【ブーツじゃない冬の足元を考えてみた】真冬にあえて「サンダル&靴下」がオシャレ!?

寒さが続くこの時期は、ついブーツにばかり頼りがち。今注目の〝ソックス〟を味方につければブーツじゃない日も暖かく過ごせるうえ、重い印象になりがちな冬の着こなしの鮮度が一気にアップ!明日からすぐ真似できる「今季流・ソックスの取り入れ術」をご紹介します。

重くなりがちな冬コーデもサンダル×ソックスで抜け感を演出

もこもこアウターやざっくりニットなど、重めな冬コーデに抜け感を加えてくれる「サンダル×ソックス」。素材感や色の合わせを楽しむことができ、サンダルと同じスポーツテイストの厚手ソックスが好相性。ラフなご近所カジュアルもお洒落度高く仕上がります。

(右)足元まできりっとモノトー

(右)足元まできりっとモノトーンで統一し、都会的なムードに
女らしいロング丈のニットスカートに、カジュアルなリブソックスでヘルシーに味つけ。シックなモノトーン配色のサンダルなら子供っぽくならずスタイリッシュにまとまります。ソックス¥1,980(17℃/17℃ by Blondoll 横浜ジョイナス店)サンダル¥91,300(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ジャケット¥59,400(スタニングルアー/スタニングルアー 新宿店)ニット¥31,900(セント ジョンズ サード クラブ/アマン)スカート¥16,500(FRAY I.D/FRAY I.D ルミネ新宿2店)バッグ¥57,200(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)イヤリング¥23,100(アビステ)

(左)渋色のソックスでデニムとサンダルをおしゃれに橋渡し
ヌーディなベージュサンダルにバーガンディのふかふかソックスでぬくもり感を。ソールに厚みのあるソックスならつま先や足裏も抜かりなく暖か。リブソックス¥1,760(靴下屋/タビオ)サンダル¥19,800(ビルケンシュトック/ビルケンシュトック・ジャパン カスタマーサービス)ジャケット¥12,980(アンフィーロ)ニット¥18,700(ジャスグリッティー/ジャスグリッティー プレスルーム)デニムパンツ¥23,100(アッパーハイツ/ゲスト リスト)バッグ¥124,300(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ピアス¥30,800(リューク)

モデルが着用した靴下はこちら

スタイリストに訊く!冬のソックススタイルのコツって何?

ともするとマンネリしがちな冬の足元に、ぜひ取り入れたいのが「ソックス」です。これまでは〝外から見せずに〟はくのが主流でしたが、今季はサンダルやスニーカー、バレエシューズなどと合わせた〝ソックスを見せる着こなし〟がおすすめ!ソックスコーデというと難しそうに聞こえるかもしれませんが、基本的なコツさえ押さえてしまえば意外と簡単。

例えば、メンズライクなスポサンにはサンダルのボリューム感に負けないカジュアルな厚手のリブソックス、キレイめなパンプスにはタイツ感覚ではける薄手タイプ、というように靴とソックスのテンションを合わせるのもひとつのアイデアです。ソックス初心者さんは「黒ソックス×黒シューズ」とオールブラックでまとめることで、ソックスがコーデから浮くこともなく失敗なし。ソックスと靴がひと続きになって黒のショートブーツのような雰囲気で楽しめます。良いソックスが揃う今季は、リブタイプやラメ入り、モヘア素材など様々なタイプが多数お目見え。価格も服より手を伸ばしやすいので気軽に取り入れて、冬のおしゃれを前向き&ハッピーに楽しみましょう!

教えてくれたのは…濱口沙世子さん

トレンドのアイテムをベーシックなムードで仕上げるのが得意。夏も冬もソックスコーデが大好きで、数えきれないほど持っているというソックスラバー。

撮影/須藤敬一(人物)、村本祥一(静物)BYTHEWAY モデル/土屋巴瑞季、松井愛莉 ヘアメーク/川村友子  スタイリング/濱口沙世子 取材/塚本桃子 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup