スタイリストが解説!「今年の着こなし正しいのはどっちクイズ」【GUのリブトップス】

夏に欠かせない、ノースリカットソー、クルーネックT、ロゴTなどの定番トップス。トレンド関係なく着られるアイテムだからこそ、古臭く見えるか、今年っぽく見えるかの差は、着こなしと合わせる小物やボトムス。CLASSY.の企画を数多く担当する人気スタイリスト・児嶋里美さんに、今年っぽい着こなしを教えてもらいました。今回はコーデに女らしい要素を足したい時に手にとりたい「リブトップス」。

今回のお題「リブトップス」

程よく身体にフィットするきれいめ夏トップスの代表格

縦のリブのラインと、ほどよくフ

縦のリブのラインと、ほどよくフィットするシルエットで上半身を華奢見せ。品よくきれいめな要素を盛り上げてくれるリブトップス。夏なら今回の半袖タイプからノースリ、冬なら長袖、七分袖と、どの季節でも活躍する汎用性も魅力です。リブトップス¥990(GU)

スタイリストの正解は「ボトムスを最旬シルエットにチェンジ」

今回のお題「リブトップス」コーデの着こなしのコツ

異なるテイスト、シルエットを組み合わせて今年らしいムードに

「テーパードのボトムスはどんな

「テーパードのボトムスはどんなスタイルの人にも合いますし、スタイルもよく見えるので、つい合わせがち。けれど、トップスもボトムスも定番アイテムを合わせてしまうと、無難で見慣れたスタイルになってしまいます。リブトップスは、体にフィットしコンパクトに見えるトップスなので、ボトムスにはボリュームをもたせるのが好バランス。今年だったら、カーブシルエットのボトムスを合わせると、きれいめとカジュアル、2つの要素が入り今年らしいムードに仕上がります。(スタイリスト・児嶋さん)」

解説したのは…スタイリスト・児嶋里美さん

CLASSYの特集を始め、数多くの企画を担当する人気スタイリスト。スタイルアップする理論にトレンド感、女らしさを盛り込んだスタイリングが得意で、モデルからの指名も後を絶たない。

【SHOP LIST】アビステ 03-3401-7124/アンビリオン03-3466-8991/ゲストリスト 03-6869-6670/GU 0120-856-452/チビジュエルズ・ジャパン http://chibijewels.jp/ツル バイ マリコ オイカワ 03-6826-8826
撮影/杉本大希<人物>、大石葉子(静物) ヘアメーク/RYO スタイリング/児嶋里美 取材/味澤彩子 編集/菅谷文人(CLASSY.ONLINE編集室)

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup