ジャケットの「上からニット重ね」が今っぽい!【ネイビージャケット】

大人の品格ときちんと感を添えるジャケットは、通勤にも休日にも欠かせない存在。そんな定番アイテムのジャケット、どう着るのが今っぽい? その必勝法は、ジャケットの上にワンアイテム重ねること! 今回は【ネイビージャケット×ケーブルニット】の組合せをご紹介。

ラインの効いたケーブルニットを足した正統派トラッド

顔まわりにボリュームを足すと、

顔まわりにボリュームを足すと、今っぽさも小顔効果も
ネイビージャケットにチノパン、ブルーシャツ、メガネと鉄板のトラッド要素を結集。ケーブルニットで顔まわりにボリュームを出すと、華やかさも加わります。ジャケット¥69,300(ebure/ebure GINZA SIX店)肩に掛けたカーディガン¥59,400(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)シャツ¥26,400パンツ¥25,300(ともにエイチ ビューティー&ユース)バッグ¥58,300(ア ヴァケーション)ローファー¥79,200(ペリーコ/アマン)メガネ¥66,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)ネックレス¥6,930ブレスレット¥6,480(ともにアビステ)

重ねたのはこの二つ!

shoplist
アイヴァン 7285 トウキョウ03-3409-7285 / ア ヴァケーション(ノーベルバ) 03-5474-0521 / アビステ03-3401-7124 / アマン03-6418-5889 / エイチ ビューティー&ユース03-6438-5230 / ebure GINZA SIX店03-6274-6915 / ギャルリー・ヴィー 丸の内店03-5224-8677

撮影/小川健太郎(SIGNO)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/松井愛莉 ヘアメーク/室橋佑紀(ROI) スタイリング/平沼洋美 取材/広田香奈 編集/前田章子(CLASSY.ONLINE編集室)

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup