昔流行った「ミラネーゼ」が再ブームに?大人が気をつけたい着こなしのコツを聞いてみたら…

大人の余裕があって、カッコいいのに女らしくて、知的で…。2000年代初めに流行した「ミラネーゼ」スタイル。ベージュを素敵に着こなすミラノの女性たちのオシャレは、シンプルに宿る上品さとリッチ感がポイント。1周回って新しい、令和の「ミラネーゼ」の魅力に迫ります!

ベージュを洗練させて見せる秘訣はダスティカラーの小物たち

ベージュのワントーンスタイルをさらにブラッシュアップしたいならくすみカラーの小物使いにもこだわって。バーガンディやオフホワイトをなじませていけば、たちまち装いの洗練度が高まります。

チェック柄×エクリュは差し色も

チェック柄×エクリュは差し色もなじませて一歩先ゆくスタイルへ
ベージュを基調としたチェック柄のセットアップを、ニットになじませる上級者コーデ。この時は小物は黒を封印。なるべくコントラストをつけず、なじませるとうまくいきます。ニット¥44,000カーディガン¥55,000パンツ¥52,800ジャケット¥86,900(すべてデパリエ/デパリエ 伊勢丹新宿店)バッグ¥37,400(トフ&ロードストーン/T&L)ブーツ¥155,100(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)帽子¥33,000(ヘレンカミンスキー/ヘレンカ ミンスキー ギンザシックス店)イヤーカフ[S]¥22,000[M]¥31,900ネックレス¥38,500(すべてリューク)

撮影/谷田政史(CaNN) モデル/山崎紘菜 ヘアメーク/神戸春美 スタイリング/荒木里実  取材/佐藤かな子 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup