「大人がレギンスを最高にカッコよくはくためのコツ」スタイリストさんと考えてみた!

仕事のあとにサクッとジムに寄ったり、休日朝ごはんついでにショッピングしたり…シームレスな予定に、カジュアルなレギンスをあえて街ではくのが今の気分です。とはいえただの部屋着には見えたくない!コーディネートのコツを紹介します。

ボリューミィな上半身と軽快な足元 スタイルよく見える王道方程式

マットなブラックがカジュアルコ

マットなブラックがカジュアルコーデになじみ、デイリーに使い勝手◎。スニーカーで軽やかさをプラスしてヘルシーに。レギンス¥4,990(YES/KIT)ボアブルゾン¥63,800(THIRD MAGAZINE)スウェット¥19,800(ブラックウィドー/plain2.llc)バッグ¥71,500(メイデン/ビームス ハウス 丸の内)ソックス¥1,320(Tabio/タビオ)スニーカー¥31,900(ディーゼル/ディーゼル ジャパン)ネックレス¥58,080(ペヨテ バード /ZUTTOHOLIC)

撮影/金谷章平 モデル/鹿沼憂妃、有末麻祐子 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/濱口沙世子 取材/宮沢裕貴子 再構成/Bravoworks.Inc

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup