大人の春カジュアルコーデが素敵に見えるコツ【グレージャケットなら黒キャップ】

基本はベーシックだけど、春に向けて少しアップデート感が欲しい。それなら、いつものジャケットコーデに〝ひと癖〟加えて王道をあえてハズしてみては。おしゃれの幅が広がって〝ジャケットで行きたい場所〟まで増えるはず。ハンサム派がすぐに真似できるハズし技をご紹介します。

取り入れやすくアレンジしやすい顔まわりのアクセサリーでハズす

好みのテイストはそのままに、一点追加で今季らしくスイッチするなら、キャップを駆使して。顔まわりの印象が変わるだけで漂う雰囲気も一変します。

ハンサム派は…ロゴやグラフィックがワンポイントのキャップでハズす

ストイックな黒キャップ投入でジ

ストイックな黒キャップ投入でジャケット=真面目をクールに裏切って
フロントに「B」、サイドに「hello」の刺繍が施されたシンプルなキャップは、ジャケットの真面目さを引き算しつつ、大人っぽく洗練された着こなしに仕上げてくれます。主調しすぎず、どんなコーデにも馴染むので、カジュアルが苦手な人にも取り入れやすいアイテムです。キャップ¥13,200(マディソンブルー)ジャケット¥42,900(カレンソロジー/カレンソロジー 新宿)ニット¥13,200(マイストラーダ/マイストラーダ プレスルーム)ネックレス¥49,500(ソコ/ZUTTOHOLIC)

撮影/川﨑一貴(Ajoite) モデル/藤井夏恋 ヘアメーク/あきやまひとみ スタイリング/濱口沙世子 取材/伊藤綾香 再構成/Bravoworks,Inc.

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup