部屋が散らかってる人に伝えたい!「クローゼットの片付けは、キャリアとも連動」プロ直伝3つのアドバイス

出勤前、服でいっぱいのクローゼットで着る服に迷って遅刻しそうになる…そんな経験をしたことがある人は多いはず。ファッションエディターでありながら服にもキャリアにも迷っていたという昼田さんに、30代に伝えたいことを伺いました。

\30代CLASSY.読者に伝えたい金言/

昼田祥子 ファッションエディタ

昼田祥子
ファッションエディター歴21年。出版社勤務を経てフリーランスに。2016年からクローゼットの片付けに着手し、1000枚あった服を整理。その体験をWEBメディア『mi-mollet』に綴る。新著『1000枚の服を捨てたら、人生がすごい勢いで動き出した話』(講談社)も重版がかかるなど大反響。長身に似合うパンツとシャツがトレードマーク。

撮影/水野美隆 ヘアメーク/室橋佑紀(ROI) 取材/北山えいみ 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup