会復帰したばかり。最近実感していることは、「ダイヤモンドは裏切らない」。

撮影/清藤直樹〈静物〉 スタイリング/平沼洋美 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks,Inc.

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup