オフィスでも好印象!「レギンス」の新鮮な着こなしって?【アラサー女子】

2月28日(水)、大人が「レギンス」をはくなら、キレイめアイテムと合わせてスポーティさを抑えつつ、華やかに味変させるのがポイント。パッと目を引くカラーコートとクリーンな白シャツのバランス役に、グレーのラメニットを投入することで、悪目立ちせず感度の高い仕上がりに。シャツのレイヤードをワンピース風に装えば、レギンスとも好相性でスタイルアップが叶います。足元はソックスやスニーカーで、カジュアルダウンさせるのが正解。

2月28日(水)、大人が「レギ

モヘアソックス¥3,630(マルコモンド/ル タロン 有楽町マルイ店)スニーカー¥13,200(NIKE SPORTSWEAR/NIKE カスタマーサービス)コート¥92,400(ベイジ,/オンワード樫山お客様相談室)ニット¥17,930(メゾンスペシャル/メゾンスペシャル 青山店)シャツ¥31,900(カオス/カオス丸の内)レギンス¥12,800(lululemon)バッグ¥189,200(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ボールピアス¥19,980(アビステ)

『CLASSY.』2024年2月号より
再構成/川上あまの、CLASSY.ONLINE編集室

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup