白ボトムスを穿いたら、うっすらショーツが透けている…?【夏の下着、あるある失敗をどう防ぐ?】

薄着の夏は1年で一番下着に悩む季節そこでCLASSY.編集部が総力をあげてそのお悩みを解決! 定番お悩みから細かすぎるお悩みまで2023年この夏、一挙に解決しようじゃありませんか。第2回は白いボトムスを穿いていたら…後ろ姿がうっかり、という失敗。透けないインナーを選ぶコツは、どこにある?

「白のタイトスカートから、ショーツのシルエットがくっきり!?」

読者のあるあるなお悩みを聞いてみると…

「ホワイト系のボトムスや白のレ

「ホワイト系のボトムスや白のレーススカートを穿く時の下着は、夏のオシャレのお悩みです」(立花朋美さん・サービス関係勤務)

「薄いカラーのボトムスだとやっぱり下着の色が気になる。ベージュのショーツを選ぶとして、なるべくデザインの可愛いものが欲しいです!」(青山絵子さん・外資系IT関連勤務)

“白ボトムスの下着透け”問題はこれで解決!

繊細レースのヌーディカラーのシ
〈右〉ノーショウオールデイショーツ¥1,800(ピーチ・ジョン)〈左〉肌側綿の総レースショーツ¥3,509(セシール)

繊細レースのヌーディカラーのショーツで透け防止

ヌーディカラーなら透けてしまう心配は無用。総レースのショーツを選べば、着ていて気分も上がる!〈右〉肌色に近いカラー&凹凸の少ないレースで透け感を防ぐ。〈左下〉ゴム不使用でチクチク感も軽減してくれる優れもの。繊細なレースだからボトムスに響きにくいのが特徴です。

【問い合わせ先】
セシール https://www.cecile.co.jp//ピーチ・ジョン 0120-066-107

撮影/穂苅麻衣(BOIL) イラスト/Hasegawa Madoka スタイリング/小林真珠 取材/佐藤かな子 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup