「ジャケットとフーディに相性がよいボトムスは?」スタイリストさんと考えてみた!

ベーシックが好き。だけど無難なのはイヤだし、トレンドだっていい感じに取り入れたい…そんな私たちの理想を叶えてくれるのがレイヤード!そのまま真似っこすれば簡単にサマに見えて応用力もばっちり。間違いない鉄板の組合せに絞って教えます!

【フーディ×ジャケット】

360度、カッコいいカジュアル!好きだから着るジャケットを最大限に楽しめるコンビ

\重ねたのはコレ!/

おすすめコーデは?

〝ジャケットをカジュアルに楽しみたい!〟そんなオシャレプランを掲げている人にぜひ実践してほしい組合せ。衿から覗くフードがもたらすレイヤード感が、今っぽさのポイント。

ブーツインしたデニム合わせなら

ブーツインしたデニム合わせならカッコいいカジュアルが加速
ゆるっとした上半身にシュッとしたボトムスを合わせる王道コーデなら、スタイルアップ効果も納得。上質レザー小物を印象的にちりばめて、楽ちんなだけじゃないリッチ感漂うカジュアルを目指します。フーディ¥42,900(ユニオンランチ/サザビーリーグ)ジャケット¥80,300(ebure/ebure GINZA SIX店)デニムパンツ¥39,600(マザー/サザビーリーグ)バッグ¥57,200(マイケル マイケル・コース/マイケル・コースカスタマーサービス)ブーツ¥121,000(ペリーコ/アマン)スカーフ¥15,400(マニプリ)サングラス¥46,200(モスコット/モスコット トウキョウ)ピアス¥3,990ネックレス¥9,900バングル¥7,830(すべてアビステ)

撮影/谷田政史(CaNN)〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/堀田 茜 ヘアメーク/笹本恭平(ilumini)  スタイリング/荒木里実 取材/西道倫子 撮影協力/intersect by LEXUS 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup