定番「ケーブルニット」を旬っぽく着回すテクニック【コートを脱いでも可愛い大人の冬】

アウターが主役になりがちな冬、「コートを脱いだら中のコーデが手抜き感満載だった…」という経験はありませんか?毎年この時季に直面する“コートの中のコーデ”問題。ここでは自信を持ってアウターを脱げる、定番ニットを使った最旬の着こなしをご紹介します。今回使用するのは「ケーブルニット」。絶対にハズさない&ちょっぴり味変した2パターンの着こなしをチェック!

今買っても使える!「鉄板ニット」って?

レトロなムードが可愛い!ケーブルニット

シンプルなボトムスと合わせて着

シンプルなボトムスと合わせて着たい、表情豊かなケーブルニット。今っぽさを意識するなら、少し大きめのサイズを選ぶのがポイントです。編集部内でファンが多いスローンのニットは、ふっくらしているのに軽量で、心地よい肌触りが魅力。ニット¥35,200(スローン/ザ ショップ スローン 新静岡セノバ店)

コートを脱いでも可愛い!「ケーブルニットコーデ」2選

【SHOPLIST】アイヴァン 東京ギャラリー☎︎03-3409-1972/アンビリオン☎︎03-3466-8991/カイタックインターナショナル☎︎03-5722-3684/銀座かねまつ6丁目本店☎︎03-3573-0077/ゲストリスト☎︎03-5728-8788/ザ ショップ スローン 新静岡セノバ店☎︎054-266-7241/サンポークリエイト☎︎082-248-6226/NIKE カスタマーサービス☎︎0120-6453-77/バナナ・リパブリック br_info@bananarepublic.jp/マリハ www.mariha.jp/ロンシャン・ジャパン☎︎0120-150-116/UNIQLO☎︎0120-170-296

撮影/谷口 巧(PygmyCompany)〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/土屋巴瑞季 ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/児嶋里美 取材/所 優里 編集/平賀鈴菜(CLASSY.ONLINE編集室)

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup